高住神社公式ブログ

英彦山豊前坊高住神社の公式ブログです。

12月31日(水)の様子

2014年12月31日 19時44分26秒 | 日別天気・交通情報

本日の高住神社の状況です。

◆曇りときどき霰、雷

◆0℃

 

今年も最後になりました。

一年を振り返ってみると、添田町の歴史的風致維持向上計画に神幸祭と秋の護摩焚きが選定されるなど、英彦山がより広く詳しく周知される足がかりができた年でした。

これを将来にどう繋げるかは今後の課題ですが、観光産業に活かすための方法を官公民共に考えていかなくてはいけませんね。

 

さて、予報では積雪警報が出ていますが、今のところ風も止み雪の降りそうな気配もなし。

初めて雪のない正月を迎えられそうな気がします。

けれど、雪の正月こそ英彦山らしい姿と思う自分もいて、雪道は大変だったけれどここに参らな正月を迎えた気がせん、と見知らぬ人同士が焚き火にあたりながら笑顔で交わす会話が好きだったり。

この人里離れた山奥を目指してきた目的、それが通じ合えるからこそ自然と会話が生まれるわけで。

まちの神社のような賑わいこそありませんが、ここにはここの良さがあり、それを知る人が集まってくる。

それだけで十分な気がします。

 

年が新まるまでのちょっと一息。

今年はブログをさぼりまくったなーと反省しつつ、年の瀬に思うことをつらつらと。

このブログを読んでくださっている皆様がたにとって来年も幸多き年でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

12月24日(水)の様子

2014年12月24日 09時37分34秒 | 日別天気・交通情報

本日の高住神社の状況です。

◆曇り

◆2℃

◆積雪量5~10cm(路面状況 若干の雪融け、すべりやすい箇所多数)

 

 

少し気温が上がったせいで雪が融けているため、ヌルヌルとすべりやすい箇所があります。

朝夕の冷え込みでこれが凍結すればアイスバーンになるでしょう。

野営場~青年の家区間のゆるやかな傾斜の直線、青年の家~豊前坊区間のカーブ地点では、スリップ脱輪事故が数件起きています。

標高が上がるにつれ気温が低くなり凍結が起こりやすいため、離合箇所でチェーン装着するなど早めの対応を心掛けてください。

 

さて、

コメント

12月14日(日)の様子

2014年12月14日 09時23分35秒 | 日別天気・交通情報
本日の高住神社の状況です。
◆曇りときおり晴れ間
◆-4℃

予想以上に雪が降りました。
この時期にしては、なのですが、石灯籠に積もった雪から降雪量が伝わるでしょうか。


でも、この程度ならほんの序の口。
これから寒さが本格的になるにつれ、完全なる雪山となるのが楽しみだったり不安だったり。


降れば止み、晴れて溶ければまた冷えて。
その日その日で変わる天候の下で暮らしながら、少しずつ冬への心構えを固めてゆく…

はらはらと降る雪を見上げているときに、ホゥ、と空に消えゆく自分の白い息に気づいたときに、そんなことを考えてしまいました。

今年も残すところあと半月。
まだ実感の湧かない正月のために準備を進めてゆきましょうかね。
コメント

12月12日(金)の様子

2014年12月12日 12時59分47秒 | 日別天気・交通情報

本日の高住神社の状況です。

◆曇りときどきぱらつく雪

◆0℃

 

寒い日が続きますね。

2日頃から降り出した雪ですが、昨日の雨でいったん溶けました。

凍結箇所でスリップして脱輪した車がいたりと、すでに事故車が出ています。

その日ごとに状況が変わりますのでご注意ください。

 

さて、今日は門松取りつけをしました。

 数年前から鳥居にくくりつけるようにしています。

昔は社殿そばにしていましたが、雪に埋もれて3月にならないと解体できないものですから(笑)

それと下のほうが皆さんに見てもらえるので評判は上々です。

 

毎月参拝に来てくださる方が、竹を切って鉋がけして、飾りつけしてくれて・・・

竹や松を探しに奔走していたので一式揃えて作ってきてくださると非常に助かります。

 

これから本格的な雪が来る前にと取り急ぎでしたが、立派なものができて安心しました。

コメント

12月11日(木)の様子

2014年12月11日 19時44分35秒 | 日別天気・交通情報

今日の高住神社の状況です。

◆雨

◆+3℃

 

気温が上がり、雨となったので雪がほとんど溶けました。

夕方にはすっかりこの通り。

雨が降るなら雪が溶けるだろうと、わざわざ雨天をねらってお正月のお札を受けに来られた方も。

今の状態が続くならノーマルタイヤでも来られそうです。

しかし不安定な天気なので、心配な方は神社にお問い合わせください。

 

 

 

コメント