竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

冬ぬくし海をいだいて三百戸        長谷川素逝

2018-12-24 | 


冬ぬくし海をいだいて三百戸        長谷川素逝


【冬暖か】 ふゆあたたか
◇「冬ぬくし」 ◇「暖冬」(だんとう)

冬は寒い。しかし、二、三日または数日にわたって現れる暖かい陽気はうれしいもので、俳句では多く、こうした気分が詠まれる。

例句              作者
冬ぬくし天平仏に母の笑み 平野無石
親たちばかり暖冬の杉ばかり 齋藤美規
寺の名で寺が探せぬ冬ぬくし 能村研三
そつとして置いてもらへば冬ぬくし 岩上とし子
伎楽面赤き鼻梁垂れ冬あたたか 大谷碧雲居
校庭の柵にぬけみち冬あたたか 上田五千石
母鹿は何時も母の瞳冬ぬくし 豊田ふじを
冬あたたか五十のわれに母在れば 大野林火
墓地といふ冬あたたかきところかな 村上喜代子
暖冬の猫が目につく偶数日 伊藤トキノ
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 初氷尾を大切に尾長跳ぶ  ... | トップ | 煤逃げと言へば言はるる旅に... »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事