竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

泣いてゐるのはだれ冬のしゃぼん玉 流伴

2017-11-15 | 
泣いてゐるのはだれ冬のしゃぼん玉




しゃぼん玉は夏の定番で
だれにでも郷愁を感じさせる
その郷愁はおおむね笑顔を伴う多い

され冬のしゃぼん玉
泣顔がうかんでくるのは何故


発表 街123 2016/11/17
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 切り張りのやさしさ光る白障... | トップ | 十二月老いの朝寝は咎ならず »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事