カワイイがお仕事☆母屋

可愛いだけでちっとも役に立たない毛モノ達との
なんでもないけどほっこりの日々

インスタント・カメラマン

2015年11月28日 | 日記

いいショット程撮りにくい

撮りたいシーン程撮れない

相手もこっちの思惑をよぉ~く分かってるようで、なかなか撮らせてくれません

 

絵心があれば、その時を切り取れるのに~とも思うけど、世の中そうもうまくは出来てない

 

えっそんなこと出来たんっとか

いつ覚えたんっなどなど

未だにビックリさせられることもしばしば

特に最近の茶々にはビックリさされるばかり

「タッチ」は、完全に、確信に、完璧に覚えたようですが、まぁぁぁぁぁ撮らせてもらえない

スマホを構えたら・・・これも分かってやってるんだろうなと思うくらい、スカしてくるんだな

 

1階に下りるだけでおっかなビックリだったくせに、今日は着物の腰紐をお土産に戻ってきました

足袋を「これで狩りの練習なさーーい」の寧々がお手本なのかなぁ

 

ズリズリズリ~と意気揚々持って帰ってきた腰紐を、これは黙って見過ごせんと思ったとーちゃんが慌てて駆け寄って

理由の分からない茶々が(えぇぇぇっぇ

 

こんなシーンも画像、映像なら瞬時に分かってもらえて、尚且つ茶々って頭がいい子と分かってもらえるのになぁ・・・なんて

あえて撮らせないのも、ちゃんとタッチ出来るのも、なにせ賢いんだよねぇ

うん、賢い

 

コメント

|ω・`)チラッ

2015年11月23日 | 日記

久しぶりの再開をちょっと気恥ずかしく感じるのはなぜだろう

 

親戚に不幸があり、ブログの更新が滞っておりました

先週は、そこに体調不良、歯医者さんの予約、義父のショートステイからの帰宅などが重なって、週末に予定していた茶々の病院(目の診察)をやむなく今週にまわすことに

 

更新を止めている間も写メはちょこちょこ撮っていたんだけど、はて?どんなシュチュエーションで撮ったんだっけ

 

これは覚えてるゾ

 

寧々にマカロンベッドを占領されて

 

そかそか

カワイソーにねーと

ムツゴロウさんばりにワシャワシャされて

とまどい気味のラスカ

 

お手入れセッセ

ネロ~ン

 

フ~おしまい

コメント

マカロンベッド

2015年11月14日 | 日記

ラスカの寒さ対策にドーム型のベッドを購入

  

 

の、幸せも束の間・・・

 

忍び寄る怪しい気配

(Hello

 

ラスカピーンチッ

    

 

なんとか守り抜いたと思ったら・・・

フンフンフン

 

  

 

今度も守れたねぇ

 

その後、しばらく外出して戻ってきたら

うむぅ・・・やっぱりママは闇に溶けるねぇ

見えづらいけど、すっかり明け渡してしまったようです

 

主人の目撃談によれば、ママだけじゃなく順番こでまったりされていったそうです

ダイジョブダイジョブ、ラスカのものだからね

コメント

ここにあるの

2015年11月12日 | 日記

ベッドのマットレスで爪とぎするようになったポポ用にと買ってみたダンボールタイプの爪とぎ

一番最初にポポに使わせてから、ふらりと立ち寄ってはパリパリしてくれるようになって(しめしめ

 

その爪とぎに寧々ちゃんが興味津々

フンフンフン

グイグイ

 

なんで寧々がこんなに必死なのか・・・かーちゃん知ってるウヒ

またたび付きなのだっ

 

寧々が執拗に顔を突っ込む部分を調べたら、ダンボールの側面に「ふりかけてご使用ください」と書かれた袋入りのまたたびが貼っ付けてありました

もとから爪とぎに振り掛けてあるものと思っていたから、そこは(あり~)となりましたが、袋からわずかな匂いがしてるのを鋭く嗅ぎ取るなんてすごいね

 

