ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「2012」

2009-12-13 18:12:32 | Weblog
                               「2012」
ユナイテッドシネマ豊島園にて。
監督・ローランド・エメリッヒ

はっきり言って、面白い(笑)!!

こんなにVFXがしっかりしているとは思わなかった!

いつもながら、期待してなかった(なんなんだオレは(笑))。

この手の作品は、VFXがしっかりしているかどうかで決まると言っても過言ではないだろう。
これでもか!!と襲い来る天変地異に、呆然としてしまった・・。

ジョン・キューザック演じる主人公と、その元奥さん、子供たちのエピソードは、必要最小限に押さえられていて、あまりジメジメしていないのがいい。
結構笑えるところもある。

政府側の首脳の一人を演じたオリヴァー・プラットや、乗船券を振りかざすロシア系富豪を演じたズラッコ・ブリッチなど、アクの強い連中がストーリーに絡んでイイ感じである。

しかしこのVFXは圧巻だった。

VFXは“Visual Effects”の略語であり、「視覚効果」と呼ばれる。
“V”はいいとして、“FX”は・・?
“FX”は、“Effects”の発音がそう聞こえるから、そう略されたのだそうだ。

VFXが撮影後に加えられる効果であるのに対し、撮影現場で加えられる効果をSFX(Special Effects)と呼ぶ。
CG(Computer Graphics)は文字どおりコンピューターを使ったVFXである。
え、?違う?・・(汗)
違ってたらコメください・・m(__)m。

なにはともあれ、「2012」は是非映画館で観るべし!!

一見の価値有りでございますぞ(^^♪!!


ひきばっち的満足度★★★★











コメント (8)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
« 「泣きながら生きて」 | トップ | 「キャピタリズム~マネーは... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~ (KLY)
2009-12-13 22:38:26
えらく気に入られたようで何よりです。^^
実は私も記事を書いている時は気がつかなかったんですが、無理してでも船に乗せて、そのためにピンチになるけど乗り切ってメデタシメデタシ…みたいな雰囲気になってるじゃないですか。私も流されてたんです。他のブロガーさんに指摘されて気付いたんですが、あそこにいた人たちって実は全員10ユーロ払ったひとたちなんですよね。つまり一般ピーポーは全滅してるという…(苦笑)
見終わって大分経ってから「おい、それでいいのか?」と突っ込みいれてる自分がいました。(笑)
こんばんは~☆彡 (ひろちゃん)
2009-12-14 01:28:43
おっ!大絶賛ですね^^
私は試写会だったのですが、この作品は
シネコンとか大きなスクリーンで観たかった
なあと思った作品でした。
まあ、試写会のスクリーンでも、映像は見応え
ありましたが(^_-)-☆

笑えるところもあったりストーリーもあったのですが、自分にとっては、理不尽さを感じた
ストーリーとなってしまいましたσ(^◇^;)

ただ、観るなら、映画館で絶対に観るべき
映画だと私も思いました^^
KLYさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-12-14 12:07:07
25年見なかったVFX(昔はこんな略語なかったっすよね!)が、進化をとげていました・・!

>つまり一般ピーポーは全滅してるという

そうなんですよね(苦笑)
政府上層部と、ごく一部の富裕層だけが箱舟に乗れたんですよ・・(T_T)/~~。

船の中でチューしとる場合じゃないやろっ!!と思わず突っ込みたくなりましたよ(笑)
ひろちゃんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-12-14 12:48:16
そうなんですよ~悔しいことにスクリーンに釘付けになっている自分に気がつきましたよ~(笑)
学生の頃(25年くらい前)に観たこの種の映画があまりにもチャチで、それで「ディザスタームービー・アレルギー」になってしまって、25
年間この種の映画はほとんど観なかったのです。

今回、ブログに書こうと思って、全く期待しないどころか、「観るのやだな~」などと思って劇場へいったら、
「四半世紀の間にVFXがとてつもない進化を遂げていた」ことにビックリ仰天(゜o゜)・・・!
肝心のストーリーを置き去りに、天変地異を満喫(笑)してしまいまひた・・。

観終わって暫くしてから「あれ?ということは一般人は全部死んじゃったんだ・・」
というとんでもないオチに気が付いたのでした・・。理不尽ですよね~(苦笑)!!

