山登りの記録

2013年からの山登りの記録です

槍ヶ岳 新穂高温泉から

2014-07-26 23:44:44 | 日記
7月25日(金)年休を取って槍ヶ岳に行って来ました。
6時に新穂高第三無料駐車に着くと既に車で一杯でした。 でもよく見ると端のスペースに1台停めれそうだったので、入れると何とか停めれました。(ラッキーです)
有料駐車場は6時間500円だそうですので、助かりました。

6時20分に新穂高センターに立寄ってから出発 新穂高センターやロープーウェイの辺りには大勢人が見えましたが、林道を歩き始めると誰にも会いませんでした。
8:00白出沢を通過し
9:10滝谷避難小屋の側では木の橋を渡り、
渡渉もして
10:10槍平小屋に到着 ここで予約を取消して(当初は停まるつもりでしたが、時間が早いので槍へ向かう事にしました)
トイレを借りて 少し水も頂いて キャンプ場の横を通過します。

この辺りから下山してくる方に出会いましたが、前日24日は雨と風が強くて大変だったそうですし、今朝も槍ヶ岳はガスがかかっていて登らなかった方が多かったようです。

途中最終水場で水を補給しました。 ここで水を補給しておいて良かったです。 補給しなければ水不足になる所でした。
12:30千丈分岐に到着 
救急箱の中身を確認しました。
この先に雪渓がありましたが、前日の雨で融けたのかアイゼン無しで通れました。
14:25飛騨乗越に到着
14:45槍ヶ岳山荘に着きました。
槍ヶ岳を見ると 大勢の方が登っているのが見えました。
疲れていたので、宿泊届をして 部屋で一時間程休んで

16:00槍ヶ岳に登って来ました。

夕食は到着順で私達は2番目の組で17:40からでした。

その夜は夕日や 星空が綺麗でした。

翌26日(土)4時起床 日の出を見てきました。
富士山も見えました。

5時から朝食を取って

6時10分下山開始 西鎌尾根方面から下りました。
尾根道は風が強かったですが、景色は素晴らしかったです。
7:00千丈乗越から千丈分岐に向かいました。 笠ヶ岳と私達の影が見えます。
9:35槍平小屋に到着 早かったですが 昼食を取りました。
10:05槍平小屋で水を補給し出発
12:45白出沢では 大勢休息されていました。

14:10新穂高センターに立寄って 
下山届を出し 何処の温泉が良いか聞いて 検討した結果

隣の奥飛騨の湯に入って来ました。通常800円の所 今日26日は風呂の日と言う事で500円でした。(^^♪

今回は 無料駐車場に車を停めれたし、天気も良かったし 温泉も安価に入れて ラッキーな山登りが出来ました(^_-)-☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士見台(1739m) 神坂神社より

2014-07-21 20:26:34 | 日記
7月21日(月)海の日に山に登って来ました。
中央高速園原ICを降りて しばらく走った所にある神坂神社の前に車を停めて
8:00出発

まず神坂神社にお参りして
神社の横には凄く太い御神木がありました。
神社の上には林道があり、そこを少し右に下った所からカラマツコースを登りました。
このコースは距離は短いですが、チョット傾斜はキツカッタです。
道端には
9:25ブナコースとカラマツコースの合流点を過ぎて 比較的平坦なハイキングコースを歩きました。
途中湿地の側を通ったり
昔の牛の放牧用の鉄柵の有る所を通って

10:30萬岳荘を通過 ここでは小さな子供たちが元気な声を上げていました。
萬岳荘のを過ぎると 笹原です。
笹原の中にはササユリも咲いていました。
昨年来た時に岐阜新聞の方にモデルを頼まれた場所で
そして富士見台に向かう途中でも

11:20富士見台山頂に着きました。

この辺りには トキソウも咲いている所があります。
この後神坂山に向かいましたが その途中でも

萬岳荘への分岐を過ぎて
12:20神坂山到着
   ここで昨年来た時にお会いした方にお出会いし、ご挨拶をして頂きました。 びっくりすると共に非常に嬉しかったです
   また何処かでお会いできると良いですね。(^^♪

12:40萬岳荘に立寄ってチョット休息

12:50下山開始 帰りはブナコースを下りました。
途中こんな木の橋も渡りましたが、一人で渡っても少し揺れていました。
14:15鉄のゲートの横を通って 林道を歩いて
14:55駐車場に戻りました。
駐車場の少し上には

