梅之芝居日記

歌舞伎俳優の修行をはじめてから15年がたちました。
日々の舞台の記録、お芝居ばなし等、お楽しみ下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

声に出して読みたい!?『外郎売』

2006年05月07日 | 芝居
昨日は更新できず失礼いたしました。

では改めて『外郎売』から<早口弁舌>のお話。「外郎を飲めばこんなに舌が回る」ということを証明するための長口上、今でもアナウンサー、俳優の滑舌訓練にも使われるくらいなので、皆様にはお馴染みかもしれませんが、ちょっとここにご紹介いたしましょう。最初に、大薩摩節が唄い振り事になる部分もあるのですがそこは割愛、台本では丸2ページ分の長セリフとなる箇所を掲載します。

ひょっと舌が回り出すと矢も盾もたまりませぬ ソリャソリャソリャ回ってきた回ってきた 
そもそも早口の始まりは アカサタナ ハマヤラワ オコソトノ ホモヨロヲっと一寸先のお小仏におけまづきゃるな 細溝に泥鰌にょろり 今日の生鱈奈良生真魚鰹ちょいと四五貫目 来るわ来るわ何が来る 高野の山のおこけら小僧 狸百匹箸百膳天目百杯棒八百本 武具馬具武具馬具三武具馬具 合わせて武具馬具六武具馬具 菊栗菊栗三菊栗 合わせて菊栗六菊栗 あの長押の長長刀は誰が長長刀ぞ 向こうの胡麻がらは荏(え)の胡麻がらか真胡麻がらか あれこそほんの真胡麻がら がらぴいがらぴい風車 おきゃがれ小法師おきゃがれ小法師 夕べもこぼしてまたこぼした タッポタッポチリカラチリカラスッタッポ タッポタッポいっひ蛸 落ちたら煮て食うを 煮ても焼いても食われぬものは 五徳鉄弓金熊童子に石熊石持虎熊虎ぎす 中にも東寺の羅生門には茨木童子が腕ぐり五ン合掴んでおむしゃるがの 頼光(らいこう)の膝元去らず 鮒金柑椎茸定めてごだんな蕎麦切り素麺 饂飩か愚鈍なこ新発知(しはっち) こ棚のこ下のこ桶にこ味噌がこあるぞこ杓子こ持ってこすってこ寄せておっと合点だ 心得たんぼの川崎神奈川保土ヶ谷戸塚は走って行けば灸(やいと)を擦りむく 三里ばかりか藤沢平塚大いそがしや 小磯の宿(しゅく)を七つ起きして早天そうそう相州小田原透頂香(とうちんこう) 隠れござらぬ貴賤群集の花のお江戸の花外郎 アレあの花を見てお心をお和らぎやアという 産子(うぶこ)這う子に玉子まで この外郎のご評判ご存じないとは申されまいまいつぶり 角出せ棒出せぼうぼう眉に 臼杵すり鉢ばちばち桑原桑原と はめをはずして 今日おいでのいずれも様に あげねばならぬ売らねばならぬと息せきひっぱり 東方世界の薬の元締め 薬師如来も照覧あれと ホホ 敬って申す

キーボードを打つ指が吊りかけました…。いやはや、長いですね。
意味があるようでないような文章ですが、洒落や地口をふんだんに使いながら、リズムや<音>の面白さにあふれた名台詞ではございませんか? 
私も研修生の時、<発音・発声>の授業で、元NHKアナウンサーの先生のご指導でこの練習をいたしました。実際声に出して読んでみると、言いにくい箇所はそれほど多くはございませんが、『武具馬具~』や『菊栗~』、そして掲載の台詞のあとに出てくる『お茶立ちょ茶立ちょちゃっと立ちょ茶立ちょ 青竹茶筅でお茶ちゃっと立ちょ』は、いかにも早口言葉ですね。

写真は曽我十郎で使う刀の鞘の模様のアップです。昔から歌舞伎では、五郎は<揚羽蝶>、十郎は<千鳥>のデザインを衣裳なり小道具なりに使うのが通例となっておりまして、この鞘にあしらわれた蒔絵や螺鈿も千鳥の柄なんです。いわゆる<曽我もの>と呼ばれる芝居、舞踊では、たいていこの約束事が守られておりますので、チェックしてみて下さいね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 『外郎売』あれこれ | トップ | 浪花の彼らがやって来る…! »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
発声学 (さいもん)
2006-05-08 01:15:31
「~アワヤ喉、 サタラナ舌に、カ牙サ歯音、ハマの二つは唇の軽重、開合(かいごう)さわやかに~」これ、発音,発声の基本的な事柄ですね。早口と言うよりは息継ぎ,間、そう、梅之さんご指摘のととおりリズムのお勉強といったほうがいいかもしれません。ただ1つ、ハッキリ云えることは「昔の人はスゴイ」です。

因みに、ご存知かもしれませんが、小田原にいらっしゃいます、籐右衛門さん^^

一見さんは断られることもある、とか...

昨夜拝見 (梅ごよみ)
2006-05-08 11:25:57
昨夜、拝見いたしました。

「黒手組」の梅之さんの新造姿ちゃんと確認できました。ちょっとやせました?頬の辺りが締まった印象でした。

それぞれの幕、堪能致しました。



二代目?でしたかの團十郎でしたけっけ?大坂にいったとき客から半畳いれられて、逆から「外郎売」を言い立てたというのは。ただ暗記してるんじゃなくて、意味も含めて、すっかり言葉が身に付いてないと、なかなか出来ないことですね。
Unknown (くすみ)
2006-05-08 22:12:59
長いです。覚えるだけでも大変なのに・・・・。



五郎と十郎は衣装は何かの本で見て知っていましたが小道具もだとは知りませんでした。

今度から注目できます!!
『外郎売』について伺います (花外郎)
2008-03-02 14:05:39
『外郎売』について、研究と言うほどではありませんが、ちょっと調べている者です。
初めてお便りします。

色々調べていて、梅之さんのブログで歌舞伎界の方が書かれた台詞を拝見しました。
発声の教材としての『外郎売』が世の中に沢山ありますが、ちょっとずつ違う表現や解釈が見られます。

梅之さんがお書きになった台詞は現在演じられているものと考えてよろしいでしょうか。

できれば、「拙者親方と申すは」からのくだりも拝見することはできないでしょうか。このブログの続きとしてでも書いて頂けると有難いのですが。

地方におるもので、図書館通いをして文献をあたっていますがなかなか見あたりません。国会図書館にでも行けば文献があるのかも知れませんが、それもままなりません。何卒よろしくお願いいたします。

それから、「いっひ蛸」は漢字で書くとどうなりますか。

梅色のきれいな梅之さんのブログ、今後も楽しみにしております。
花外郎さま (梅之)
2008-03-03 18:43:43
はじめまして。
コメントを拝見いたしました。『外郎売』についてお調べになっているとのことですが、この記事に載せたセリフの抜粋は、平成18年5月歌舞伎座上演時の台本をもととしましたが、数カ所は実際の舞台での言い回しにあわせて改訂してあります。

「拙者親方と申すは~」のくだりもお知りになりたいとのことですが、当ブログは、私が出演しております、日々の舞台公演と平行した内容になっておりますので、これからこの<早口言葉>についての文章を書くのは、ブログの構成上ふさわしくないと考えます。

このブログの、一番最初の記事(2005年3月)に、私のメールアドレスが載っておりますので、一度こちらにご連絡下さいますでしょうか?
今回のようなご質問には、このコメント欄で応対するのは妥当でないと思いますので、よろしくご理解頂きまして、改めましてのご連絡をお待ちしております。

芝居」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事