Take's BLOG

フルマラソン初挑戦でサブフォー達成することができました!!
本当に!ほんとうに!!アリガトウございましたァー!!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホノルルマラソン -完走したゼ!!

2005-12-18 21:26:41 | 大会レポート

12/11 【ホノルルマラソン

スタートは午前5時のため午前2時半起床。時差ボケは解消していたし、体調も悪くは無かったです。
ベランダへ降りると既にスタート時点へ向かう人・人。こういうのを見ると自然と気合が入るんだな。


ストレッチしながらランシャツに着替え、おにぎり2個を食してホテルを後にする。
スタート地点へ徒歩で移動。途中で荷物を預かってもらいバナナ1本、ゼリー1個。
ワセリンを塗り塗り...周りはどう見えたか知らないが、本人は前日と変わらず緊張は無かった。
そしてスタート地点、2時間~3時間台ゴールの場所へ移動。少しでもスタートの混乱を避けるため前方からスタートすることに。

スタート前は異様に盛り上がった!気持ちは楽しんで走ろう!!
午前5時。花火が上がる中、ホノルルマラソンがスタート!!

【天候:晴れときどき曇り、気温:21℃、湿度:84%、風速:北北東4マイル/時(ホノルル5時)】

...が、やはり3万人規模の大会。スタートしても一向に前へ進めない。
逸る気持ちを抑えゾロゾロ歩きながらスタートゲートを潜るまでおよそ5分。
スターターの坂口憲二さんに手を振って、やっとスタート。
しかし、人波は続く...

人混み渋滞が続く中、スタート地点へ戻った3mile過ぎに最初の異変が。
脚の指にマメができそうな感じを覚える。まだ序盤なのに...
人を交わすために脚の指先に力を入れてダッシュする余計な力が入ったのか??嫌な予感。

人混みが落ち着いたのはダイヤモンドヘッドを越えた8mileあたり、
同時にペースもここから落ち着く。1mile 8分30秒~50秒台。
「4時間を切れるペース。順調。」そう心の中で呟く。
(10km:00:55:30)

夜が明け陽がのぼる前にハイウェイに到着。この時間帯のランニングは爽快感に浸れる。
依然ペースは落ち着いて順調そのもの。1mile 8分20秒~40秒台。「マイペース...ぶつぶつ」
(half:01:54:40)

折り返し後は行きのランナーの顔が見え気合いが入る。
3万人が走る中、偶然にも一緒に参加した方とすれ違いハイタッチ!さらに気合いが入る。
中盤はペースがどんどん上がっていった。1mile 8分~8分20秒台。「ちっと早いか...」
(30km:02:40:26)

ハイウェイが終わる35kmで3時間8分。
この時点でサブフォーをある程度確信する。ならばfinishラインの時計も3時間台で走り抜けてやるゾ!そんな欲がでたとき...
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!(← 使い方間違ってる)
噂の「35kmの壁」や...脚が上がらない。山中湖以上の苦痛が全身を襲ってきた。
それでも「走りを止めるな!」。もう大和魂っつーか、意地しか残っていない。
上下運動は激しくなり、エイドのアミノバリューもまともに飲めない...顔も首周りも汗とアミノバリューでベトベト...

25mileのダイヤモンドヘッドから見える海も振り向く余裕ナシ。そしてゴールのカピオラニ公園26mile看板が!!
あと0.2mile...なのに遠く感じる。
周りには痙攣を起こした選手が2人も倒れているではないか!
「ココで助けて肩を担ぎながらゴールなんてしたら感動話やん」なーんて考える思考能力は全くゼロ。
そんな余裕なんてこれっぽっちも無い!自分優先や!!


そしてホノルルマラソンのゴール...完走したァ

自然と両手が上がりました。
初めてのフルマラソンを完走したこと。1年間夢見ていたホノルルを走りきったこと。
そして楽しんで走っていたはずが、いつの間にか苦痛に変わり解き放たれたその瞬間だったこと。

Finish TimeもGun Timeも4時間を切るタイム。上々じゃないか!自慢できるじゃないか!!
来年もこの地で走りたい。必ずホノルルを走ることをダイヤモンドヘッドに誓ったのだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« ホノルルマラソン -出発から... | トップ | ホノルルマラソン -チョイ裏... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイム以外は、同じ気持ち! (さんしろう)
2005-12-19 18:25:25
ケロさんへ



その節はお世話になりました。

さんしろうです。

記事を読んでいてタイムは、ケロさんの方が私より断然早いので脱帽です。

しかし走っている途中の気持ちは同じような気持ちの部分も数多くありました。

本当に素晴らしいタイムで完走おめでとうございます。その夜もお会いできて本当に良かったです。

さて、少し質問があります。一つの記事に写真を複数貼られていますが、どうしたらできるんですか?以前からgooブログで記事を書かれているかたに聞きたかったんです。基本的には、一枚しか貼ること出来ませんよね?
迫真のレポート (レジェ)
2005-12-19 18:32:07
恐れ入ります。

”さんしろう会”ではお話が出来てナイスでした!

それにしても、真剣にトレーニングを積み重ねてきた方には、ただただ頭が下がります。

僕も今後精進して、走れるオヤジを目指します!
さんしろう会 (レジェ)
2005-12-20 19:44:06
ケロさん

別件ですが、12/11夜のさんしろう・門のブロガー・Migi・ケロさん・僕の記念画像を、マイブログに載せても良いでしょうか?

ご回答をヨロシク!
さんしろうさん、こんばんわ。 (ケロ)
2005-12-21 22:49:12
「さんしろう会」ごく僅かな時間しか顔を出すことができず

申し訳ございませんでした。

あの雰囲気だと...きっと大盛り上がりだったでしょうねェ~



気持ちは皆さん一緒ですよ。

だって...

セカンドステージに掲載されているレジェさんと抱き合う姿!

あれは田中さんが仰るとおりケロも"ジーーーン"ときちゃいますよ!!



御質問の件は、別途メールで手短にご説明します。

今後ともよろしくお願い致します。
レジェさん、こんばんわ。 (ケロ)
2005-12-21 22:55:43
ホノルルへ行く前に「セカンドステージ」のサイトで、何度かレジェさんのお顔を確認しました。

現地で姿を拝見しての第一印象は、やっぱ

「カッコイイオヤジだなァー」

恥ずかしながら、レジェさんの1ファンになったようです。(笑)

影ながらこれからも応援してます!またブログへも遊びに行きます。



記念画像については断る理由はございません!

嬉しいッス♪喜んで!!

コメントを投稿

大会レポート」カテゴリの最新記事