終日暖気

雑記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちょっと寂しい

2006-05-06 | 日記

ふ~。
あっという間に連休もお終いですね~。GW中はお天気でよかったです。
小学生時分の、日曜夜のサザエさんのエンディングが流れるころに感じた、せつな~いような寂し~いような(笑)そんな気持ちがしないこともないです。

 GW中は一日だけ遠出しました

『狼は天使の匂い』(デヴィッド・クーディス著)
面白かったです。フィラデルフィアが舞台なのに、P.ハイスミス作品を読んでいる時と同じようなヨーロッパの香りが終始続くノワール小説。
展開もセリフのひとつひとつも映画のようで一気に読み終わってしまいました。
小説はトランティニャンとR.ライアンのような感じとは、またちょっと違っていたけど。
でも二人とも似合いそう。映画もぜひ見てみたいでのですけど、見あたらないのですよねえ。レンタル店に。

『デブラ・ウィンガーを探して』2002年アメリカ
初見。これは、とても面白かったです。
どの女優の言葉も興味深く聞き入ってしまいました。デブラ・ウィンガーからああいうコメントを引き出してしまうロザンナ・アークェット(ああ、「ベイビー・イッツ・ユー」がまた見たい!)はやはり凄いのじゃないかと思ってしまいました。個人の魅力なのかな・・。ロジャー・エバートのコメントは拍手。そうよそうよ、映画は大人のものでなくては。ジェーン・フォンダの言葉には深く納得。フランシス・マクドーマンドはやっぱり違いますね。どの女優もその時感じている本音を語っていると思いました。

コメント (2)