たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

"爽快に疲れた”3日間と継続の懸念

2019-08-12 06:38:53 | 日記

 8月10日(土)に、この夏のビッグイベントであった地元子ども会主催の盆踊り大会が終わりました。事故や怪我人が無く終える事が出来た事に安堵しています。

この盆踊り大会、私達の地元(島町内会)では、現在も子ども会が主催しており、数か月前から準備を始め、前日、当日は朝から晩までかかりっきりになりました。

下は当日(8月10日)午前8時頃の会場(総合運動公園自由広場)の様子。櫓(やぐら)を組み立て中の様子です。

そして間もなく”開宴”(↓)。

 午後6時、スタート!

「この瞬間の為に!」と思える程に、子ども達が集い、笑顔で踊っていり姿を見て、一瞬じんわりと込み上げてくるものがありました。

翌日(8月11日)も朝8時~片づけをスタートさせ、何とかほぼ全てが終了したのが午後1時過ぎ。

私は一兵隊として動いたのですが、それでも自宅に帰れば「寝たい!」と思うほどに”爽快に疲れた3日間”でした。

このイベント全体を通じ、子を思う親の気持ちの熱さ、地域にいる隠れた人材の豊富さ、行事を通じて出来上がる地域コミュニティ―(人間関係)のプロセス等を改めて実感しました。

この行事を通じ、地域では多くの人が知り合いになり、この地域への愛着を深め住み心地が良くなったのではないかとは思うのですが、共働き、核家族化の現代社会で「ボランティアでこの様なイベントの世話をする仕組み」がいつまで継続できるのか、懸念事項でもあります。必要と思うだけに、余計に懸念してしまいます。

本日(8月12日)より16日まで当ブログも夏休みにさせて頂きます。17日以降、再開させて頂きますので、引き続きよろしくお願い致します。

では良い週をお過ごしください!(with smile)

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事についてブログを書く
« 労組結成70周年記念式典へ | トップ | 時速300kmのバイクに感動! »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事