カワイイがお仕事☆母屋

可愛いだけでちっとも役に立たない毛モノ達との
なんでもないけどほっこりの日々

ん~やっぱり

2017年04月26日 | 日記

その日、どれだけ元気にしてたって、次の日が分からない

 

今朝は、前足を胸下に隠して座ってたいくらい調子悪くって

ねずみ色のオーラ発しまくりで

鼻ちょうちん出してギョーギョー言ってたくせに

あぁヘロヘロになってよかった・・・

 

すんごい文句言われながら、鼻水出すもんね

けど、スッキリしたらご飯美味しいでしょ?

 

スッキリ後

ふニャンふニャンでよかった

コメント

なんでだろう

2017年04月25日 | 日記

ポポが卓上ベッドに座っていると、なんだか哀れを誘う・・・

ガリだから 目くそ鼻くそありのままだから

 

(失礼でしね

あ、ふせたらフツーっぽくなった

コメント

ジト目

2017年04月24日 | 日記

ご飯たべて~ お水のんで~ トイレして~

 

朝、一通りのことを済ませたら・・・

始まりました、寧々の「出せ出せ」コール

 

一階を開放して、好きなように行き来できるお散歩タイムは、いつも夜全部戸締りをした後

昨日はお散歩行かなかった分、今朝になって出たくなったようです

 

こうなると「ニャーニャー」「ニャーニャー」と、まぁ~しつこいっ

 

そんな姿を撮ってやるっとスマホを動画にして向けると、黙るんですよ

無言で、じーっと見つめてきて目でプレッシャー

 

こちらも無言でずーっとスマホ構えてると、このジト目

 

この後、テラスに出してやりましたさ

コメント

卓上ベッド

2017年04月22日 | 日記

机の向こうっ側(奥)に置く、横幅が伸縮自在な収納を買いました

 

机上に広がるあれやこれやを、(一時置いてるだけだから・・・)(どうせ片付けるんだから・・・)で済ませてきて、思い立って片付けても実際は本当にいっときで、あっと言う間に元通りの繰り返し

 

もっと早く思いつけばよかった

茶々の奥にほんのり見えるのが、件の収納棚

積ん読で、パソコンの両脇に置いてあった本がスッキリ収まりました

 

ここに家の事務処理で細々書類なんかが加わるとより煩雑になってしまって、今までは、あー踏まないでーとか、そんなところで寛がないでとか、グラグラするところでわざわざ寝なくてもなんてのはしょっちゅうでしたハイ

机でどこかまったりできるところは欲しいんだろうなぁと思っていたので、開いたスペースにベッドを作ってみました

 

材料は、頂き物の袋や包装紙と同じく、いつか使うかもと大切に置いていた高級フルーツセットの頑丈な箱にJA粗品のちょきんぎょ毛布でございます

しめしめ

 

写メは茶々ですが、設置してから入れ替わり立ち代わりでニャンズに好評なようです

 

フルーツ箱のせいなのか、なんだか美味しそうに見えてきました(あくまで比喩です

コメント

ラスカ抜糸

2017年04月21日 | 日記

先日、ラスカの抜糸が終わりました

 

腫瘍の検査結果も出ていて、胸、おなかとも良性で胸をなでおろしました

抜糸の後がムズ痒いようで、ずっと舐めているのたので、かぶれないかと腹巻をしてやったのですが、さすがトゥルトゥルの体型

着せては脱げしてしまって、役に立ったのやら

次の日からはあまり気にしなくなったので、もう大丈夫でしょう

 

ウェットを混ぜてやらないとカリカリを食べてくれなくなってしまったのですが、食欲は旺盛でなにより

 

来月で10歳になるラスカ

体も年相応の変化も出てくるだろうということで、いろいろ身の回りを見直してみています

 

それで先日スロープを買いました

ソファーが大好きですが、そろそろ飛んでおりるもの危ないかと・・・

今日届いて脇に設置してみたのですが、上りはズルズル滑って使いづらいようで、下りる時だけでも使ってくれるように教えよう

覚えてや~

 

コメント (2)

あご乗せ

2017年04月16日 | 日記

ソファーの背もたれの天辺で、寧々ちゃんが、茶々のおしりをあご乗せマクラ代わりにしております

 

めずらしく茶々が怒んない

眠いからいちいち言うのも面倒くさいのかな

 

寧々もまったり

コメント

ラスカ近況

2017年04月11日 | 日記

前回は、ワンニャンブログにも関わらず、画像のひとつもないとな?のテキストオンリー日記

書き始めたのが夜遅くて、長くなりそうと途中で迷ったのですが、手が止まらなかったので(ええい、ままよっ)と更新してしまいました

言い訳してたらまた長くなりそうなので・・・

 

さてさて、退院して帰宅間なしの様子

やっと帰ってきて安心したのか、普段嫌いなカメラも結構すんなり撮らせてくれました

 

 

入院中、帰ってきたら(頑張ってえらかったね)と渡してやろうと、近くのペット雑貨屋さんでおもちゃを購入していました

噛み噛みしてくれたら歯磨き代わりにもできるかなぁとメッシュのものをチョイス

いざ目の前に出したら、あまり興味なさそうでそんなお年頃は過ぎてしまった?

