From mitsuzawa northeast

横浜FCと横須賀・神奈川のローカルフットボールシーンを気ままに応援する日記。時々故郷・静岡県東部のフットボールなども。

第39回神奈川県社会人サッカー選手権大会決勝戦 YOKOHAMA FIFTY CLUB vs イトゥアーノFC横浜(2020.02.16)

2020-02-22 | 神奈川ローカルフットボール(観戦記)
第39回神奈川県社会人サッカー選手権大会
(兼2部昇格トーナメント兼全国社会人サッカー選手権大会関東予選県代表決定戦兼神奈川県サッカー選手権大会社会人代表決定戦)
決勝トーナメント*試合は40分ハーフ(延長なしPK戦)

〔決勝戦〕
※勝者 は全国社会人サッカー選手権大会関東予選への出場権獲得。
2020.02.16(Sun)15:10KO
会場:綾瀬スポーツ公園第2グラウンド(人工芝) 
天気:雨のち曇り
観衆:100人(目測)

YOKOHAMA FIFTY CLUB (県1部1位) -0(0-0) イトゥアーノFC横浜(県1部7位)
得点者
1-0 後半40+3分(80+3分):大久保 哲哉(PK)(YOKOHAMA FIFTY CLUB)



YOKOHAMA FIFTY CLUB ( )内は生年月日、年齢、出身校、前所属チーム
*年齢は試合開催日(2020.02.16)現在
     
     23浜脇  39大久保
 
30澁谷              9森谷

     22内田  18野沢

3岩浪   6齋藤  14寺田  27天野

        1杉田

GK 1 杉田 哲司(1989.07.18/30歳/青山学院大学/青山学院大学)
DF27 天野 恒太(1987.06.22/32歳/国士舘大学/SC相模原)
DF14 寺田 洋介(1987.07.08/32歳/日本体育大学/SC相模原)
DF 6 斎藤 貴之(1985.07.01/34歳/国士舘大学/藤枝MYFC)
DF 3 岩浪 晃大(1992.05.26/27歳/専修大学/専修大学)
MF18 野沢 優 (1997.04.11/22歳/法政大第二高校/法政大第二高校)
MF22 内田 大貴(1990.12.15/29歳/帝京高校/FC大垣コーガンズ(東海社会人リーグ2部))
MF 9 森谷 佳祐(1986.07.11/33歳/尾関学園高校/SC相模原)
MF30 澁谷 元気(1992.07.12/27歳/中京大学/品川CC横浜)
FW39 大久保 哲哉(1980.03.09/39歳/駒澤大学/ザスパクサツ群馬)
FW23 浜脇 絢太郎(1993.03.30/26歳/横須賀工業高校/FC AIVANCE横須賀シティ)
スタメン平均年齢:30.09歳

監 督:角野 隆
コーチ:小笹 健二

YOKOHAMA FIFTY CLUB 選手交代
後半 1分(41分):DF27 天野 恒太  →  4 菅能 将也(1992.11.08/26歳/桐光学園高校/クルントンブリFC(タイ))
後半13分(53分):MF 9 森谷 佳祐  → 33 関 崇宏 (1997.04.03/26歳/向上高校/神奈川県教員SC)
後半33分(73分):MF18 野沢 優   → 20 小西 章也(1989.05.16/29歳/IPU環太平洋大学/神奈川県教員SC)
後半37分(77分):FW23 浜脇 絢太郎 → 32 北原 拓弥(1996.02.02/24歳/帝京大学/帝京大学)

YOKOHAMA FIFTY CLUB 警告・退場
前半19分(19分):DF 3 岩浪 晃大(警告)
後半21分(61分):DF 6 斎藤 貴之(警告)

シュート     10(前 5後 5)
ゴールキック    8(前 5後 3)
直接FK     12(前 5後 7)
間接FK      0(前 0後 0)
オフサイド     4(前 2後 2)
PK        1(前 0後 1)
CK        2(前 1後 1)
============================================================

イトゥアーノFC横浜 スタメン( )内は生年月日、年齢、出身校、前所属チーム
*年齢は試合開催日(2020.02.16)現在

       3大場  16横田(C)
 
