たけちゃん活動・生活日誌

日々県議としての活動に追われていますが、そのな生活でもたまには本音も言ってみたい・・・。

年越し蕎麦

2019年01月03日 | 私生活
 大晦日は、我が家での年越しの料理のメインは毎年、糸魚川市の能生の道の駅で仕入れた蟹を冷凍保存しておいた、カニ鍋です。
 今回の大晦日は、長女、次男とも来れなくなったため、同居する長男夫婦と孫3人と私達夫婦の計7人で、私が作ったカニ鍋を美味しく頂きました。 カニ鍋を食べ終わり、紅白歌合戦が中盤になった頃、我が家では孫達の寝る時間にあわせ年越し蕎麦を頂きます。

 この年越し蕎麦は、私の住む石渡の隣地域の北尾張部の「ぞば打ち会」の皆さんが、大晦日の早朝から公民館に集まり、希望する地域の皆さんのために打って頂いているものす。
 私は、この情報を知り、8年位前からお願いして来ましたが、我が家一同、一度食べたら「美味しくて、止められなくなり」毎年の年越し蕎麦として、お願いしました。

 そして、今回の年越しぞばも、皆んな「このそばを食べてしまえば、他のそばは食べられない。」と言って、感激しながら完食しました。
 それにしても、こうして、どこよりも美味しい年越し蕎麦を大晦日の朝早くから作業をし提供して頂いている北尾張部の「そば打ち会」の皆さんに感謝するとともに、末長く活動を続けて欲しいと願いました。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 社民党全国連合の新年のメッ... | トップ | 元旦の行事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

私生活」カテゴリの最新記事