たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

「思いをもつ」大切さ

2022-05-13 21:09:04 | 日記

5月13日(金)、朝会社に出勤後、市内某社が建設した厚生施設を見学。遊び心を織り交ぜた素晴らしい施設に感嘆。企業活動の素晴らしさを見たように思います。

その後会社にて年2回の定年式典のお手伝い。私が勤める(株)カネカでは5月15日と11月15日を定年の日と定めており、60歳を迎えた方が、その後に迎えるこの節目の日を定年の日としています。毎回思うのが、これまでお勤めされた事への敬意と感謝。「本当にお疲れ様でした」との思いです。

その後、議会に出向き、夕刻に地元米田西小学校を訪問し、この4月に着任された新校長先生に現在私が代表で取り組んでいる「緑で笑顔をつくる会」の取り組みと今後の予定について説明。理解と共感を得ることができました。

そんな中、本日現場を確認し予想通りとは言うものの雑草が増えてきていました(⬇️)

近日中にボランティアを招集して雑草取りを行い、秋の運動会の時にはこのエリアに来場者がゴザを敷いて昼ごはんを食べる姿を見たいと思います。

本日の1日、某社の厚生施設、定年式典、小学校の緑化、これらに共通するのは、人の思いが形になっていると言う事。

厚生施設の建設や緑化活動にははっきりと「思い」が見えるのですが、定年式典というものも、定年の方々は皆さん、様々な思いを抱きながら「勤め上げる」との思いを実現されたのだと思います。

今日の1日を振り返り「思いを持つ」事の大切さを再認識しました。より良い人生を生き切る為にも「思い」や「夢」をしっかりと持ちたいものですね。

では皆さま、良い週末を!(with smile)

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 安全で安心な社会実現の為に | トップ | 高砂にスタバ! »
最新の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事