たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

議長役(初体験)に思う

2021-09-13 22:13:47 | 日記

 9月13日(月)、午前9時半から市議会にて資料確認。その後10時から本会議が開催され本日と明日は一般質問。

 一般質問では、議長席に副議長が座る(慣例?)事になっており、議員になって初めて議長席に着席し、議事を進めました。

 と言っても通常の予算質疑に比べれば、複雑さやイレギュラーな対応はかなり少なく、それなりのプレッシャーはあったものの、何とか務める事ができたと思います。

本日の一般質問実施者は8人。その発言項目は先日当ブログでご紹介した通りですが、通学路対策、入札制度、空き家対策、小学校の教科担任制、福祉計画、市民の申請書類の在り方、水利組合関連、防災と福祉等など、本当に多岐にわたっています。

現在高砂市議会はこの様な議会状況を生中継していますので、事情の許す方は是非一度ご覧ください。明日も一般質問が午前10時から6名(1人40分)実施する事になっています。

初体験の議長席の1日を終え、帰路についた時に後ろを振り返り見たのが、完成間近の高砂市役所新庁舎(⬇️)。こちらは本年11月完成の予定です。

議長席での一般質問“仕切り“という初体験を前に、本を読んでいてもその事がよぎり、週末は何となく落ち着かなかったのですが、1日を終え、ホッとしています。

他の人が務めている時は何とも思っていなかった“席“(役割)も「自分の事」となると一気に気持ちが変わってきますね。

あらゆる疑問、課題を自分の事として捉える事の大切さも感じた本日でした。

日々、目の前の事に誠意を持って明るくいきましょう(with smile)

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 緩やかなつながりに宿る幸せ | トップ | 現在の2回目接種率(約53%) »
最新の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事