堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

証拠調べ 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 少数精鋭主義

2014-12-16 07:04:45 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 少数精鋭主義

特許法の規定により特許庁から書類の提出を命じられた者が正当な理由がないのにその命令に従わなかったときは、過料に処せられる場合がある。

これは正しいか。


証拠調べ 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 少数精鋭主義

2014-12-16 07:03:21 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 少数精鋭主義

証拠保全の手続において尋問をした証人については、当事者が口頭審理における尋問の申出をしても、審判官はこれに応じる必要はない。

これは正しいか。


証拠調べ 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 少数精鋭主義

2014-12-16 07:01:40 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 少数精鋭主義

審判長は、職権で証人尋問をしたときは、当該証拠調べの結果を当事者に通知しなければならないが、意見を申し立てる機会を与える必要はない。

これは正しいか。


証拠調べ 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 少数精鋭主義

2014-12-16 06:59:46 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 少数精鋭主義

当事者が文書提出命令に従わないときは、審判官は、当該文書の記載に関する相手方の主張を真実と認めることができる。

これは正しいか。


証拠調べ 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 少数精鋭主義

2014-12-16 06:54:49 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 少数精鋭主義

文書は、その方式及び趣旨により公務員が職務上作成したものと認めるべきときは、真正に成立した公文書とみなす。

これは正しいか。