竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

雪婆朽ちし案山子に潜みしや

2015-01-30 | 
雪婆朽ちし案山子に潜みしや たけし




夜半から雪である
1月の終わり 初めての雪らしい雪だ
窓からは一面の銀世界
どこかに潜んでいるはずの雪婆(ゆきばんば)
死ぬことを忘れ髪ふりみだしや一本足の不幸な妖怪だそうだ
あの捨て案山子 雪婆の変身かもしれない
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 雪の原先ずは一歩を踏み出せ... | トップ | 葉牡丹の恍けた色の自己主張 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (凉)
2015-01-31 10:09:57
こちらも昨日の午前中にわずか3㎝ほどですが
積雪がありました。今日は溶けてしまいました。

雪婆とは、愛媛県北宇和郡吉田町などに伝わる 妖怪で 愛媛では「ゆきんば」といい、雪の降る時期に現れる1本足の老婆とされ、 歩くと雪の上に1本足の足跡を残すといのだそうですね。
私は東北に伝わる妖怪だと思っていました、
捨て案山子、そうかもしれませんね。

外見か中身か (たけし)
2015-01-31 16:52:37
涼さん いらっしゃいませ

雪婆も昔はきっと雪女
夢二の女性は年をめさない
雪婆はきっと心はズーット青春なので外見だけ醜くなったのでしょうんか
外見が美しくて中身の醜いのも困りますね

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事