ネットワークとプログラム

ネットワークとプログラムで困ったこと、勉強したこと、その他をつづっていくページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

VMWareで WindowsServerを検証したとき。

2008年12月24日 | サーバ
WMWareでWindowsServerの検証をするとき、何度もインストールすると面倒なので、一度作成したOSを複製して利用する。(ライセンス数が足りていること!)
そのとき、ドメイン参加するときに、「「指定されたドメインの名前またはセキュリティ ID (SID) はそのドメインの信頼情報と矛盾します。」が表示され、参加することができない。

なぜ・・・? と思い、エラー文章をGoogleで検索すると、以下のURLで対策が掲載されていた。
http://siranami73.yoka-yoka.jp/e161398.html

一応、上記のサイトが無くなるとまずいので、メモ書きで以下に残しておく。

インストールCDから2つのファイルをコピーする。
「sysprep.exe」と「setupcl.exe」
検索すると見つかる。場所は、D:supporttoolsdeploy.cab の中にある。
cabファイルの中にある。

sysprep.exeをダブルクリックし、プログラムを実行する。
このツールは、「システム準備ツール2.0」という名前。起動したプログラム内にある「再シール」というボタンを押す。処理が無事に終わるとシャットダウンする。(オプションでシャットダウンモードが、「シャットダウン」になっているから。)
ドメインサーバにしたWindowsServerで実行すると、「このツールと現在のオペレーティングシステムに互換性がありません。続行できません。」と言われ、エラーになる。当たり前かなあ。
起動後、Windowsセットアップが起動し、新規インストールのときのように順番に初期設定を行う。「ライセンスキー」、「ホスト名」、「NICの設定」、「ワークグループ、ドメインの設定」など・・・。

メモメモ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« Nexyz.BBでの回線速度結果 | トップ | WindowsServer2003でADとD... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

サーバ」カテゴリの最新記事

トラックバック

VMware Server(仮想サーバ)について (Climb IT Square)
VMWareについて; ●概要 ●導入手順 をまとめてあります。 http://www.climb.co.jp/xoops/modules/chapox/content.php?lid=5