たけちゃん活動・生活日誌

日々県議としての活動に追われていますが、そのな生活でもたまには本音も言ってみたい・・・。

長野五輪基金枯渇後の対応

2010年03月25日 | Weblog

五輪基金枯渇後の対応に「冬季競技強化
            育成推進事業費」として6千万円余計上
  


 長野冬季オリンピック開催で残った46億円余をムーブメント推進基金として積み立て、毎年約4億円程度をスポーツ振興や各種冬季大会の助成等に使って来ましたが、今年度末残った3億円程度を県と長野市へ半々で配分し、今後それぞれが新たな基金を設立し、民間への寄付の呼びかけも含め、新たな制度のもとで冬季スポーツの振興策に取り組むことになりました。
 この内、県は長野市以外の軽井沢町、白馬村、山ノ内町、野沢温泉村で行われるカーリング、ジャンプ、アルペン等の冬季国際大会開催支援や選手強化を一定期間行うこととし、平成22年度予算に、「冬季競技強化育成推進事業費」として6千万円余計上されました。
 一方長野市は、基金から配分される約1億5千万円を原資として、これまでスケートなどの競技会7大会やスパイラルやビッグハットの製氷経費、長野マラソンの運営経費、長野灯明まつり等のイベント運営経費として、年間約2億円の助成を受けてきた内容を見直し、新たな対応が迫られることになります。
 オリンピック開催都市として、これからも冬季スポーツを盛り上げて行くことや、有形・無形の財産を未来へ継承して行くことが問われますが、今後も県の新たな支援策の在り方も含め取り組む決意です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ「日本ブログ村」のブログランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願い致します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 中央児童相談所  | トップ | 柳原総合市民センター完成記... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事