社会人コーチ

コーチ&スーパーバイザーが
自分の人生について考え、
人との対話で扱ったことを考え
より多くの人に伝えるブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天風師の教えを離れて

2018-03-13 23:42:59 | Weblog
天風師の教えを学んでいる最中なのですが
ちょっと休みにして
読書の話をしますね。

2月末から何と立て続けに
3つの小説を読む羽目になっちゃったのです。
それがすごくて
紹介したいのです。

1冊目。
「銀河鉄道の父」
宮沢賢治のお父さんの視点でつづった
宮沢賢治の生涯

父親って?
子供って?
しみじみと考えました。
良い小説です
賞をたくさんもらってうれしい。

2冊目
「神様から一言」
荻原 浩著のユームア小説
熱血漢サラリーマンの活躍物語
60年前、日活の映画みたいです。
そんなの知らない?
そりゃそうだよね。

3冊目
「羊と鋼の森」宮下奈都著
善いは羊という字から生まれている
美しいは羊という字から生まれている
どう思いますか?
ピアノの調律師になった青年の話
美しい小説です。
美しいということがこんなにも持続して
物語を綴ることができる、読むことができる
感動しました。

純文学って「銀河鉄道の父」や
「羊と鋼の森」をいうのかなあ
深い感動を味わいました。

読書の醍醐味
これがそうなのかなと思います。

次回は再び天風師に学びましょう。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 天風師に学ぶ(11) | トップ | 天風師の教え(12) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事