高虎楽座 (たかとららくざ:三重県津市) ~街は劇場、通りはステージ~  

藤堂高虎公の功績を再認識し津市の伝統文化の保存及び商業の振興や中心市街地の活性化を目的として「高虎楽座」を開催しています

「おこせ火山車」の引き取り手等 募集のお知らせ🚢

2018-09-11 17:21:22 | お知らせ

 毎年4月と11月に開催している高虎楽座において展示されている山車をご存知の方も多いと思います。

 展示されている山車は、「おこせ火山車」と呼ばれており、初代津藩主・藤堂高虎公をモデルとして、丸之内商店街振興組合さまが制作された武者行灯(あんどん)です。

 「おこせ火山車」は、平成10年に制作され、長年、高虎楽座や津まつりなど、さまざまなイベントで使用され親しまれてきました。

 この山車は、台座を含めた大きさが、高さ4.6m、横幅6.1m、奥行3.3mほどもあることから、かねてより、保管場所の確保など維持管理が課題となっておりましたところ、この度、「おこせ火山車」の新たな引き取り手を募集することに決められました。

 高虎楽座運営協議会としましても、日頃よりお世話になっている丸之内商店街振興組合さまの力になれるよう、微力ながら本HPで広く周知させていただきます。

 おこせ火山車の引き取りはもちろん、保管場所や維持費にかかるご協賛など、幅広く募集されておりますので、少しでもお力添えいただける方は、下記までご連絡ください。

 丸之内商店街振興組合 担当:岡本 電話番号224-4955

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 第54回高虎楽座ポスター完... | トップ | 第54回高虎楽座のチラシが... »
最近の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事