 9石川               5飯島
 
      10山田敦 26深見

21島田  12駒切  44山田暢 30國分

         1門田

GK 1 門田 皓樹 (1996.10.08/23歳/国際武道大学/大和S.Matthaus(神奈川県社会人2部))
DF30 國分 優樹 (1997.12.15/22歳/武相高校/SAKURA FC(神奈川県社会人3部))
MF44 山田 暢久 (1975.09.10/44歳/藤枝東高校/浦和レッドダイヤモンズ)
DF12 駒切 大将 (1999.12.08/20歳/静岡学園高校/JFC FUTURO(神奈川県社会人3部))
DF21 島田 竜汰 (2000.07.25/19歳/駒澤大学高校/駒澤大学高校)
MF26 深見 拓生 (1998.07.15/21歳/東海大翔洋高校/YSCCセカンド)
MF10 山田 敦生 (1998.02.19/21歳/藤枝明誠高校/藤枝明誠高校)
DF 5 飯島 侑生 (1998.06.11/21歳/県立座間高校/県立座間高校)
FW 9 石川 神伊 (1999.06.30/20歳/矢板中央高校/矢板中央高校)
MF16 横田 謙  (1998.06.18/21歳/東海大相模原高校/東海大相模原高校)(C)
FW 3 大場 大河 (2000.04.25/19歳/駒澤大学高校/駒澤大学高校)
スタメン平均年齢:22.81歳

SUB
DF 4 福山 聡介 (1997.12.18/22歳/県立座間高校/県立座間高校)
FW 8 毛利 大河 (1998.04.05/21歳/野洲高校/日本工学院F・マリノス)
FW11 田後 海陽 (1997.05.13/22歳/県立座間高校/県立座間高校)
DF13 松田 拓巳 (1998.01.15/22歳/第一学院高校/第一学院高校) 
MF14 北上 圭吾 (1997.06.07/22歳/県立座間高校/県立座間高校)
MF15 矢田 翼  (1999.09.20/20歳/厚木北高校/Mur Pellman(東京都社会人3部))
MF17 小松 凛之介(1999.08.12/20歳/駒澤大学高校/駒澤大学高校)
FW19 杉山 豪  (2000.04.12/19歳/駒澤大学高校/駒澤大学高校)
FW28 小谷 竜也 (1999.07.28/20歳/調査中/ザスパ草津チャレンジャーズ)
SUB平均年齢:20.88歳
チーム平均年齢:21.95歳

監 督:山田 暢久
コーチ:森田 健
コーチ:田中 晋平

イトゥアーノFC横浜 選手交代
後半 6分(46分):MF44 山田 暢久 → DF 4 福山 聡介
後半11分(51分):MF16 横田 謙  → FW28 小谷 竜也
後半14分(54分):MF10 山田 敦生 → DF13 松田 拓巳 
後半39分(79分):FW 3 大場 大河 → FW 8 毛利 大河

イトゥアーノFC横浜 警告・退場
後半25分(65分):MF26 深見 拓生(警告)

シュート       9(前 4後 5)
ゴールキック     9(前 4後 5)
直接FK      16(前 8後 8)
間接FK       4(前 2後 2)
オフサイド      0(前 0後 0)
PK         0(前 0後 0)
CK         3(前 2後 1)

*記録は管理人独自集計による。(間違い等ありましたら、ご指摘お願いします)
============================================================

16日は小雨の降る綾瀬スポーツ公園へ神奈川県社会人サッカー選手権決勝戦
YOKOHAMA FIFTY CLUB(以下FIFTY)対イトゥアーノFC横浜(同イトゥアーノ)を観戦。
FIFTYは昨年8月の県1部・品川CC横浜戦(2019)以来、イトゥアーノは県2部時代の
横須賀高校OBクラブ戦(2018)
以来の観戦になる。

イトゥアーノといえば2019シーズンから浦和レッズを引退した山田暢久氏が
選手兼監督として就任し話題を集めたチーム。
この日も44番の背番号でスタメン入り。彼以外の選手は軒並み20歳前後の若いチーム。
山田氏がスタメン入りしても平均年齢がグッと上がるということは無い(笑)。
FIFTYといえば今季リーグ戦得点王(18点)となった大久保哲哉選手が在籍する。
メンバーはかつてSC相模原に在籍した選手が多く、チーム平均年齢は30歳を超えるベテラン中心のチーム。
この試合では元日本工学院F・マリノス~横浜猛蹴に所属していた内田大貴選手が
いつの間にか加入していた。どうやら転勤先の中京方面から帰ってきたようである。
FIFTYの2019シーズンは県1部優勝したものの、関東社会人大会ではまさかの初戦敗退となり
関東2部昇格が如何に難しいか思い知らされたシーズンとなった。
永井雄一郎選手は先日、県2部に昇格したばかりの厚木市に本拠地を置くはやぶさイレブンに
移籍してしまったため、山田氏との浦和レッズ同門対決は実現せず。残念。
しかし、こんなマニア以外の一般サッカーファンの耳目を集めるようなキャッチーな
話題が上がるようになっただけでも一昔前の神奈川県社会人サッカー選手権では
まずあり得ない話であり、時代が変わったのだと改めて実感する。


