わんわんらっぱー

DIYやオーディオから社会問題までいろいろ書きます。

なぜ、安倍政権はオウム死刑囚13人の死刑執行を急ぐのか?

2018-03-14 20:07:39 | 政治
島津論文の衝撃
 元ジャパンタイムズ編集長の島津洋一というジャーナリストが書いた「島津論文」というものがあり、ネットではかねてから流布されていた。
 3度の飯より陰謀論が大好きな私でさえも、初見においてはあまりに荒唐無稽と考えられ、Staxnetに関する記述については、まったく信用出来ないと、切って捨てた。
 しかし、エドワード・スノーデンの告発によりマルウェアが日本のインフラに仕込んであることが判明した。ただ、私は福島第一原発の事故はマルウェアが稼働したかどうかというよりも、1号機の主蒸気配管の破断及び交流電源喪失及び津波による受電設備の冠水が主要因と考えている。

 今、重要なのは安倍とオウムに関する記述である。抜粋要約すると以下の通りである。
『安倍晋太郎はロシアー日本カレッジを後援しているが、
オウム真理教(外国諜報機関のフロント)に運営され、崩壊したロシアから軍事科学者を雇っていた。

安倍には、難解なテクノロジーに対する広い知識がある。
安倍は神戸製鋼勤務経験あり、天体物理学者の村井秀夫も神戸製鋼の出身。
村井には後にオウム真理教の主任科学者になったが、オウム真理教は安倍の父・晋太郎によって始められたプログラムの下、ソビエトの武器技術者を雇い入れた。

安倍は政府の活動を始めると、JETROの米国支所に配属された。
そのニューヨーク事務所は、ペンタゴンと主な防衛システム開発請負業者の先進技術を盗み出すための、データベースを解読するコンピューターのホストをつとめた。

そのハッカーチームは東京大学の最高のゲーマーにより率いられ、彼らはオウムにリクルートされた。

1995年の東京地下鉄サリン事件の後、アベ晋三はPRキャンペーンを展開し、父親の創った怪物カルトからは自ら距離を置いた。

それから12年後にはアベはキャンプデービッドにいた。ブッシュとの会談に成功したあと、新冷戦をチェイニー提案し、インドにとび、』

 安倍晋太郎がオウムを作ったと書いてある。

故・石井紘基氏は
【『「オウムは統一教会をラジカルにしたもの」
「オウムが行く前に統一教会が、ロシアに進出していました。
 ところが、そういう連中が、
 どうも何時の間にかオウム信者とすりかわってしまった。」
『オウム事件は終わらない』―カルト宗教と日本社会: オウム問題を考える議員の会】
と述べている。

【岸信介の肩に乗って日本に着床した<統一教会>が この外来種のたんぽぽの綿帽子の種の一つならば、<オウム真理教>は、安倍晋太郎がロシアへ 吹いて飛ばして育てた和種たんぽぽの種の一つ】
とも言われている。
https://ameblo.jp/et-eo/entry-11998475136.html

 今、なぜ、安倍政権がオウム死刑囚13人を一挙に死刑執行するのか、その動機は安倍・岸一族とオウム真理教団との深い関わりにあるのではないかと考えるに足る傍証を島津論文が与えてくれている。
オウムという悪夢―同世代が語る「オウム真理教」論・決定版! (別冊宝島―90年代の宗教を考える (229))
宝島社

島津論文(福島原発事故の原因)_Secret US-Israeli Nuke Transfers Led To Fukushima Blasts






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 昭恵夫人付き秘書官による財... | トップ | アベ横槍人事で就任した西川... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事