ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「パンドラの匣」

2009-10-31 01:14:53 | Weblog
                             「パンドラの匣」

「ヴィヨンの妻・・」に続き、太宰治原作であります。

監督・脚本は「パビリオン山椒魚」の冨永昌敬。

主人公ひばり役には、染谷将太が抜擢されました・・!

そしてもう一人の主人公、竹さんには、芥川賞作家の川上未映子がキャスティングされました・・・びっくり・・・。

この映画の舞台となる結核療養所「健康道場」の元気でキュートな看護婦、マア坊役には、仲里依紗!

病気が完治して、家に戻るが、ひばりと頻繁に手紙をやりとりして、竹さんに惚れてしまう“つくし”役には窪塚洋介です。

「健康道場」での治療の日々を、患者(男性)と、看護婦(女性)という視点から描いた、ある意味でのプラトニックな“恋愛”映画なのだと思いますね・・。

しかし正直言って、川上未映子さんの起用はどうなのかと思いますね。
話題性先行という感が否めません。
もっとほかに、竹さんを演じられるプロの女優さんがいると思うんですが・・。

いきおい、この映画を最後まで引っ張っていったのは、仲里依紗さんの魅力であると思います。

仲さん演じるマア坊と、ひばりとのやりとりが、この作品の骨格を成しているのだと思いますな。

映画としては、結構好きなタイプの作品でした・・。

ひきばっち的満足度★★★☆

今回より「ひきばっち的満足度」を★で表してみようと思います。五つ星が満点ということで、☆は★の半分です・・。




コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 「ホースメン」 | トップ | 「わたし出すわ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

パンドラの匣 (LOVE Cinemas 調布)
太宰治の生誕100周年で公開される作品群の1つ。同じ太宰原作の『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』と同日公開。主演は『フレフレ少女』の染谷将太。共演に『乳と卵』で芥川賞を受賞した作家の川上未映子が出演して話題を呼んでいる。他に仲里依紗、窪塚洋介といった全...
パンドラの匣 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。太宰治原作、冨永昌敬監督、染谷将太、川上未映子、仲里依紗、窪塚洋介、ふかわりょう、小田豊、杉山彦々、KIKI、洞口依子、ミッキー・カーチス。終戦直後、世の中の大変動から隔離された結核療養施設は終戦後も一貫して不思議な戦中的平和が保たれていた。
パンドラの匣 (シネマDVD・映画情報館)
生誕100年を迎えて相次ぐ映像化に湧く太宰治の小説群。『パビリオン山椒魚』で長編デビューを飾り、独自の作風を見せつけた冨永昌敬監督が選んだのは、あらゆる不幸が世界に蔓延しても、たったひとつの小さな希望の石ころが残るというギリシャ神話に言及し、絶望的な状況...
映画「パンドラの匣」感想 (日々是雑感ブログ)
 太宰治の同名の小説を映画化した「パンドラの匣」(富永昌敬監督)を観ました。その感想です。ラストまでネタバレしているので注意。
パンドラの匣 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
全編にレトロ・モダンな雰囲気が漂う、異色の青春映画にして文芸映画だ。終戦を迎えた年、結核を患う少年・利助は、風変わりな療養施設・健康道場に入る。患者や看護婦を互いにあだ名で呼び合うその場所で彼は“ひばり”と呼ばれ、看護婦の竹さんやマア坊、同じ...
映画『パンドラの匣 (単館系)
太宰治原作の映画化。 当時の青春ってこんな感じなのかなぁ? 自分にはちょっと合わなかったです。 結核ってこういう風に治療したんですね...
【映画】パンドラの匣(はこ) (しづのをだまき)
2009 日本 原作 太宰治
『パンドラの匣』'09・日 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
川上未映子の本は読んだ事はないけど彼女の顔は、結構好きだったので贔屓目も否定でき