Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

新エリア ルートが10本になりました。

2018-11-12 21:19:38 | フリークライミング

前の投稿の時には5本だったルートが10本になりました。

アプローチもかなり楽なので、行きやすい場所なのですが、まだホールドがかけたり、岩がきれいになったりしてグレードが変わる可能性もありますので、お友達から公開していきます。

追加されたルートをご紹介します。

 

1.「Woodpecker こっち」 5.11a 9m B4

 初登:チャーリー 設定:角屋

 このエリアでは最も短いルートだが、花崗岩っぽくない質感(石灰岩っぽい)と薄かぶりの縦ホールドやアンダーを駆使する瞬発系のルー    ト。核心は最後の乗越し。

 

 

2.「Woodpeckerあっち」 5.11a 10m B4

 初登:角屋 設定:角屋

 「…こっち」とほぼ同じ内容。ちょっとこの方がやさしいかな。

 

 

3.「Closing Time」 5.12a 30m B12

 初登:きのぴー 設定:角屋

 長いルートだけど、前半と「Aozora」に合流した後半はやさしい。スタートから10mほどにハング越えの小核心があり、さらに登るとフェースの縦皺とスローピーなカンテを使って登る核心が現れる。ここを越えると極端にやさしくなるので、残り10mあまりは無駄に感じるかもしれないけど、ピークにも抜けることができるので、是非最後まで登ってほしい。

下部の小核心

 

核心手前

 

「Aozora」に合流してやさしくなる。

 

4.「龍の腹の下 右」 5.10c/d 18m B4

 初登:ゆーた 設定:きのぴー

 「楽勝」に見えるルート。確かに出だしからしばらくは「楽勝」だけど、ハングを乗越した後のスラブが怖いし、意地悪な設定者がボルトを打たなかったのでランナウト。怖い。画像の左コーナーは「龍の腹の下 左」。

この辺りはまだ「楽勝」

この先が怖い。

 

5.「龍の腹の下 左」 5.10c 18m B5

 上のルートの画像の左凹角を登る。これも見た目は「楽勝」だが、登ってみると意外に悪いところもある。

 

*前回の投稿で紹介したルート。

 7.「花豆」 5.11b/c 23m B9  ちょっと変わった変態ルート。 初登:きのぴー 設定:きのぴー

 8.「クロール」 5.11b 25m B10+C2 看板ルート。楽しいからまずは登ってみて。 初登:たくろー 設定:角屋

 9.「Intense Heat」 5.12d 23m B12 これも看板ルート。もちろん核心は厳しいけれど、出だしから終了点までやさしいところはない。 初登:加藤たくま 設定:角屋

10.「玲瓏の空突きて」 5.11b 23m B2+NP クラックルート。クラックをつなげて登るルートだけれど、青空に吸い込まれていくような爽快なルート。 初登:たくろー 設定:角屋

 

シーズン最後の晩秋の1日でした。@瑞牆

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ルート開拓 | トップ | 浅間山外輪 牙山~剣ヶ峰 ... »
最近の画像もっと見る

フリークライミング」カテゴリの最新記事