高住神社公式ブログ

英彦山豊前坊高住神社の公式ブログです。

4月30日(火)の様子

2014年04月30日 15時35分00秒 | 日別天気・交通情報

本日の高住神社の状況です。

◆曇りのち雨

◆10℃くらいだったはず

 

帰りみち、帰路をかえて別所河内から帰ってみました。

河内の名のように小さな沢が流れた谷間の集落。

高低差のある土地を利用して棚田が作られていているのですが、他所より早く水がはられていました。

Imgp5314

水面に映る山の景色。

雨上がりの空を写しています。

 

Imgp5317

風のない水面を揺らすあめんぼ。

水がはられると何処からともなく現れる不思議さ。

こうした原風景をみると、なんだか安心するものです。

郷愁を誘うような懐かしさ・・・。 

 

見上げれば見事な山藤が。

Imgp53121

雨を浴びて一層色濃く目に映る花。

初夏の彩りに心惹かれる一日でした。

コメント

4月27日(日)の様子

2014年04月27日 12時17分00秒 | 日別天気・交通情報

本日の高住神社の状況です。

◆晴れ

◆10℃~

 

新緑の綺麗な季節。朝から登山者が多いこと。

ブナの植樹のために、苗と保護用支柱・ネットを担いだ団体が登っていきました。

yamahikoさんもいらっしゃったので詳しいことは『英彦山からの便り』をどうぞ。

 

さて話はかわりますが、ちょっと打ち合わせのために青年の家まで行ってきました。

すると玄関先にこんなものが。

Img_2820

英彦山の立体模型です。

青年の家の先生が作られたそうで、等高線にそってダンボールを重ね、なだらかな斜面は紙ねんどで肉づけしたとか。

赤&オレンジの毛糸は登山道。分岐点・主要スポットにはマップピンがささっています。

 

Img_2822

麻ロープは奉幣殿~中岳山頂上宮社コースでしょうか。

山の木々や岩肌の風合いが再現されてますねー。

 

Img_2823

ミニチュアのバイクの横にはカーブ番号まで。

赤いのはフェラーリでしょうか?手が凝ってます(笑)

こうして立体図で全容を見ると、登山するにもイメージがわいていいですね。

 

英彦山青年の家では、5月24日()~25日(にかけて「英彦山新緑トレッキング」が開催されます。

24日は山開き前夜祭イベントが、25日は初心者から上級者向けまで全4コースに分かれてのトレッキングがあります。

24日から宿泊となりますが、25日のみ参加も可能。

高校生以下の参加は必ず保護者同伴となります。

現在申し込み受付中。

私も誘われましたが、土日のため参加できず残念・・・

申し込みについては英彦山青年の家にお問い合わせください

◆英彦山青年の家 : 0947-85-0101

 ホームページはこちら(内容のダウンロードができます)

 http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/hikosan/jigyou/jigyou.html

コメント

4月26日(土)の様子

2014年04月26日 12時06分00秒 | 日別天気・交通情報

本日の高住神社の状況です。

◆晴れ

◆~16℃

 

杉の落ち葉のあいだからニョッキリ何かが飛び出してます。

ヘビのしっぽのような・・・

Imgp5307

どうやらマムシグサのさや?のようです。

笹のタケノコのようにすくっと伸びてから葉を広げてゆくようです。

 

Imgp5308

こちらはまむしの兄弟。

昭和の任侠映画のタイトルでこんなのありましたねえ。

写真撮影するときは踏みつけないようにどうぞ。

コメント (2)

4月22日(火)の様子

2014年04月22日 15時13分00秒 | 日別天気・交通情報

本日の高住神社の状況です。

◆曇り

◆12℃

 

帰り道、シャガが咲いていました。

アヤメ科の小さな花。

胡蝶花との別名がありますが、蝶の群れが集まっているようにも。

Imgp5287

山林の木陰や石垣の脇で見かけることが多い花ですが、これほど群生していると圧巻。

花言葉は「反抗」「抵抗」「決心」「私を認めて」「友人が多い」と、まあ、何といったらよいものか、返答に困る花言葉ですね・・・(笑)

しっくりくるのは“友人が多い”という点だけでしょうか(笑)

 

Imgp5290

大きな花弁をもつアヤメやカキツバタほどの存在感はないかも知れませんが、私を認めてと今見事に咲き誇っています。

路傍の花にも注目してみてください。

コメント

4月21日(月)の様子

2014年04月21日 14時27分00秒 | 日別天気・交通情報

本日の高住神社の状況です。

◆曇り・霧

◆12℃

 

霧が深い日。

視界が塞がるほど濃い霧が立ち込めています。

参拝者に道はどうでしたか?と尋ねると、麓は良かったのにこんなになっているなんてね~と。

実際に目の当たりにしないことには想像つかないでしょう。

こんな視界の悪い日は鹿が飛び出してくるので注意してくださいね、と言うと、驚きながらも遭えるかも!?と期待半分。

 

仕事を終えて下山してみると、たしかに良い天気。

これは私も見てみないと信じられなかったですねえ。

山には薄紫色の花が。

Imgp5283

ヤマフジがちょうど見頃。

ブドウのように垂れ下がった花がきれいでした。

 

Imgp5282

庭先で手入れされて育てられているフジもきれいですが、自然の花のほうがのびのびとしていいものです。

コメント