takapyonaの美味的生活

美味しいもののためならエンヤコラ。
食材求めて自転車こいでる瞬間にシアワセを感じる私のブログへようこそ。

リベルタ市場で朝ごはん 《 グアダラハラ in メキシコ 》

2007年02月06日 | メキシコのレストラン・ホテル

にほんブログ村 旅行ブログへ  人気blogランキングへ


メキシコで宿泊したホテルは、朝食が付いていないことが多かったため、今回は外で朝食を食べることがほとんどでした。

グアダラハラ(Guadalajara)に到着した次の日(2007/2/6)は、リベルタ市場(Mercado Libertad)で朝食を食べました。

リベルタ市場の1階は生鮮食品や民芸品を売っているお店が多く、2階はカウンター式の安食堂がずらりと並んでいます。東南アジアのちょっと小汚いフードセンターによく似た雰囲気でした。

ひとしきり見て周って、一番混んでいた『FONDA DON JOSE』というお店に決めました。

店先では大鍋でスープや野菜が煮込まれていました。

お店にスペイン語のメニューが貼ってあったので、「地球の歩き方」のメニュー欄を参照し、Pollo(=鶏)、Huevos(=卵)ということだけが分かった、『Caido de Pollo』と『Huevos al Gusto』を選びました。

運ばれてきたのはこちらです。

●Caido de Pollo(チキンスープ):20peso(≒228円、1peso≒11.42円)と
  コカコーラ:7peso(≒80円、1peso≒11.42円)

 

チキンブイヨンで煮込まれた鶏肉のスープに、米と鶏肉、ズッキーニが入っていました。ライムと玉ねぎのみじん切りが置いてあったので、それを入れて食べましたが、全体的に味は薄めでした。横にあるのはトルティージャです。

●Huevos al Gusto:14peso(≒160円、1peso≒11.42円)

スクランブルエッグと、フリホーレス(豆の煮込み)です。フリホーレスは、メキシコのレストランで付け合せとしてしょっちゅう出てきました。塩味が効いているので、味の淡白なものとよくあいます。
スクランブルエッグを食べている途中、何度も小粒でガリッとした食感のものにいきあたりました。塩味です。これは一体なんだろか・・・?
コピーしていった資料に「メキシコのゲテモノ系の食べ物」が載っていたのですが、そこにあった「蟻の卵(小さな白い粒々でナッツをバター炒めしたような味わい)」を思い出してしまいました。
ひえぇ、もしやこれは蟻の卵入りのスクランブルエッグではなかろうか。
一旦そう思ってしまうと、根性の無い私はこれ以上食べることが出来なくなり、TH(夫)に食べてもらうことにしました。
TH(夫)は一口食べると「なんだ、岩塩じゃん。」と難なく謎を解明してくれました。なんだ岩塩か。分かってしまうとあっけないものでしたが、なかなかびびった体験でした。
それにしても、小粒の岩塩がスクランブルエッグの中のそこいら中に入っているので、とても塩辛いスクランブルエッグでした。

このお店は隣同士に3店舗お店が並んでいて、どこもほぼ満席でした。他のお店はお客がまばらな所が多かったのに、ここだけ混んでいるのは不思議でした。

朝食を食べた後は、市場を散策しました。

これはフルーツ&フルーツジュース屋さんです。

さすがにメキシコは唐辛子の種類が豊富です。

電化製品を売ってるお店やら、

民芸品のお店なんかも色々ありました。





市場を見るのは楽しくて好きなのですが、ここはあまりに広すぎて一軒ずつ見て周るとかなり時間がかかりそうだったので、さらっと見終えて終えました。



ブログのランキングに参加しています。1日1クリックしていって頂けると嬉しいです。
ありがとうございます☆

↓        ↓

にほんブログ村 旅行ブログへ  人気blogランキングへ


ガイドブック B19 メキシコ

ダイヤモンド社

このアイテムの詳細を見る
Amazon.com(↑)からのご注文の場合、1,500円以上の注文で国内配送料無料になります

コメント   この記事についてブログを書く
« コンチネンタル航空でメキシ... | トップ | トラケパケのおすすめレスト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事