竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

初氷尾を大切に尾長跳ぶ  堀口星眠

2018-12-23 | 


初氷尾を大切に尾長跳ぶ 堀口星眠

初氷】 はつごおり(・・ゴホリ)

その年初めての氷結。寒気の始まりを示す。しかし、どこかに寒さの到来を楽しむ風情もあり、それを愛でる余裕もある。朝起きて初氷を見たときの新鮮な感動はうれしいものである。

例句 作者

大いなる旦の星や初氷 桂 白雨
かんばせのくもり美し初氷 上田五千石
藁を焚くけむり野面の初氷 面来痴草
初氷面皮のごとく剥したる 稲垣きくの
有明の消ゆる早さよ初氷 上甲平谷
初氷夜も青空の衰へず 岡本 眸
初氷尾を大切に尾長跳ぶ 堀口星眠
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 一族郎党が沈んでゐる柚子湯... | トップ | 冬ぬくし海をいだいて三百戸... »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事