フンフンやって、なんとか袋を引っ張り出そうとしてるところに

「寧々ちゃん?」

穏やかな声で呼びかけたつもりだけど、慌てて振り向いた表情は後ろ暗いことしてるのが見つかったって顔

いや怒ってないし

寧々のおかげで、またたびの使い方分かったし

これ振りかけたら爪とぎもっと好きになるかな

コメント

ポポの爪とぎ

2015年11月11日 | 日記

最近になって、ポポがベッドの角っこで爪とぎするようになったので、爪とぎを買ってやることにしました

我が家には、絨毯タイプのごっつめ爪とぎが一台あるのだが

メインで使ってるのは寧々とママ

茶々は普段、家具の凹み対策に敷いた一畳の絨毯を(ここアテシの~)と勝手に決めてパリパリしています

 

トイレは猫の数+1台が理想といいます

爪とぎにはマーキングの意味もあるそうなので、もしかすると爪とぎも「自分用」が欲しいのかもしれない

という連想でお手軽なものを買ってみました

マーキングなら、まずポポに使ってもらわなきゃということで、ポポを連れてきて「ワンツーワンツー」

その場の写メは取り損ねましたが、すぐに理解したようで、早速パリパリしてくれました

 

気に入って使い続けてくれるようなら、この爪とぎがクテクテになる頃に、もうちょっとしっかりしたものを買ってあげよう

 

おまけ

ピンクの肉球~

コメント

目の診察

2015年11月09日 | 日記

茶々の義膜切開手術後、一回目の診察へ

 

この数日のうちに幾度か目のアップ写メを狙っていますが、接写できるのはオネムでうつらうつら目はショボショボの時が多くて、なかなかうまく撮らせてもらえません

うつらうつら

 

ショボショボ

 

場所が変わっても、やっぱりうつらうつら

 

これが手術前に撮っていた写メ

上瞼のところから、少し膜が出ています

先生曰く、白濁した左目は、すりガラスを通して見えているような感じなんだそうです

 

今回、無理強いせずになんとか撮った写メがこちら

綺麗に切開してもらったので、膜はなくなりました

撮影の角度のせいか、猫というよりも雌ライオンぽいなぁ

 

掛かりつけの病院は、待ち時間を少なくするために行く前に電話で順番を尋ねるシステムになっています

電話掛け終わってから、(茶々の姿が見えないなぁ)と部屋を見回していたら、主人が、「電話中にコソコソコソ~っとベッド下入っていったで」と

まだキャリーバッグも出していない

 

1.電話

2.口調

3.自分の名前

 

最近、缶詰を替えてからメニにゃんご飯の時もあまり逃げなくなったのに、こんな感じで状況察したのかもっ

ホントにそうだったらすごいな~

コメント (2)

茶々の帰宅

2015年11月07日 | 日記

目の手術で昨日の午前中、動物病院に託した茶々

当日のお迎えになりました

 

麻酔から覚めたとはいえ、戻ってきてからも、まだ後ろ足がふらついているし、知らない匂いをいっぱいつけて帰ってきたので、寧々はフーシャー言うし、茶々も体調が万全じゃないところを纏わりつかれてヨタヨタしながらフーシャーの応酬

 

ケージでゆっくりさせたいけど、足元がおぼつかないので3段ケージは危ない

というわけで、ラスカちゃんに借りました

ごめんねちょっと貸してね

 

それでも皆が次々覗き込みにくるので、茶々の気が休まらない

そこで、気を逸らすために1階を開放しました

 

思惑はうまくいって、1階2階を行き来して遊んでくれたのですが、今度は茶々が2度嘔吐

手術後の注意事項が書かれた用紙には、連絡する要件として吐き気がある場合も含まれていました

もう一度吐くようであれば連絡しようと様子を見ていましたが、それきり治まってくれてホッとしました

 

もしかすると、皆に寄ってこられて、弱みを見せないように気を張ってたけれども、落ち着けると分かって緊張の糸がほぐれたせいかもと思いました

 

 

昨日は心配で寝付けませんでした

 

今日もラスカのケージでウトウトしていましたが、15時頃にムクリと起き上がったかと思うと、「開けろー

いつもの茶々だもう大丈夫

 

しばらくは1日点眼を3、4回

よく寝てるけど、目薬ぽっちょんの時間なので起きてもらいましょう

 

点眼前に目の様子を1枚撮ってみたけれど、分かりにくいな

まあ無理強いはよしとこう

 

