マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「マイティ・ジョー」

2018-11-07 | 80年~90年代映画

Mighty Joe Young 1998年 アメリカ作品



監督 ロン・アンダーウッド
出演 シャーリーズ・セロン ビル・パクストン レイド・セルベッジア ピーター・フォース

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ゴリラの生態を研究しているヤング博士は、幼い娘ジルが、大人のゴリラに近づく事を止めた。
ジルは、そのゴリラをジョーと呼んでいた。しかし、ジョーは産まれたばかりのはずでそんなに大きいわけがない。それでもと思い博士が調べるとジョーで間違いなかった。成長の早さに驚く博士。
だがそんな時、森が騒がしくなる。密猟者がゴリラを狙ってきたのだ。食い止めようした博士は殺され、ジョーの母親も殺されてしまう。
それから数年後。
動物学者のグレッグは、密猟者の案内で巨大ゴリラと出会うが、意識を失い確信が持てなかった。だが、診療所を出た時、ある女性を見かけ確信する。
何故なら巨大ゴリラをなだめ自分を助けてくれたのは彼女だったからだ。
ジルは、グレッグが覚えていた事に戸惑うも、ジョーを安全な場所へ保護したいという提案に心を動かされるのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
ロケ地、クアロア・ランチの第2弾は、懐かしのこの作品。
当時、公開されたのは知っていたが、元来キング・コングには興味がなく、古典のキング・コングも未観賞なのでスルーした作品だった。

そのヒロインが、セロン嬢だったとは!(@_@)

当時の流行だったのか、島から連れ出し大都会を歩かせるという演出は、ジュラシック・パークにも思えて懐かしく感じた。
それに、わかりやすい悪役にわかりやすい展開で、ラストもハッピーエンドで妙にほのぼのした。
提供がディズニーだったのもあるだろうけども。

それでは、ロケ地はどこに使われていたかというと、巨大ゴリラ、ジョーが生息している森、映画の中ではアフリカの奥地みたいに描かれていた。
あの独特の山並みが分かれば、一目瞭然。

ハワイなのに、アフリカねえ~。とは思いましたが、そこが映画の妙技ですぞ。(^_^)v

日本のゴジラ同様、キング・コングも何度も映画化される題材らしく、最新の作品もあったので、明日はその作品を紹介することに。
というか、
観光した時ロケ地にそのまま、置きっぱなしのセットがあったので、気になってしまったから、きっとあの作品だと思うので・・・。(~_~;)

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2000年~代映画 あ~お | トップ | 80年~90年映画 ま~も »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

80年~90年代映画」カテゴリの最新記事