ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

2009-07-03 06:24:18 | Weblog
                      「ダンサー・イン・ザ・ダーク」

DVDを借りて、久しぶりにこの映画を観てみた。

冷静に見ると、この作品の評価は二極化するであろうことが解る。

ネタバレになってしまうが、

やはりラストシーンの賛否ではないかと思う。

私はこの映画が好きである。主人公セルマ(ビョーク)の息子へのひたむきな愛がストーリーに一貫して流れている。

また、セルマを魅了して止まない音楽とダンスの数々が、物語りにふんだんにちりばめられている。

セルマは歌う。セルマは踊る。仕事や日々の雑事をその瞬間だけ忘れることができるのだ。

セルマは遺伝的な目の病気を持っている。プレス工場で働いているが、ぼうっとしか見えていない・・・。

その視力も、あと1年はもたない・・。そうなるまえにお金を貯めて、同じ目の病気を持つ息子・ジーンに手術を受けさせなければ・・・。


この映画はどうやら「悲劇」にカテゴライズされているらしい。

しかしこの作品を観終わると、えもいわれぬ優しい気持ちになるのは何故だろうか。

それには色々な要素があると思うのだが、
なにをおいても、セルマを演じるビョークの圧倒的な“生命力”と“無為自然な愛情表現”に尽きると言っても過言ではない。

“どんな名演出も、一人のはまり役にはかなわない”とよく言われるが、
この作品の「ビョーク」がまさにそれなのである!

彼女以外で“セルマ”をここまで演じられる女優がいるとは思えないほどの“当り役”なのである。

ストーリーを観ていくうちに、「この子(ビョーク)は、演技じゃないんじゃないか・・・!?」と、思ってしまうほど、ビョーク=セルマに限りなく近く見えてくるからすごい。


チェコからの移民であるセルマを優しく包む人々の描き方も、監督の視線は温かい。
セルマを陰になり、日向になり支えてくれる職場の同僚、キャシーを、なんとカトリーヌ・ドヌーブが演じている。


後半、ストーリーがやや重くなってくるが、セルマの笑顔と、随所に挿まれる“ミュージカル”によって、決してどん底まで行かない。

ラストは衝撃的だが、最後の最後までセルマは自らの身を挺して息子・ジーンのために自分の道を選ぶのである。


監督は「奇跡の海」のラース・フォン・トリアー。

本作はカンヌ映画祭で、パルム・ドール(最優秀作品)を受賞し、主演のビョークは主演女優賞を受賞しました。

時にむしょうに観たくなる。そんな映画です。





『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「俺たちに明日はないッス」 | トップ | まきちゃんぐDUOえーす with ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メリクリです~♪ (くう)
2009-12-25 20:46:07
>この作品を観終わると、えもいわれぬ優しい気持ちになる

そっか~。。。
私はやっぱりこの映画は悲劇としてしか捉えられませんでした。
ラストシーンは、ただただ衝撃で呆然としたもんです。
涙も出ないって、こういう事を言うんだなぁ。。。
と思ったことを覚えてます。
見ていて、自分自身が死刑になっちゃったような気がしたのね。

でも、ひきばっちさんがそんな風に感じるって事は、
そういう部分もあるのかも。

でもね、あんな感想でも、この映画の凄いエネルギーは、
物凄く印象的なんですよ。
だから好きかどうかはともかくとして、私も
何度も見直したい映画なのです。
くうさん おはようございます♪ (ひきばっち)
2009-12-28 08:54:10
レス遅くなって、大変失礼いたしましたm(__)m

私は音楽やってるくせに、ビョークの歌声をまともに聴いたのはこの映画が初めてでした。

そのパワフルで情熱的な歌声に魅了されました。
歌っている曲はミュージカルの曲ですが、彼女の歌声はまさに“ソウル”でした。

記事にも書きましたが、その歌声は“生命力”に溢れていました。

くうさんが感じた“凄いエネルギー”の一つはこの“生命力”なのではないでしょうか・・。

余談ですが、私が本作を観たきっかけなのですが、この映画が公開された年の年末に、ダウンタウンの松本さんが何かの雑誌で、“今年観た映画の自分的ランキング・・”とかなんとかいう特集で、「ライフ・イズ・ビューティフル」と「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を1位に揚げていまして・・。
その記事に興味をそそられて、本作を観た次第であります。

私的には「ライフ・イズ~」よりも本作の方が好きですね~・・。

余談で失礼いたしましたm(__)m。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

【ダンサー・イン・ザ・ダーク】悲しみと怒り (映画@見取り八段)
ダンサー・イン・ザ・ダーク ~DANCER IN THE DARK~ 監督: ラース・フォン・トリアー 出演:  ビョーク、カトリーヌ・ドヌーヴ、ピーター・...