Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

アウトバックで実家に行ってきた。

2017-07-07 01:03:15 | SUBARU AUTOBACK

先日、納車されて3日目。実家の長野に帰省してきました。往復450kmくらいですが初めての高速道路、そして半自動運転を試せました。この機能はとても疲労軽減に貢献します。

しかし今回は基本性能についてだけコメントします。

まず、トルクとパワーには不満なし。アクセルを踏んだだけ加速してくれます。これは発進の時も再加速の時も必要十分。

ハンドリングもXVと同じ感覚で操作できる。ハンドルを切った分だけ素直に曲がってくれる感覚だ。ⅩⅤよりも大きくなって重くなっても、同じ感覚で運転できるというのはスバルならでは。オンザレール感覚。

そして静粛性はXVにくらべて格段に高い。XVでは一般道から高速道路に入ると、音量を上げないとオーディオを楽しめなかったが、アウトバックなら同じ音量で楽しめる。

何よりも乗り心地がいい。高速道路の継ぎ目など軽くいなしてくれる感覚だし、音が静かなのは乗り心地にも影響している。シートもよくなっている感じがした。XVの時よりも私の体にはフィットしていて疲れがない。

帰りは大渋滞にはまったが、それでも燃費は13km/l以上だからXVに対して遜色はない。

最後にちょっと不満点。収納スペースが少なくて、いつも車内に備えておくべきものが収まらない。サングラスも、収納スペースがあるのですが、顔にフィットする湾曲したフレームの物はそのスペースに収まらない。残念です。

あと、他社の同じクラスの車にくらべると、インテリアはもう少し頑張ってほしいとも感じます。静粛性のいい車なので、基本はいいのです。特に樹脂を使ってある部分についての質感は高めてほしい。アウトバックは質実剛健でありながら、ますますエレガントな方向を目指してほしいと思うのです。

ジャンル:
運転・道路
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 納車 | トップ | アウトバックのクルーズコン... »
最近の画像もっと見る

SUBARU AUTOBACK」カテゴリの最新記事