3、4日後もう一度病院へ行くことになっています

早く落ち着くといいな

コメント

義膜切開手術

2015年11月06日 | 日記

お昼前、主人に連れられて茶々は動物病院へ行きました

今日、目の手術です

 

今までの手術は、「瞬膜剥離」と言っていましたが、今度の手術に関する注意事項案内のハガキでは、「義膜切開手術」とされていました

調べてみると「偽膜」とも書くようで、”炎症を起こしている所からにじみ出たうみなどが、かわいてできた膜。組織としての生命をもっていない。”とありました

検索の一覧を見ると「偽膜」の表記の方が一般的なようです

目以外、そして猫に限らず出来るものらしいのですが、「偽膜␣目」で検索すると結膜炎というキーワードがたくさんヒットします

「偽膜␣目␣猫」でも検索してみましたが、日頃見ている茶々の目の状態を参考にできるような記事は期待できそうにありませんでした

信頼している先生にお任せして、術後も先生の治療方針に沿ってやるべきことをやってやる。それだけですね


当日は絶食水なので、昨晩はケージで寝ンネだった茶々

朝起きて、様子を見に行くと「出して~」と寄ってきました

お腹減ったよね・・・ごめんね


ケージにスリンスリン

 

困り顔

 

可哀想にと思う反面、怒りん坊の茶々がいざとなったらこんなに必死に可愛く甘えて私を頼りにしてくれるんだと思うと、胸がキュウキュウしました

 

病院に行く前に、ドライアイ用の目薬でできてしまう左目のアイラインの様な汚れを綺麗にしてやろうと、ホウ酸水+コットンで拭ってやっていると、用意していたキャリーバッグを見つけてしまったみたいで、お膝の上にチビってしまいました

うんうん、服は洗やぁいいからね先にスッキリしといてよかったよね

 

おまけ

以前、日記に書いた「ハイタッチ」が偶然に撮れたのでGIFアニメにしてみました

右手をケージに掛けて、左手でタッチ

いつもなら「タッチは~?」と声を掛けて、茶々の気が向いた時に、右手をお膝に掛けて左手を伸ばしたところに「タ~ッチ」と合わせます

私の喜ぶことをして、開けて開けてと言ってたんだろうなぁ

 

手術は、麻酔が醒めれば今日中に帰れるので、夕方に一度電話で尋ねることになっています

早く帰っておいでよ~

コメント

待つよねぇ~

2015年11月04日 | 日記

待ってますマンマ(缶詰)がもらえるのを待ってます

あげる予定の1時間くらい前から、ここのポジションで待機

待つよねぇ~

 

 

どんだけぇ~

 

(そろそろあげようかなぁ)と思い始める頃くらいにはココ

待つ子

 

待つ子

 

待つ子DX

 

・・・ ・・・ ・・・

 

待つよねぇ~

 

おととは出ませんよ?

 

待つ子 待つ子

 

おととを待つ子DX

 

ママは、なんと言うか・・・

きっと、皆が世話を焼いてくれる末っ子のせいか、ヒトに対する要求が少ない子です(今のところ

 

そのせいか、ママを見ていると一日がほぼほぼルーティンで回っているようで、似た写メばかりになってしまいます

もともとの性格もあるだろうけど、もっともっと慣れてってくれて、はっちゃけたママも見てみたいゾ

コメント

ポポの兄妹

2015年11月02日 | 日記

鍼灸院の三兄妹

 

てん

 

ココ

 

小雪

天王寺の動物園って言ってはったかな?

ガチャガチャで当たったどろぼう頭巾だそうで

あまりのインパクトに思わず初写メを撮ってしまいました

 

左から

てん、小雪、ココ

 

子猫の時に頭に1円玉くらいの黒毛が生えていたので「点」のてん

気の弱い先住猫をいじめることばかり考えてる悪い子

そのくせ一番甘えん坊

 

19歳で亡くなった先住猫の雪ちゃんから名前をもらった小雪

兄妹で一番体が大きくて、手足もスラリの男前

粋で鯔背、着流しが似合いそうな風貌です

 

ココはワタクシめが命名致しました

心根が優しくて、てんが悪さして叱られてると(まぁまぁ)と間に割って入って執り成したりするそうな

兄妹の中で一番、横方向に体が大きいでも運動神経は抜群

 

4匹の中でポポが一番小さいです

 

ムニュー

コメント