山登りの記録

2013年からの山登りの記録です

御在所岳

2014-02-26 21:28:29 | 日記
2月26日御在所岳に登って来ました。
7:30スカイライン旧料金所駐車場を出発。 広い駐車場に車は平日の為か2台しか停まっていませんでした。
中道登山道から登りました。
この辺りにはまだほとんど雪はありませんでした。
7:55裏道への分岐でアイゼンを装着しました。
地蔵岩手前の岩場を登ります。
8:38今日は地蔵岩に前で記念撮影
9:39キレットを下ります。
ここは鎖を持って慎重に
10:09ロープ―ウェイ降り場の所で記念撮影
10:20氷瀑の前で記念撮影
10:45望湖台(最高点)で記念撮影
10:50一等三角点の前で記念撮影

今日は天気も良くて風もそれ程無かったので ここで昼食 ~11:17

裏道登山道から下山 国見峠は雪で平坦になっていました。
12:13石門です
この後 石の上に登って 展望を楽しみました。 石の上の雪に最初に足跡を付けたのはSさんです(^^♪
12:25国見岳山頂で記念撮影
国見岳から下る途中で雪の壁を登る練習をしました。
うさぎの耳の手前 雪はありません
舗装道路を歩くのが嫌だったので 裏道から中道へ向かいました。
15:02中道登山口へ戻って来ました。

今日ご一緒頂きました S様 E様 有難うございました。

天気も良く 良い景色が見れ 楽しい一日を過ごすことが出来ました。 

これからもよろしくお願い致します。
コメント

定光寺から道樹山往復

2014-02-24 21:35:22 | 日記
2月23日(日)用事が無かったので定光寺に車を停めて 東海自然歩道を 道樹山まで歩いてきました。

10:00定光寺の東海自然歩道 春日井ルートの入り口です
坂を上って 
10:16このルートの唯一のトイレのある玉野園地を通って その先を下って行くと 木の橋が凍っていました。

11:02道路に出て左に進むと 鉄の階段があるのでそれを登ります。

途中唯一遠くの山が見える場所がありました。
 
所々雪が残っていました。

12:11道樹山の山頂に着くと山頂は凍っていました。

そこから弥勒山へ進む道はテカテカに凍っていました。

そちらへ向かわれる方は 恐る恐る下りて行かれました。

12:40道樹山で昼食を終えて帰路につきました。

14:40定光寺のロッククライミング場所によって ロッククライミングの練習をされているのを見学して来ました。

3組8名の方が練習をされていました。

15:02駐車場到着

今日はハイキングのつもりで 軽装で行ったので まさか路面が凍っており軽アイゼンがあった方が良いとは思いもよりませんでしたが
歩いている方(バスや電車を使った片道ハイク)や トレランの練習をされている方などおられ 結構人気がある事を感じさせられました。
コメント

養老山

2014-02-22 19:57:32 | 日記
2月22日(土)山の会の定例山行で 養老山に行って来ました。

8:00養老公園の駐車場に車を停めて
8:20出発
養老の滝に向けて登ります
8:40滝上駐車場で登山届を出して
9:02登山口から登山道に入りました。
9:15登山道を岩が塞いでいました。 注意してすり抜けました。
9:27落ち葉の下が凍っていて滑るのでアイゼンを装着しました。
  雪山を登っています。
10:15三方山到着 全員で記念撮影
  途中で雪の風紋が出来ていたし 鈴鹿の山も見えたので見学
小倉山へ向けての最後の登りを登っています。 後ろには名古屋の街や御嶽山等の雪山が見えました。
10:46小倉山で鈴鹿の山を見学。 ここは風が冷たかったです。
アップダウンを繰り返して 
11:16養老山山頂に到着 この山の手前で右側の林道側と左の登山道に分岐がありました。 

右側は林道に出て直ぐに左に向かって山頂へ直登 左側は一度下ってからVの字に右に曲がって登ると山頂です。

山頂で記念撮影。

11:45~12:37小倉山の手前まで戻って昼食です。 
豚汁を作って頂き 美味しく頂きました。

小倉山からの下り 素晴らしい景色の見納めです。

12:26 A班 駐車場着
12:49 B班 駐車場着

その後 水晶の湯に入って来ました。 ここは下の駐車場に車を停めて マイクロバスで山の中腹の温泉まで行って入浴です
料金は¥500 露天風呂からは 名古屋の街や雪山が見えました。

