ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「戦場でワルツを」

2009-12-28 14:41:20 | Weblog
                            「戦場でワルツを」
シネ・スイッチ銀座にて。
監督・脚本・音楽 アリ・フォルマン

イスラエルの映画監督アリ・フォルマンが“アニメーション”で自らのレバノン戦争従軍の記憶を追う、異色のドキュメンタリー映画です。

私はいつものクセで、事前知識ほとんどナシで映画を観始めました。
これが裏目に出た!
主人公たちが話している“戦争”が、いつの、どんな戦争についてなのか判らない
ので、話が理解出来なくなってしまったのです(T_T)。

この映画に関しては、観る前に、イスラエルという国と、それに対してパレスチナ難民について、さらには“サブラ・シャティーラの虐殺”についてある程度(本当は詳しく知っている方がよいにきまっているのですが)知っておいた方がイイと思います!

この映画は、フォルマン監督自身が「自分はレバノン戦争に従軍したはずなのに、その記憶がほとんどなくなっている」ことに気付き、セラピストや当時の戦友たちに話を聞いていくうちに、徐々に記憶が戻ってきて・・・という感じの、“ドキュメンタリー”に、戦争当時の記憶の“映像”を加えて、それらを元に“アニメーション”という手法でフィルムに収めた作品です。

私もストーリー中頃でようやく「主人公(監督)はイスラエル軍の兵士として反イスラエルのゲリラや、レバノンとの戦争に従軍したと・・・」
「そして、どうやら、イスラエル軍がパレスチナ難民を包囲して、その中で虐殺があった・・」
と、恥ずかしながらやっとストーリーが見えて来た次第でした。

鑑賞後に調べて解ったのですが、
この映画で語られる「虐殺」とは、1982年9月16日から18日にかけてイスラエル軍包囲の元、レバノンのキリスト教マロン派“ファランヘ党”によって行われた
「パレスチナ難民大量虐殺」または地名から「サブラ・シャティーラの大量虐殺事件」と呼ばれる世界的に悪名高い事件なのですな。

レバノンの首都、ベイルート郊外で起きたこの虐殺で犠牲者は1000人とも3000人ともいわれておるそうです。

その引き金となったのが“親イスラエル”のレバノン大統領、バシール・ジェマイエル氏の暗殺です。
この映画の英語題「Waltz With Bashir」のBashir氏ですな。
題名の所以は映画を観ていただければ解ります・・。

観終わって・・大変重い気分になりましたな・・。
しかし、そんなエンディングにせざるを得ない現実が今でもあるよと、フォルマン監督の強い反戦のメッセージがこもった一作でした。

P.S.色々もっと、勉強いたしますm(__)m。


ひきばっち的満足度★★★☆










コメント (8)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 「3時10分、決断のとき」 | トップ | 「THE 4TH KIND フォース・カ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は☆彡 (mezzotint)
2009-12-30 00:19:23
ひきぱっちさん
TB&コメントありがとうございました!
映画を通じて知ることって多いですよね。
今回もまったく皆無でした。正直暗くて
抑揚がないアニメなので睡魔に襲われて
しまいました(汗)
リベンジして観たいとは思いませんがね。
心の傷。 (BC)
2009-12-30 00:21:50
ひきばっちさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

中東情勢に関する予備知識を持って観たほうがより深く理解できたような気もするけど、
この作品のテーマは戦場で受けた心の傷(トラウマ)との対峙のような気もしましたよ。
実際 (KLY)
2009-12-30 02:13:24
私もこの手の映画をみると映画であるというより、凄く勉強になっていたりします。同時に自分の知識の無さを反省する次第です。
中東情勢は単純に片側からの見方では成立しないものですから、確かに監督の描きたかった虐殺は惨いものの、その裏にある理由だとか情勢を知らないと、単に「酷いことだ!」で終わってしまうんだと思うんですよね。
まだまだ勉強がたりません。^^;
mezzotintさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-12-30 11:25:12
>映画を通じて知ることって多いですよね

そうなんですよね~。本当に多いんですよ・・。
私は日常、TVをほとんど見ないせいもあって、国際情勢や政治はもとより、タレントさんの顔も知らない(笑)という体たらくなんですよ~。
やはり、地球に住む人間として、
もうすこし勉強します!
BCさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-12-30 11:39:29
>この作品のテーマは戦場で受けた心の傷(トラウマ)との対峙

なるほど~。そういう見方もできますね~。
本当の戦場へ行った兵士は、相当な心的外傷を
受けて帰還してくるらしいですものね・・。
ベトナム戦争の帰還兵に多く見られ、実は湾岸戦争の帰還兵にも心的外傷は多く見られていることが報じられていますので、どこの戦場でも起こりうることなのでしょうね・・。
KLYさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2009-12-30 11:50:20
>中東情勢は単純に片側からの見方では成立しないものですから

そうなんですよね~。
中東の紛争を本気で理解しようと思ったら、
その人の人生を賭ける位の覚悟が必要かも
しれませんね。
最終的にはその人の判断になるのでしょう
けれど・・。
私もこういう映画を見ると、自分の無知さ加減に忸怩たる念を禁じ得ません・・。
こんにちは。 (かのん)
2010-05-22 09:45:46
この作品は政治的な意味合いよりも戦争体験者による記憶のなかの戦争を当時の精神状況を通して描くところがポイントなのかなと感じました。

でも映画から重要な史実を教わることって多いですよね。私がすぐに思い浮かぶものとしては『ホテル・ルワンダ』ですね。衝撃的でした。
かのんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-05-23 04:10:24
>戦争体験者による記憶のなかの戦争を当時の精神状況を通して描くところがポイント

