竹千代…夢日記

修理固成
明察功過
和と結い
未熟なBlogです。
頑張って生きます。

180626(月) 小笠原返還の日

2018年06月27日 | 日記
昨夜はBlog書き掛けでキーボードを枕に寝てしまい、夜中に妻に起こされて大いに叱責された。
書き置くが、普段はこの様なことは断じて無い。

さて、寝てはしまったが小笠原諸島の名称がラジオから流れてきて歴史を覗いて見たくなったのである。
一夜明けた今日の夕方になって続きを書いている。

いつも通り「----」文字をクリックすればサイトに移動する。
手抜き…と笑いたもうな(笑)


小笠原諸島は本土の南方遥か1000km彼方の洋上にある。
定期船で24時間。
空路は未だに無い。
行ったことは無いが、故吉村昭さんの漂流を読み、舞台の島より更に遥かな海域の我國の孤島に興味を持って久しい。

父島列島



母島列島


小笠原諸島は、父島と母島に人が住む。
しかし、その殆どが無人島だと侮るなかれ!
EEZを見よ!

小笠原村は広大な水域を占有している。
人が少ないから、本土の都道府県より凄いと思う。

併し問題はある。
先にも書いたが空路が無い。
何と世界遺産に登録されたが為に滑走路の建設が簡単には出来ない。
定員50名の飛行機でも滑走距離は1000mは必要だが「遺産」が邪魔して人命に関わる事態もありながら建設は出来て居ない。
もし空路があれば、2時間程度で救急搬送も可能なのに…だ。
オスプレイを使えば?とオイラは思っている。

さて、絶対に忘れてはならない島がある。

硫黄島


ご存知の通り、歴史に残る激戦の島だ。
軍神栗林陸軍大将を忘れてはならない。

長くなったので、続きは“ねずブロ”に任せる。

小笠原諸島復帰50周年記念千円銀貨

既に売り切れ。
買いそびれた。

今夜も朧月夜だ。

ではまた。
コメント

180624(日) 夜空

2018年06月24日 | 我が家の風景

まん丸ではありませんが、お月様木星が明るく輝いていたので、ベランダから眺めていました。
しばらくすると薄雲が広がってしまいましたのでSkyViewを開いています。
自分専用のプラネタリウムです。
背景には天秤座がいました。


月と言えばやっぱりアポロ計画ですね。
まだ中学生の頃の快挙でした。
あんなところまで行ったんだな~!と月面着陸を懐かしく思い出しています。


木星と言えば大赤斑ですよね。
地球の2~3倍もあるそうです。
大きな星だから当然ですけど。
衛星探査などの観測記録は結構沢山ありますがジュノーは2年前に木星に到達し現在も観測中だそうです。

昼間でも空を見上げてることが多いですが、晴れた夜空も大好きです。

ではまた。
コメント

180617(日) 父の日⁉️

2018年06月17日 | 我が家の風景

『今日は父の日だから早朝ボウリングに行くって電話がきたよ』
と、朝5時に妻に起こされた。
父の日
朝っぱらから何やねん…。
ブツクサ言いながら、我が駅前のアイドル欅“マドンナ”の下で次男坊の車を待つ。
眠い💦


セガレ共の地下工作に乗せられて旧中仙道を走って運ばれた先は、車で30分程のアイビーボウル北本だ。
早朝ボウリング?
会員だから投げ放題?
知らんがな💦
てか、何年振り?
(投げ方も忘れた…)と独り言💦


入ってびっくり!
もう大会やってる。
しかもオイラと似たような世代の方々ばっかり。
空いてるレーンが無いやんか。
と思ったら、端っこの数レーンにお子様が群れているではないか。
そこに混ざることになった。


いきなりゲーム開始。
次男坊は流石にパワフルだがまだまだな(フフフ)




(フフフ)なんて舐めてたが…。
案の定、結果は滅茶苦茶💦
各々がトップを取れたから良しとするか。
ホントに久し振りの球投げだったが、面白味を少し思い出したようである。
実はオイラも家内もボウリング世代で、若い頃は早朝から深夜までボウリング場に入り浸り、アベレージは軽く200を越えていたものだ。
それも遠い思い出…。

『オヤジ、メシ食いにに行こう』
「なに食べる?どこへ?」
『今日の主役はオヤジだから何でもいいよ』
「あんたの行きつけの店でいいよ」
『じゃあクロベに行くか』
「えっ?これから富山かい?」
『……』💦💦💦


で、着いた所は“黒部”では無く、熊谷佐谷田の黒塀屋だった。
次男坊は肉食系であるからにして、やっぱりな(笑)



牛タンは仙台以来だから何年振りか忘れた。
他の肉や海鮮がドンドン出て来る。
食材は焼くと縮んで大きさが半減。
絶品ではないにしても結構旨い。
セガレの奢りだから有り難く完食。
更に、缶ビール24本ゲット!
広樹
今日はありがとうね✨


夕方になって末のセガレから電話。
『晩飯を食わせてくれ~』
てな訳で、有り合わせの材料で鍋にした。
『来週、メシ食いに行こうぜ。奢るから』
末っ子は日本食派だ。
また楽しみができた。

早朝から今まで、セガレ達と沢山話しができた。
良い一日であった。

ではまた。
コメント (2)

180616(土) 十八番(おはこ)

2018年06月16日 | 日記


皆様こんばんは。
関東平野は北辺の埼玉からやってまいりましたボケ老人でございます。
たってのリクエストにお応えしまして選びましたは北島三郎さんの「竹」でございます🙇

作詞=野村耕三
作曲=原譲二
歌手=北島三郎


雪の降る日も 雨の日も
竹は節目で 伸びてゆく
人もまた 己れが道の一里塚
確かめながら 行けばいい
そこに出逢いも 彩りも
ああ…粛々と行けばいい


月の世界に憧れて
竹に託した 夢もある
人はみな 見果てぬ夢の夢灯り
しっかと抱いて 生きりゃいい
熱い想いを 温もりを
ああ…粛々と行けばいい


花の咲くのは ただ一度
竹は寿命が 尽きるとき
人はまた 上辺の花を飾るより
誠実(まこと)の花を 持てばいい
こころ豊かに しなやかに
ああ…粛々と行けばいい



ある日の国分寺界隈🎵
「スナック美穂」さんにて。

カメラを向けられると無意識にVサイン(笑)
まだまだ修行が足りませんな~💦

「真実一路」の美穂ママさん…。
そして、ウッチー会の楽しい皆様✋
有り難うございます。

また歌いに来ますね~🎵

コメント

180615(金) メガネ

2018年06月15日 | 日記
連投
すんません。





目が疲れたので、妻が置き忘れたメガネケースを開けてみた。
老眼鏡?違うな。
でもカッコいいな~

掛けてみた。
凸レンズだ。
手元の視界は大きく見えるが、オイラには合わない。
老眼鏡では無いみたいだ。

てか、新しいページは強敵で、どこから攻めるか…。

今夜は悩む熟語が多い。
漢検は、またダメたろうな~(汗)
コメント