試合中


大久保哲哉選手横断幕(横浜FC時代のものと推察)

前置きが長くなったので試合の方へ。
前半に手ごたえを掴んだのは挑戦者イトゥアーノの方だった。
リトリートして守備ブロックを固めFW9石川を走らせるカウンターはクロスを上げる
算段までは良かったが肝心のクロスの精度が低かったりFIFTYの選手に挟まれると体格差で
負けてしまったりとゴールを狙う所迄には至らず。
FIFTYもジャンボ大久保に合わせるがこれはイトゥアーノもしっかりとマークの対策を
講じてきてチャンスを作らせない。
前半は互いに譲らない膠着状態が続き0-0で折り返し。

後半に入るとFIFTYが守備のテコ入れ。
さんざん突かれていた右SBを選手交代させ30渋谷と23浜脇の位置を入れ替える。
後半からのFIFTYの布陣はこんな感じ。

     39大久保 30澁谷
 
9森谷              23浜脇

     22内田  18野沢

3岩浪   6齋藤  14寺田   4菅能

        1杉田

個人的に応援していた左利きの23浜脇が右サイドに流れるのは前半も通じて
違和感を覚えていたのだが前半にトップ下で詰まる位置取りだった頃よりかは
改善した様子。後半FIFTYのリズムが良くなったのは30澁谷がフィジカルを
生かしたポストプレーヤーとして機能し始めたことによるもの。
FIFTYはワイドに揺さぶるロングパスを駆使しイトゥアーノ陣内へ詰め寄れる
シーンが多く造れるようになってくる。

後半11分(51分)その23浜脇のクロスから9森谷と30澁谷がファーで
飛び込むが僅かに届かず。この浜脇のクロスは絶品だっただけに惜しいシーンに。
同24分には39大久保のポストから交代出場の4菅能がミドル!
このリフレクトを同じく交代出場の33関がゴール前でシュートを放つもボールは
クロスバーに跳ね返される。

その後もAIVANCE横須賀シティ出身の浜脇贔屓の視点(笑)で観ると後半31分(71分)に
4菅能がドリブルで切り込みからクロスの跳ね返りをダイレクトのシュートは枠から外れることに。
これを決めていれば浜脇はヒーローになれたのに惜しまれるシーンとなってしまった。

なお、この試合はイトゥアーノ側が子供たちを中心とした応援の声が賑やかだったが
FIFTY側は声出しの方がいなかったので、後半から昨年の品川戦のようにオイラが
FIFTYコール中心に時折声出しリードしてみることに。
コールを始めたらイトゥアーノ側が「あっちにも声出しいたんだ」と驚いた様子で
凍り付くのが感じ取れたので後半からというのもあって、声を出したコチラも
気恥ずかしさがちょっと出てしまったり(笑)

2020.02.16 80+3分:大久保哲哉(PK)(YOKOHAMA FIFTY CLUB)

このまま試合はPK戦突入するのだろうかと思われた後半AT突入後の後半40+3分。
FIFTYは前線でポストの位置に付いていた33関がPA内で倒されPKを獲得!!
このPKを大久保が落ち着いて決め、直後に試合が終了するブザービーター弾に。


試合終了



YOKOHAMA FIFTY CLUB試合後整列~挨拶

こうして両者譲らずな白熱した試合はFIFTYのPK決勝点という劇的な終わり方で終了。
FIFTYは36回大会以来3度目の同大会優勝し天皇杯神奈川県予選と全社関東予選の挑戦権を
得ることとなった。

優勝したFIFTYもイトゥアーノもこの試合で2019シーズンとしての公式戦は一区切り。
FIFTYはエブリサ藤沢からGK内藤圭佑選手、DF植草宏友選手、DF長田龍也選手が加入することが発表
イトゥアーノは山田暢久氏は引き続き監督続投するようだが、中には就職などで退団する選手も。


教員実習と話にも出ていたので、就職先は故郷・静岡で教鞭をとられるのかも知れませんね。
山田敦生選手の今後の人生に幸多からんことを。



2020.02.16 YOKOHAMA FIFTY CLUB vs イトゥアーノFC横浜 ハイライト

得点経過
1-0 後半40+3分(80+3分):大久保 哲哉(PK)(YOKOHAMA FIFTY CLUB)12分38秒頃~

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへにほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 久々に | トップ | 三浦海岸桜まつり2020(... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

神奈川ローカルフットボール(観戦記)」カテゴリの最新記事