マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「007は二度死ぬ」

2012-11-13 | 60年~70年代映画

You Only Live Twice  1967年 イギリス作品

監督 ルイス・ギルバート
主演 ショーン・コネリー 丹波哲郎 浜美枝 若林英子 ドナルド・プレザンス バーナード・リー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
宇宙に滞在するジュピター16号が突然姿を消した。その事により米ソ間が一触即発の状態になっている中、MI6は、手がかりが日本にあると掴んだ。
一方、ジェームズ・ボンドは、香港で殺され、ビクトリア・ハーバーにて英国海軍により水葬されていた。
遺体は海底深く沈められるはずだったが、すぐにMの乗った潜水艦に収容され、生きたボンドが艦内に姿を現した。
実は、今度の任務の為に偽装したのだ。ボンドは、そのまま日本へ行き、日本の公安トップ、タナカと共にジュピターの手がかりを捜し始める。
すると、日本の企業オーサト化学が関わっていると分かり、タナカは、ボンドを日本人に変装させ、黒幕が潜んでいるであろう海岸近くの村に、婿として潜入させる計画を立てるのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々) 
お~い!天下のボンド映画がB級路線だぞ~と思えるくらい、今の見ると突っ込み所が満載になっていたこの作品。

幼い時から、
日本が舞台となった作品があるとか、
ボンド・ガールに浜美枝さんだったとか、
丹波さんは意外と国際スターだった
というのは、聞いてはいたが、見た事は一切なかったのだ。
これ、マジで世界的に大ヒットして、日本でも大ヒットしたのか?(ToT) 
きっと、
映画を見た人の中
には、日本のイメージがこの作品っていう外国人も少なくないだろうに。
日本に忍者は、そう簡単におらんよ~。( ̄。 ̄;)

特別編で、
ボンド・ガールの先行がすっごく大変だったとあった。
当時、英語がしゃべれる日本人女優を探したが誰もおらず、日本の映画会社の推薦で、お二人に決まったとの事。
そして、英語の上達具合から、二人の役柄が変更。
しかし、
今まで、しゃべれなくとも吹き替えで対応していたのに、どうして今回だけは、英語必須だったんだろう?
英会話が出来た丹波さんであっても、吹き替えだっていうのに。
まあ、監督の意向だったのだろうけども。

視点を変えたら、
日本の英語教育はこの時すでに遅れぎみだったという事にもなるのかな。σ(^◇^;)

どうしても晩年の丹波さんのイメージしかなかったので、これを見て、まじで凄い大御所の俳優さんだったんだなあ~と今更ながら尊敬してしまった。
コネリー氏と対等だったしさ。
それと、若林英子さんの素晴しさ。
まったく知らず、それもそのはず、自分が生まれる前に引退した女優さんでした。(こういうのを知ると突然時代を感じる。)
一番ビックリしたのが大好きな映画「大脱走」に出演していた ドナルド・プレザンスがプロフェルドだったこと。
悪役のイメージがなかったのですっごく以外だった。

前作からの流れで、セットの豪華さや、オートジャイロでの空中戦(ロケ場所は日本ではないものの、空中のあの映像は本当に飛ばしての撮影)は、目を見張るものはあったが、
そんな事を吹っ飛ばすかのような、あのボンド日本人化計画には大笑いしてしまった。(爆)
すでに、180㎝もあるボンド君を日本人に?見たいな突っ込みから始まり、
あの髪型はなんぞや(~_~;)
結婚式って集団でぇ(@_@)
となる中、
何しろ、忍者訓練の様子がもう突っ込まずにはいられなかったのだ。
手裏剣が拳銃の弾に勝てるとも思えず、機関銃に刀もどうかな?と思い、
なんで、
今まで最先端の技術紹介風だったのに、日本が舞台になっただけで、時代錯誤に?
と感じてしまったのだ。

コネリー氏もこれで最後と決めてあっただけに、半分やけくそ?とも思えたし。

いやはや、ボンド君の路線は何処へいく予定だったかな?(~_~;) 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「007/サンダーボール作戦」 | トップ | 「女王陛下の007」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (間諜X72)
2017-02-20 21:55:18
>ドナルド・プレザンスがプロフェルド

彼は大きな組織(悪い組織)のボスのイメージに合ってるのかな

>悪役のイメージがなかったのですっごく以外だった。

意外です
「大脱走」では「偽造屋」
「ミクロの決死圏」では小悪党的なマイケルズ博士

ブロフェルド役が一番合っているのは「女王陛下の007」のテリー・サバラスです
ミクロは、未観賞 (間諜X72様へ:takbout)
2017-03-03 07:32:51
間諜X72さんへ
ミクロは未観賞なので、小悪党だったんですね。
意外なイメージの人をという趣向だったのか、それとも、俳優さん自身が演じたかったのか。

また、遊びに来て下さいね。
コメントに気がつくのに、遅いですけども。(^◇^;)

めったに、コメントが来ないブログなので、油断しすぎましたです。
すみません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

60年~70年代映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事