ラスカが遊んでくれない分、今は茶々のいいおもちゃになっています

 

本日のラスカは・・・

昨夜から強風注意報が出ていて、今日はまだ風も強くて雨降りで少しヒンヤリ

なもんで、トンネルベッドで鼻だけ出してうとうと

 

そぉぉっと毛布をめくってみると、コンパクト降参ポーズになりました

この後、お薬を飲ますのにベッドから引っ張り出したけど、しっかり飲んでくれた後(寒いのはかなワン)とばかりに、またいそいそとベッドに潜り込んでしまいました

 

抜糸は、18日以降にきてくださいとのこと

狂犬病予防注射が17日の予定ですが、元気だったら受けてもらっていいですよと言われてるので、この調子なら大丈夫かな

コメント

腫瘤切除手術

2017年04月10日 | 日記

前回、ネットネタの「チャーハン」記事を残して、長らく更新されないブログ

(なにがあったんだろう)と不穏になっても仕方ないような放置で申し訳ありませんでした

 

実際、2人で一升分の米飯を消費せんといかんので、色んな具材と炒めてしまうというのが手っ取り早く、数日の間「チャーハン作るよ」状態だったのはホントです

冷凍しても一升飯はいづれまた通る道なので、未来に積み残す課題にするよりは早い目に美味しく食べる方を選択

しらす明太高菜チャーハンとか、ウィンナー&レタス、チキンライスとか・・・

炒飯話はこの辺で

 

4月に入って間もなく、ラスカが胸とお腹のしこり除去の手術を受けました

最初しこりに気づいたのは、3月も下旬にさしかかる頃でした

ラスカは、短毛でアンダーコートのない犬種なので冬場は服を着せていることが多いのですが、この特徴が逆に作用して、せっかく着せた服もスルスルよく脱げます

部屋も寝床も暖かくしてるので大丈夫だろうと、しばらく服を着せない日が続いたある日、何気ないナデナデがよくあるテンションアップで全身ワシャワシャに、ラスカも(もっと撫でて)とお腹を見せた時にたまたま胸のしこりを見つけました

 

服を着せたままだともっと気づくのが遅れたと思うので、なにが幸運になるか分からないし、今年で10歳と頭で理解していても、グラグラする歯は数本あるけれど食欲も大有りで、それ以外に特に気になる様子もなくて、ラスカの「老い」はもう少し先のことだろうと楽観していた自分もいます

もっと気をくばってやらないといけないんだと、考えを改めました

 

しこりを見つけて先生に相談した日から、手術日までには少々日があって、その間深く考えないように考えないようにしていたんだけれど、友人の猫が排泄困難で緊急手術、その友人の友人の犬が異常に気付いて病院に連れていったら、胆嚢の破裂寸前で「一日様子見ていたら手遅れだった」という状況で命を取り留めたという話を聞いて、先生の腕は信頼していても麻酔の不安は拭い切れず、(ラスカはダイジョーブ、ダイジョーブ)と言い聞かせるんだけれど、増してくる不安感は誤魔化せなくなっていきました

 

結局、ラスカの生命力を信じるしかないっで、託したんですが、胸とお腹に大きな手術跡を残して、ラスカは帰ってきました

 

「お迎えに来てくださいね」と言われていた当日、電話をして・・・

茶々の目の手術の時に、デリケートなところがあるから慣れない場所は却ってストレスになるんじゃと、連絡があってすぐ迎えにいって、麻酔も覚めて間もなくまだ足腰がグニャグニャで吐いたりもして、ひどく心配したことがあったので、ラスカの様子次第によってはもう一泊させてもらってと考えながらのやりとり

 

私「ラスカはどうですか?!麻酔の(と、茶々の時の心情を語る)であれば、もう一日とも思ってるんですが

看「(言葉を選ぶように)ラスカちゃん、とっても元気で・・・」

 

瞬時に理解

あー、これ周りの子に迷惑かけてる側のパターンや

電話もチャイムもそうだけど、ケージに入れると自分がつま弾きにされたみたいになるようで、自己主張パないのです

幼い頃からの習慣で、寝る時はむしろ自分からケージに入ったり、吠えたりとかは一切ないので、そこは切り分けて理解してるようです

 

病院との電話のやりとりに戻る

おー、そう言えばうちのラスカそういう子やった

それはさぞかし

麻酔覚めて時も置かず?それはそれは

とか、一瞬で色々いろいろ過りまして、是非迎えに行かねばなるまいと義務感に変わりました

 

迎えに行って、診療室に呼ばれ、部屋に入って、まず「ご迷惑お掛けしたと思います」と頭を下げた時の先生と看護師さんの苦笑いが全てを語ってくれました

 

そんなサイキック診療を経て、予定通りにに帰ったラスカは、(カリカリにウェットを混ぜないなんて食べる気なくすぅ~)って感じで我儘も覚えつつ、シリンジに入れた薬も上手に飲んでくれるし、元気にしてくれてるし

ササミ茹でたから、トッピングしようね

長生きしなさい

コメント