こんばんは!! (くろねこ)
2009-12-15 23:16:31
CGとかVFXの違いも。
主人公がなぜこんなに助かりたいのかもわかりませんでしたが(笑)
私もこのすっごい映像に引き込まれました~!
タダであの船にのった彼らと高額な金を払った彼らの間に・・。何も諍いが起こらないことを祈りたいです。(そんな話じゃないですね:笑)
映画館で見るべし (くう)
2009-12-16 04:27:44
これは面白かったですね~!
私なんか、ずっとお口あんぐりな状態で見てましたよ~(^▽^;
これを家のテレビの小さい画面で見てたら
迫力も何もないですよね。
これこそスクリーンで観るべき映画ですわ♪

ま。。。こんな事になったら、私は生き残ろうと
足掻く事はないと思います。
10万ユーロ払えない人たちと共に海に沈みますわ^^;
くろねこさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-12-16 15:27:37
いや~、すんごかったですねぇ~!!

>主人公がなぜこんなに助かりたいのかもわかりませんでしたが(笑)

そうですな~、オレも助かりたいかも
(笑)!!

ストーリーとしては脆弱な点が多々ありましたが、迫力の映像が全て補って余りある作品でした!
「ノウイング」とか「デイ・アフター・トゥモロー」を未見だったので、よけいびっくりしたのかも・・でした(^^♪!!





くうさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-12-16 15:43:55
TB&コメ有難うございます。
期待していなかっただけに、面白かったっす(^^♪!

>ずっとお口あんぐりな状態で見てましたよ

私も、茫然自失・・開いた口がふさがらないとは、まさにこれのことでした。

出来れば、劇場で観たい映画ですよねー・・!

音響も、最近の映画館はド迫力ですからね!

>10万ユーロ払えない人たちと共に海に沈みますわ

う~~~む・・・私は小心者だから、今から「喜望峰」に行って居ようかな(笑)!









コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

30 トラックバック

2012 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる─。』  コチラの「2012」は、「パトリオット」、「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が、ジョン・キューザックを主演に迎え、エメリッヒ監督の本領発揮とも言える11/21公開のディザスター・ムービーなので...
「2012」みた。 (たいむのひとりごと)
これぞ、九死に一生[E:sign03] スペシャル決定版 [E:impact]これでもかこれでもかと襲ってくる脅威。良くぞ回避できたものだとその都度笑ってしまうのだけど、それも醍醐味のひとつ。そこにお
2012 (LOVE Cinemas 調布)
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン・ギャングスター』のキウェテル・イジョフォーらが出演...
『2012』・・・襲い掛かる国威の象徴 (SOARのパストラーレ♪)
地球滅亡を描く作品のアイデアの限界を感じた。ディザスターの名手エメリッヒ監督といえど、さすがにもうネタ切れなのかもしれない。中味は薄っぺらで延々ひたすら映像勝負の2時間38分。後半は正直キツかった(汗)
「2012」 良くも悪くもエメリッヒ (はらやんの映画徒然草)
宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球
2012/ 2012 (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0220/}楽しめた方、エメリッヒファンの方は読まないで下さい{/m_0220/} ローランド・エメリッヒ監督といえばパニックもののCG大作を得意とする{/m_0151/} わたし、同じくエメリッヒの「デイ・アフタートゥモロー」駄目だったし、前作「紀元前1万年」もダメ、 関係ナ...
2012 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索する...
★2012(2009)★ (CinemaCollection)
20122012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。メディア映画上映時間158分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/11/21ジャンルパニック/サスペンス映倫G【解説】「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年...
2012 (2009) (銅版画制作の日々)
2012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。 パニックサスペンス?う~ん確かに大スケール映像。。。。バリバリと大きな亀裂が入りあちらこちらでとてつもない大地震!地面が盛り上がる!!建物はなぎ倒され、人々は下敷きとなり・・・・・。わわわわ~~~~!...
[映画『2012』を観た(幼女万歳!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ちょい、いいエメリッヒ」であったね。  『紀元前1万年』は、...
2012 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:2012公開:2009/11/21製作国:アメリカ上映時間:158分鑑賞日:2009/11/20監督:ローランド・エメリッヒ出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハ...
映画「2012」 (FREE TIME)
映画「2012」を鑑賞しました。
『2012』 (だらだら無気力ブログ)
『インデペンデンス・デイ』や『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ 監督が「これ以上の映画は作れない」と公言したディザスター・ムービー。 2012年の12月21日に地球が滅亡するというマヤ文明の暦の終末説を題材に 世界中で発生する天変地異に人類がなすすべもな...
映画 2012 (フクロウと大理石)
 この映画を二言でいうと、豪華絢爛、一大スペクタクル。  2012年に地球が滅亡するというマヤの伝説。その兆候を数年前に捕らえた各国政府は秘密裏に対策を講じはじめる。そして伝説が現実になり、という映画。  やはり大災害を描いたデイ・アフター・トゥモロー...
2012 (迷宮映画館)
映像を堪能しましょう。
2012 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
パブリック・エネミーズ目当てに劇場へ行き,空いた時間にもう一本観たのがこれ。時間の関係で吹き替え版を。エメリッヒ監督のディザスター・ムービー集大成なら,できれば劇場の大スクリーンで観るに限るから。まあ,いつものことでこの監督には映像以外はそんなに求めて...
★「2012」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、 お金かかってそーーーだよねーーー。
【2012】モナリザは逃がしても人間は逃がさない (映画@見取り八段)
2012~2012~ 監督: ローランド・エメリッヒ    出演: ジョン・キューザック、エイドリアン・ヘルムズリー、アマンダ・ピート 公...
12/6(日)2012 (Soft★Girl)
2012 2012 見た~ やっと見れた♪ これこわいΣ(´д`;) 感動もするけど、同時に2012年が怖くなる… 誰といて、何をしてるんだろ~とか想像したり どんどん壊れていくシーンがすごぃ迫力ある 性格悪ぃ人の 最後に見せた火事場の馬鹿力っていうか...
2012 (りらの感想日記♪)
【2012】 ★★★★ 映画(34)ストーリー ロサンゼルスでリムジン運転手をしている売れない作家ジャクソン(ジョン・キューザック)は、別れ
2012 地球ボコボコ (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯は、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて店構えが何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰は強く味はしっかりめな麺、薄くスライスしたあっさり味コ...
2012 (Thanksgiving Day)
映画「2012」を観てきました!! 駅でかなり大きく、ちょっと怖いポスターを見かけてから、ずっと気になってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しん...
『2012』 (ナナシ的エンタメすたいるNetプラス)
wmc市川妙典にて先月公開された『2012』を観てきました。『インデペンデンス・デイ』や』『デイ・アフター・トゥモロー』を手掛けたローランド・エメリッヒ監督が送るパニック映画。今...
2012、驚愕!怒濤のVFX (オヤジの映画の見方)
驚愕のVFX。実に細かいところまで表現されている。これは日本人VFXクリエーター坂口亮氏の感性が影響しているのだろう。イエローストーンの噴火シーンは破片の飛び散る様まで実に良く表現されていた。
マヤの予言 (美容師は見た…)
神秘的ですね。私はこういうお話(神話なども)好きなので、突っ込みたくない派です。そこから、映画『2012』が生まれたのも運命だと思えるほどですもん。。。何と言ってもまず、あの迫力は圧巻でしたわ~。地球が崩壊し始めてからは、もう力が入りっ放しのドキドキの展開...
『2012』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
公開直後にずっと観たいと思っていたんだけれど、一緒に観ようと思っていた友達との都合が全然つかなくて観ないままに年越し。 さすがに上映終わっちゃうだろうってことで、やっとのことで観てきましたー。 新宿ミラノ2での観賞~。 ******************** 『デイ...
「2012」神も仏もない (ノルウェー暮らし・イン・London)
2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外...
2012 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:2012) 【2009年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) "2012年12月21日に地球滅亡が訪れる"というマヤ文明の暦をヒントに、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に、人類が為す術なく襲われていく様を描いたパニック・アクション映画。 2009年。地...
mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリ...
【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休も最後の日になっちゃいました{/ase/}… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど{/face_ase1/} まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9月18日(土曜日){/kaeru_fine/}…この日は朝から嫁さんと特に目的は無く(強いて言えば...