駐車場には今日歩いた道の事が記載されていました。
古代東山道と言うそうで 701年に大和朝廷が作った道だそうです。 歴史のある道なのですね。

またここは駐車場が標高1000mを超えていますし、山頂は1700m程あって 涼しいですし ササユリも咲いていて 手軽なハイキング場所ですね(^^♪

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

大峰山系八経ヶ岳

2014-07-20 06:59:32 | 日記
奈良県の大峰山系の八経ヶ岳(1915m)に行って来ました。

7:20駐車場に到着し
向かっている途中 凄く雨が降って来て、今日は温泉と観光で終わりかと思っていましたが駐車場ではパラパラ程度の雨で登って行く人もいたので登る事に決定しました。
745出発
しばらくほぼ平坦な道を進んで木の橋を渡ります
ここから一気に約400m程登り
8:45縦走路の奥駈道出合に到着
ここからは縦走路です。
途中でバイケイソウ?が沢山咲いていました。
9:50聖宝ノ宿跡・理源大師像を通過
ここからは傾斜がチョットきつくなり木の階段もありました。
10:40弥山小屋に到着
弥山小屋の裏の天河奥宮(1895m)に登りました。後ろに見えているのが八経ヶ岳です天河奥宮で昼食を取りました。
11:00天河奥宮を出発し、一度下ってから八経ヶ岳に登り返します。
登る途中に鹿除けの柵があり、戸を開けて入ります。 オオヤマレンゲの保護の為だそうです。
こんな花が咲いていました
11:35八経ヶ岳(1915m)山頂到着ここでまったりと休息しました
12:10下山開始 少し青空も見えてきました。
下山途中少し雨が降って来て 雨具を装着したりしましたが、直ぐに上がりました。
でも道が滑り易くなって、2~3度滑りました。(お尻を付く程度が1回と転送せずが2回程?) 下山時は注意が必要ですね。
15:30駐車場に戻って来ました。
車が増えていて、トンネル前の駐車場だけでなく、その下の駐車場にも車が停まっていました。

その後 帰りに洞川(どろがわ)温泉に入って来ました。
今日から学校が夏休みに入った為か、子供さん連れの方が大勢見えていて混雑していました。

天候が不安定で 行先を出発前日に長野の赤岳から奈良の大峰山に変更しましたが、それ程雨も降らずに楽しい山登りが出来ました。

ご一緒頂きました皆様に深く感謝申し上げます。(^_-)-☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空木岳

2014-07-13 20:54:44 | 日記
7月12日早朝に出発して空木岳に1泊2日で行っていました。
朝一番のバスに乗って、一番のロープウェイで千畳敷駅に着き
7:00出発 極楽平へ向かいます。 でも極楽平までは残雪がたくさん残っていました。
極楽平から先の尾根道には沢山花が咲いていました。
天気も良く景色も良かったです。
しかし上り下りが多く 岩場も多かったです。
11:00桧尾岳
13:00熊沢岳
15:00東川岳を通過し、木曽殿山荘に向かって下ります。
15:30木曽殿山荘に着きました。
木曽殿山荘の2階です。
ザックは壁に設置されている棚に置きます。
夕食は5時からでおでんでした。

13日朝5時に朝食を食べてから
5:30出発
急な坂を登ります。
最後は岩場です

7:00空木岳山頂到着

池山ルートから下山しました。

途中で雨が降ってきました、

鎖場や痩せ尾根もありました。

雨の中を下山して来ました。

13:30菅の台バスセンターに到着しました。

2日とも天気が良いとの天気予報で行きましたが、今日は天気が悪くなって今一歩でしたが

予想外の岩場の連続で Bさんは先週の南山の岩トレの実践の場となったと言われていました。

参加頂きました皆様 楽しい山登りになりました。 深く感謝申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御在所

2014-07-04 21:49:50 | 日記
赤岳に泊で行く予定でしたが、天気が悪そうだったので中止しました。
当初土曜日に何処かへ行こうかと思っていましたが、朝になると 今日は御在所方面は雨が降りそうに無く 明日の方が天気が悪くなるとの予報になっていたので
急遽 御在所へ行って来ました。
10:20駐車場到着 車は一台も停まっていませんでした。
10:40出発 登山届を出して 中登山道を元気に登って行きます。
11:16おばれ岩の間を通りました。
11:35地蔵岩にスバイダーウーマンが
その後ガスの中に薄ら見える地蔵岩をゆっくり堪能
11:55キレットを下ります。
梯子を登ります。
コアジサイ?が咲いていました。
もう少し 頑張って
今日はガスっていてあまり展望は良く無かったですが、少し晴れてきました。
13:05~13:40ロープーウェイ降り場の側で昼食を取ってから、一等三角点に行きました。
その後望湖台に行って
14:18下山開始
両手を使う場所も
まつたけ岩で
登山口に戻って来ました。

16:00駐車場に戻って来ました。

今日は平日で曇っていた為か 登っていて出会ったのは5名のみ ロープウェイで登って来られたと思われる方3名のみでした。

これ程人の少ない御在所は初めてでした。

ご一緒下さった Iさん 今日は有難うございました。 お蔭で楽しい一日が過ごせました。
これからもよろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加