ハリーと楽しむアジリティー

ミニチュア・プードル ハリーとアジリティーを楽む日々

紅葉ラミネート実験

2019-11-16 08:29:54 | 日記

紅葉ラミネート実験

 

 東広島市西条町は、「酒都 西条」とも呼ばれる酒蔵の街です。

 酒蔵通りの各蔵元の敷地井戸底からは、醸造に適した軟水が滾々と湧き出ています。

 その水源の森の沢には、モミジ谷があって、昨日は澤奥にもみじを踏み分けて進みました。この日も、毎日の日課の、ハリーの散歩を楽しみました。

 もみじ谷の木々はほとんどがイロハモミジですが、今が紅葉の盛りで、息を飲む美しさです。でも、よく見ると、落ち葉の中には、ハウチワカエデ、ウリハカエデ、ウリカエデ、オオモミジと思しき葉が混じっていました。

 葉を持ち帰っても、すぐにしおれてしまうのですが、今回はラミネートして保存することに挑戦です。

 しおれかけていたオオモミジと思った葉とイロハモミジの葉を、しわを伸ばしてラミネートして、じっくり観察しました。

 ギョギョ! ビックリ…  私が「オオモミジ」と思った葉をよく見ると、9裂している。鋸歯は小さいけれど、二重鋸歯じぁないか? 葉柄は短いようにも見えるけど、この葉っぱの葉柄は折れていただけ。

すると、これはオオモミジではなく、その変種のヤマモミジなのか?

 

 モミジのほかに黄色の葉が可愛いアオハダ、咲き始めたサザンカなども観賞して楽しい散歩でした。歩き疲れて、2人と1匹でアスナロカフェのデッキで一休み、コーヒータイム。

 今回は、モミジのラミネート保存実験に挑戦です。すぐ皴々になる木の葉を、ラミネートしたら、どのくらいの期間その色合いを保存できるのか、挑戦・実験しています。

【水源の森】

【もみじ谷】

【イロハモミジ&ヤマモミジ】

 オオモミジとイロハモミジは5裂~7裂なのに、ヤマモミジは7裂~9裂

【アオハダ&サザンカ】

 

【アスナロカフェで、コーヒータイム】

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 仙石庭園の観月会 和楽器と... | トップ | 青い実の中に、アンモナイトが »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事