マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン12-第20話」

2017-05-26 | NCIS ネイビー犯罪捜査班

原題「Navy NCIS: Naval Criminal Investigative Service」 2015年に放送された作品

第20話「行方不明の拳銃」(シーズン12第20話)
Season12 Episode20「No Good Deed(直訳=良い行為ではない)」(2015.4.7放送)

出演 
マーク・ハーモン(リロイ・ジェスロ・ギブス 特別捜査官現場対応チーム 主任)
マイケル・ウェザリー(アンソニー・ディノッゾ 特別捜査官現場対応チーム 上級捜査官) 
ショーン・マーレイ(ティモシー・マクギー 特別捜査官現場対応チーム 上級捜査官)
エミリー・ウィッカーシャム(エレノア・“エリー”・ビショップ 特別捜査官現場対応チーム 新人捜査官)
デビッド・マッカラム(ドナルド・“ダッキー”・マラード 検視官主任) 
ブライアン・ディーツェン(ジミー・パーマー 検視官助手)
ポリー・ペレット(アビゲイル・“アビー”・シュート 科学捜査分析官)
ロッキー・キャロル ( レオン・ヴァンス 局長)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
保護観察の奉仕活動の為に道路のゴミを拾っている面々。中には元上院議員もいた。
彼はふと道の下に倒れたバイクを発見する。その側には男性の死体もあった。
男性は海兵隊員で事故ではなく射殺されたと判明する。
そして、その凶器の拳銃はATFで失敗に終わった「ワイルド・スピード作戦」に使われた拳銃だと判明した。その拳銃は殆どが回収されていない。
そこで、ディノッゾの現在の恋人でもあるATF勤務のゾーイが捜査協力をする事に。
そんな時、ディノッゾの家には、シニアが再び訪ねてくる。
そして、彼は恋人と父親を会わせようとするが、シニアがディノッゾの考えと違う行動をとってしまい、ディノッゾは父親を追い出してしまう。
困ったシニアは、ギブスの家に転がり込むが・・・。

勝手な感想(自分の思い込み多々) 
再び登場のディノッゾパパ。シニアは本当にやっかいで、ムカつく。

自分自身でも言っていたが、
トニーが幼い時に何もしなかったくせに、自分が歳をとったら、面倒を見てくれと側に寄ってきた!
親とはいえ、ずうずうしいもほどがある。
むちゃくちゃイラついたのだ。
そういう年寄りって多い。

「人生は、ギブ&テイクだ!」という考えがあるからひずみが生じるのだと最近知ったけども、だけども、これはずうずうしすぎないか?
あんたの親なんだから、老後は面像みろだと?
ギブスパパのように自分で独立してがんばって生きようとしているのなら、いいが、何もかも子供に頼ろうとするのはどうかと思うぞ。
そして、同じマンションに住むなんて・・・。( ̄。 ̄;)

はっきり言ってやれ~トニーと本当に言いたくなった。
ギブスは、きちんと言ってたけどね。

もう、本当このシニアは厄介でマジ嫌だ。
この人、大人になるのはいつなんだろうなあ。
いい大人なんだけどね。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「NCIS~ネイビー犯罪捜査班... | トップ | 【勝手なお願い63】 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NCIS ネイビー犯罪捜査班」カテゴリの最新記事