温故知新~温新知故?

音楽ネタが多いだろうけど、ネタのキーワードは、古きを訪ねて新しきを知ると同時に新しきを訪ねて古きを知るも!!

【西武・そごう】わたしは、私。|炎鵬の逆転劇 スペシャルムービー

2020-01-01 17:21:59 | CF
【西武・そごう】わたしは、私。|炎鵬の逆転劇 スペシャルムービー

皆様、明けましておめでとうございます。
大晦日は、午前中はTVをみて、その後、伊勢丹へ行ったりしてやはりお使い物を買ったりして過ぎ、夜は例年通り、紅白を打とうとしながら見る予定でしたが、今年ははっきり言って食事をしながらちょっと見ただけであとは寝てしまい、ほとんど見ることができませんでした。1日のヤフーニュースで山下達郎夫妻、たけしの歌など、それなりに見どころはあったようですが、一つも見れませんでした。どっかで再放送か、YouTube などでさわりだけみることになるのかな?
いつも、海外でも行こうかと思いますが、パリもロンドンもアメリカもプライベートで行ったし、この混んで高いときに結局行く気になならないで断念しています。昔から、大晦日と1日は、ほとんど家で過ごしています。そう、最近は2日くらいから東京のホテルに2泊する程度です。今年はそれもなし。娘が小さい頃、まだフィギュアスケートを始めていない頃は、スキーにも行きましたね。苗場、八方尾根、蓼科など。娘がフィグギュアスケートそ始めてからは、スキーはしなくなったので、親は行く理由を失い、もう30年位スキーに入っていないですね。
さて、そんな家での正月では、つまらないTVのなかで、なにか面白そうなものを探すしかないですね。そのなかで、メールがきて上のCFを見つけました。これはすごいですね。賞をとるんじゃないかな。見ていただければわかるように、10行くらいの文章を上から読んでいくと、逆転劇はありえないということになるのですが、下から逆方向に読んでいくと、逆転劇はあるということになる。素晴らしいアイデアです。このようなクリエイティブな発想を永遠に追求していきたいですね。
わたしは、私。|西武・そごう
大逆転は、起こりうる。
わたしは、その言葉を信じない。
どうせ奇跡なんて起こらない。
それでも人々は無責任に言うだろう。
小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。
誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。
今こそ自分を貫くときだ。
しかし、そんな考え方は馬鹿げている。
勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。
わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。
土俵際、もはや絶体絶命。

ネット上でも下のように1月元旦から話題になっているようだ。
2020年『わたしは、私』西武・そごうの広告から感じた想い|能政夕介(nose yuusuke)|note
大逆転は起こらないと思っている立場の考え方と、大逆転は起こりうると思っている立場の考え方が、1つの文章に込められている。

"さ、ひっくり返そう"上から読むか、下から読むかで意味が180度変化する西武そごうの広告がすごい「何を否定し打ち消すかで、こんなにも世界がかわる」 - Togetter
すごい! twitter.com/aseetsu/status…
2020-01-01 12:13:37
こういう頭の良さが欲しい
2020-01-01 12:14:42
素敵だ。
2020-01-01 09:30:40
なく こういうのを令和は推していこうよ!!>RT
2020-01-01 12:05:43
正月から元気でるな。
物事って本当考え方一つだな。

【鳥肌もの】西武・そごうの正月広告「さ、ひっくり返そう」秀逸すぎて騒然。見てよかった本当にかっこいい | CandyBox
さ、ひっくり返そう。
西武そごうの正月広告がカッコイイ

去年は賛否両論で炎上したようだけど、その大逆転か?
【どう思う?】西武・そごうの広告『わたしは、私。』に賛否の声 / 安藤サクラにパイが次々と投げられて… | Pouch[ポーチ]
平成最後のお正月にネット上で話題なっていたのが、2019年元日の新聞紙面に掲載された、百貨店西武・そごうの広告です。
「女の時代、なんていらない?」
というキャッチコピーのすぐ隣に大きく写されていたのは、顔面にパイを投げつけられてクリームまみれになった女性の姿。
コメント   この記事についてブログを書く
« 東京に来ました。昨日今日は... | トップ | 「敗者が変えた世界史」上下... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

CF」カテゴリの最新記事