竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

秋の海町の画家来て塗りつぶす  森田透石

2018-09-22 | 秋の季語から



秋の海町の画家来て塗りつぶす  森田透石

作者の気持ちは、とてもよくわかる。秋晴れの日ともなると、我が家の近所の井の頭公園にも、何人もの「画家」たちがやってきて描いてゆく。絵に関心はあるほうだから、描いている人の背後から、よくのぞき見をする。たいがいの人はとても巧いのだけど、巧いだけであって、物足りなさの残る人のほうが多い。でも、なかには写実的でない絵を描く人もいて、巧いのかどうかはわからないが、大胆なタッチの人が多いようだ。作者が見かけたのも、そんな「町の画家」なのだろう。海の繊細な表情などはお構いなしに、あっという間に一色で塗りつぶしてしまった。ぜんぜん違うじゃないか。愛する地元の海が、こんなふうに描かれるとは。いや、こんな乱暴に描かれるのには納得がいかない。さながら自宅に土足で踏み込まれたような、いやーな感じになってしまった。この海のことなどなんにも知らない「町場」の他所者めがと、しばし怒りが収まらなかったに相違ない。まっこと、ゲージュツは難しいですなあ。『現代俳句歳時記・秋』(2004・学習研究社)所載。(清水哲男)

【秋の海】 あきのうみ
◇「秋の波」 ◇「秋濤」(しゅうとう) ◇「秋の浪」 ◇「秋の浜」(あきのはま)
台風期を過ぎると海も急速に秋らしく深い色となる。寄せる波も波音も夏に比べて清澄である。海水浴客でにぎわった浜辺も人影が絶え、浜辺には静けさと寂しさが広がる。夏の喧騒の後だけに、より一層その感が強い。
例句 作者
群来村といふ一二軒秋の浜 遠山壺中
秋の波身を広げては引きにけり 藤木倶子
秋の浪見て来し下駄を脱ぎちらし 安住 敦
少年一人秋浜に空気銃打込む 金子兜太
ひとりになるため秋浜を遠く踏む 杉野炭子
秋の海見えて温泉の町坂多き 近藤咲木男
秋の海航くのみなるに旗汚る 津田清子

秋の波片方だけのハイヒール  たけし

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 水澄むや日記に書かぬことも... | トップ | 物分かりよすぎて弱気とろろ... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
秋の海に・ひとこと (梶 鴻風)
2018-09-22 18:08:21
 初めまして、井の頭公園にお済みと言う事は、吉祥寺でしょうか?それとも三鷹?と、懐かしさがこみ上げてきます。北海道生まれですが高校は吉祥寺に住みましたが、あとの大學は久我山でした。したがって井の頭公園が我が青春の地なのです。60年前の話です。
 ところで、びっくりしましたのは、わたしの写真が使われていまして、驚きました。誰が撮った写真かわからない場合は仕方ないとしても、分かる場合は撮影者にひとこと挨拶すべきと思いますがいかがでしょうか。
 もっとも、たまたま、このBlogを拝見して遭遇したので、開かなければこんなことを書く事もありませんでしたね。
 それにしても、俳句の作者、写真の作者名、梶鴻風の名が入っていないのは、寂しい事ですね。
 たまには、「鴻風俳句教室」もご覧ください。鴻風
ご無礼を (たけし)
2018-09-23 10:15:47
大変ご無礼をいたしました。
撮影者、写真の提供者にご挨拶すべきでした、不明の際は「写真はpぁりしました」と記していたのですがうっかりしました。ご容赦ください。
鴻風俳句教室お邪魔させていただきます
ご注意ありがとうございました たけし
ご無礼を (たけし)
2018-09-23 18:29:50
鴻風さま
大変ご無礼をいたしました。
撮影者、写真の提供者にご挨拶すべきでした、不明の際は「写真はお借りしました」と記していたのですがうっかりしました。ご容赦ください。
鴻風俳句教室お邪魔させていただきます
ご注意ありがとうございました たけし

コメントを投稿

秋の季語から」カテゴリの最新記事