たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

贈る言葉『事実は一つ、解釈は無限』

2020-03-18 06:17:01 | 考え方

3月17日(火)、朝会社に出勤後、早々に外出。その時に見かけたのが(↓)。

昨日、高砂市では中学校の卒業式が行われました。上は高砂市立高砂中学校の昨日の正門前です。

例年なら在校生や多数の来賓が臨席し送り出す卒業式も今年は新型コロナウイルスの影響で卒業生以外は限られた人々だけが同席する形で行われたと聞いています。

私など市議会議員は、例年この時期に次年度予算を審議する3月定例議会を開催しており、卒業式には出席させて頂いた事はない中、今年は3月定例議会が市長選挙がらみで早く終わった為、参加可能となっていましたが、それも控えました。

卒業生には寂しいセレモニーになってしまったかも知れませんが、ここである言葉を贈りたいと思います。

『事実は一つ、解釈は無限』

この意味は、目の前に起こっている事実(卒業式が昨日の様な形で行われた事等)は一つですが、その事実をどう解釈するかは無限にあり、その解釈を自分にとって良い方向にしようという事です。

簡単に言えばポジティブに捉える(「こういった卒業式だからこそ、普通の生活が有難い、日常の生活を当たり前と思わず感謝しよう」等)。

これから益々広い世界で生きる事になる若人達には、様々な事が起こると思います。そんな時、人生で起こる事をポジティブに受け止めて、人生を前向きに歩んでいって欲しいと思います。との思いを込めています。

では、今日も”明るく元気にポジティブに!”(with smile)

 

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 国の対策(第2弾) | トップ | 今この時代に必要な政治のリ... »
最新の画像もっと見る

考え方」カテゴリの最新記事