今日は素晴らしい景色と 美味しい食事 楽しい会話が出来ました。

参加頂きました皆様に深く感謝申し上げます。

コメント

岐阜県美濃市 瓢ヶ岳

2014-02-21 16:44:36 | 日記
年休を取って 瓢ヶ岳に行ってきました。

8:10頃ふくべの森の駐車場に到着しました。 綺麗なトイレがありましたが、冬季は閉鎖されていました。

8:30準備を終えて出発です。 登山口には案内板がありました。
最初は雪は無くて自然石の階段を上ります。
しばらく進むと渡渉箇所がありました。 左側の雪のある方へ進むのが正しかったようですが、渡渉しやすい上流側に進んで道でない所をしばらく登りました。
小さな流れを2~3度渡りました。
次第に雪が深くなってきましたが、先週末に登った方がおられたのか踏み跡がありそのまま上りました。
9:38 骨ヶ平 尾根に到着です。
この先で雪が深くなって足を取られ始めたのでワカンを装着しました。  私は初めてのワカンです。(新品です)
この辺りは風が強かったのか踏み跡が消えていましたが、風紋が出来て歩いたと思われる跡が残っていました。

風の無い所は踏み跡があり、それをたどって登りました。
奥瓢との分岐です。  奥瓢ヶ岳の方向には全く踏み跡はありませんでした。
10:30瓢ヶ岳山頂です。 
前方には高賀山が見えました。
雪山が綺麗に見えましたが、御嶽方面は雪でしょうか良く見えませんでした。

山頂手前に雪を踏み固めた場所を作って頂いていたのでそこで昼食を取って
11:19下山開始
11:48骨ヶ平からチョット東側の見晴台方向に進むと コブシでしょうか 芽が膨らんで来ていました。

最初にルートロスをした渡渉箇所に来ました。
次回は間違わない様にしましょう。

12:45駐車場に戻って来ました。

この後 道路を登って高賀山の方へ行ってみましたが、道路脇の壁のコンクリート吹き付け工事の為に除雪されているだけだったようで、その先が除雪されておらず
戻って来ました。

駐車した場所のチョット下にボルタリングの名所があり、練習をされている方が見えたので 見せて頂きました。

こんなオーバーハングを登られるのですね。 


今日は天気が良くて 雪歩きと 初めてのワカンと 良い景色が楽しめました。

ご一緒下さったS様 これからもよろしくお願い致します。
コメント

綿向山

2014-02-11 20:58:53 | 日記
2月11日(火)鈴鹿の滋賀県側にある綿向山に登って来ました。
8:30御幸橋の駐車場に着いたら既に一杯でした。 それで橋の手前側の駐車場所に駐車して準備をして
8:55出発 いきなり道はガチガチに凍っていました。
平坦な道だったのでそのままヒズミ小屋まで行き、ここでアイゼンを装着しました。
9:16 大半の方がここでアイゼンを装着されていました。
ヒズミ小屋を出ると直ぐに鉄製の橋を渡ります。 帰り気付いたのですが、この橋は200kg 3人までと書いてありました。
この先はジグザグの道をひたすら登り 
10:07林道に出ました。 林道から登山道に入る手前で雪に 「腰痛持ち 大変だよ」って書いてありました。
10:12あざみ小舎通過 ここで休息されている方もいましたが ここは風が通りますね。
10:30五合目小屋到着 
ここで少し休息 下山して来て昼食を取っていたアベックから行者コバより先では寒かったとの話を聞きました。
ここからは琵琶湖方面が綺麗に見えました。
10:59行者コバ到着
この先から冬道ルートを登ります。
言われた通り横風が強くて寒かったですが、ここから先は樹氷が綺麗でした。
途中で雪山が見えました。
竜王山への分岐です
11:27山頂に到着
山頂辺りの気温は-8℃程でした。
人が多いです
御嶽山も見えました
山頂で記念撮影
11:40 山頂を出発し
12:20~12:40五合目小屋で昼食を取って 下山して来ました。
13:40駐車場着 

帰る途中 登っていた方を見ると

帰りには今日も阿下喜温泉に立寄って来ました。 モンベルカードを見せて 今日もタオルを頂いてきました。(^^♪

綿向山は手軽に樹氷が見える山として有名との事で 非常に人が多かったですが その通り素敵な景色を堪能できました。

ご一緒頂きました皆様 有難うございました。 お礼申しげます。
コメント