竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

高架橋歩いて独りわが小春

2013-11-28 | 
高架橋歩いて独りわが小春  丈子





小春日和散策の一句
家を出て15分すると渡良瀬川の高架橋
歩行者は他にいない 
空中散歩の趣だ
渡良瀬遊水地につづく広い河川敷に
高架を歩く小さな自分の影が動いている
小春の禍福
独り占め


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
訪問者97人 アクセス数227 がカウントされた
ブログ開設以来の記録で素直に嬉しい

たどたどしく打ち込んでいる文字もアップされるとそれなりに気取って見える
擬似的なところも新鮮な感覚だ

品質内容は時間の積み重ねを待つとして
まずは継続
いくらかの成果があったようだ
ジャンル:
芸術
コメント   この記事についてブログを書く
« 冬靄に走る一灯一直線 | トップ | 騒響の寺のチェンソー十二月 »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事