なるほど。そういう解釈も出来ますね。
監督であり主人公のアリの記憶が欠落していて、徐々に当時の惨状を思い出してゆく、というストーリーの構成が、観る者により強く戦争の恐怖を感じさせるのだと思います。

>私がすぐに思い浮かぶものとしては『ホテル・ルワンダ』ですね。衝撃的でした。

その作品は未見なので、今度是非観てみようと思います!参考になりますm(__)m。

私が思い浮かぶのは、「キリング・フィールド」ですね・・。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

戦場でワルツを (LOVE Cinemas 調布)
第81回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。『おくりびと』のおかげで惜しくも受賞は逃したが、下馬評ではコチラが大本命だった作品。イスラエル人のアリ・フォルマン監督が自らの戦争体験をアニメーションで綴ったドキュメンタリーだ。旧友との再会で失っていた自...
『戦場でワルツを』(2008)/イスラエル・フランス・ドイツ (NiceOne!!)
原題:VALSIMBASHIR/WALTZWITHBASHIR監督・脚本・音楽・声の出演:アリ・フォルマン観賞劇場 : シネスイッチ銀座公式サイトはこちら。<Story>2006年のイスラエル。映画監督のアリは、友人のボアズから26匹の犬に追いかけられる悪夢の話を打ち明けられる。若い頃...
虐殺行為を告発するだけで反省の無い映画だ、戦場でワルツを (オヤジの映画の見方)
アニメーションで表現したドキュメンタリーで、実写より不気味な感じが良く出ている。しかし、この映画は単に戦争で封印した自分の記憶を蘇らせるだけに終わっている。意図的にサブラ・シャティーラの大虐殺を防がなかった反省がまるで無い。
戦場でワルツを (風に吹かれて)
消し去った記憶の真実公式サイト http://www.waltz-wo.jp/監督の実体験をアニメー
戦場でワルツを (だらだら無気力ブログ)
イスラエル人のアリ・フォルマン監督が自身が一兵士として参加した80年代の レバノン戦争の経験をもとに、戦争によって引き起こされる凄惨な現実を 描いたドキュメンタリー・アニメーション。 戦場での記憶が抜けおちている主人公が、かつての戦友たちを訪ね歩いていく ...
「戦場でワルツを」 恐怖で歪む記憶と事実 (はらやんの映画徒然草)
ドキュメンタリーでありながら、アニメーションという手法が話題になっているのが、本
戦場でワルツを(2008) (銅版画制作の日々)
 過去が、語り始めるVALS IM BASHIRWALTZ WITH BASHIR レバノ~ン♪レバノ~ン♪ この歌が印象的 これは監督自身の経験を元に製作した自伝的ドキュメンタリー。 ドキュメンタリーのアニメ化というのは珍しいですね。アリ・フォルマン監督が何故アニメにこだわったの...
『戦場でワルツを』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:イスラエル+ドイツ+フランス+アメリカ合作映画、アリ・フォルマン脚本・監督・製作。
『戦場でワルツを』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日は、ここでは珍しいアニメ。 フォーンは、ちょっといや~な予感。 だって、えいはアニメには詳しくないし、 これまでにもツッコまれて、困っているのを何度か観ているし…。 ところが、これは普通のアニメとは違うのだとか…。 いわゆるドキュ・アニメ(なんて言...
戦場でワルツを WALTZWITHBASHIR (まてぃの徒然映画+雑記)
イスラエルのレバノン侵攻を、従軍した映画監督が描く。といっても普通の映画ではなく、ほぼ全編がアニメーションで、最後にほんの、ほんのすこしだけ実写映像が入る。それはあまりに残酷だからか、実写では描写しきれないからか。アニメーションをドキュメンタリーと言っ...
戦場でワルツを (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
見終わってもずっと脳裏に焼きついて離れない衝撃作だ。2006年のイスラエル。主人公アリは、友人から毎晩凶暴な野犬に追われる悪夢に悩まされていると打ち明けられる。その夢は若い頃に従軍したレバノン侵攻の後遺症だが、アリにはなぜかその時の記憶が欠落していた。失わ...
「戦場でワルツを」 (みんなシネマいいのに!)
 ババンババンバンバン は~レバノンノ 1980年代、よくわからない遠い国の戦争
戦場でワルツを (Diarydiary! )
《戦場でワルツを》 2008年 イスラエル/フランス/ドイツ/アメリカ映画 -
戦場でワルツを (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『戦場でワルツを』  (2008) = 2006年冬、友人のボアズがアリに対して、毎夜みる悪夢に悩まされていると打ち明けた。 ボアズは、それがレバノン侵攻の後遺症だという。 しかし、アリの記憶からは、レバノンでの出来事が抜け落ちていた。 記憶から...
戦場でワルツを (迷宮映画館)
うーん、斬新だが・・・。
戦場でワルツを/アリ・フォルマン (カノンな日々)
第66回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞し2009年の第81回アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされて『おくりびと』とオスカーを競ったイスラエルのアニメーション作品です。 +++ちょいあらすじ
【映画】戦場でワルツを…この辺りの歴史を聞いても大川興業のネタぐらいしか出てこない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告。 先週は夜勤だったのですが、お仕事は暇でした…ずっと忙しめだったので少し休めて良かった感じですが。そんな暇な週なのに2011年4月16日(土曜日)は夕方からお仕事。 2011年4月17日(日曜日)は、ほとんど寝て過ごしました 最近こんな週末が多いです...
■映画『戦場でワルツを』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
2009年度の第81回アカデミー賞外国語映画賞部門で、『おくりびと』と受賞を争ったアニメーション映画『戦場でワルツを』。 一兵卒として戦争に参加していた男の、個人的な記憶をたどるドキュメンタリーです。 戦争という体験が、いかに人間の心に大きな痕跡を残すのか...