たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

転入が多い層がある!

2019-06-10 22:15:21 | 地方創生

 6月10日(月)、朝起きると雨。その後は少し晴れの気配も見受けられましたが、雨予想もあり駅での会報配布は延期。

朝、会社に出勤後早々に移動し、午前9時からは議会(議員控室)にて議案の勉強会。

本日は下記の日程で勉強をさせて頂きました。

先ずは企画総務部。こちらでは『行政経営プラン』に関する内容についてご説明を受け勉強をさせて頂きましたが、このプランの最大の目標は高砂市の人口流出超過者数を「0」にする事にあります。

他にも幾つもの具体的数値目標を掲げているので、これだけをターゲットにしている訳ではないのですが、やはり自治体として人口を一定の数で維持する事は非常に重要な事で、この事が最大のテーマとなっています。

しかし現実にはこの「0」とはかなり乖離しており、現実的には転出に中々歯止めがかかりません。

そんな中、「0歳~9歳のお子様をお持ちの方は転入の方が多い!」と言うデータがデータている事を知り驚きました!

ちょっと見づらいですが、その事の分かる表です(↓)。

何故9歳までのお子様がいる家庭が高砂に転入してきているのか?実感とずれがあるだけに理由等を正確に把握し、PRに努めたいと考えています。

本日は4部署の議案等の勉強会。他にも色々な事がありましたが、先ずは上の事を特記としてご報告させて頂きました。明日は下記の勉強会日程です。 

 明日、晴れていれば山電荒井駅にて会報を配布予定です。

さあ、明日も”明るく元気に積極的に”取り組んでいきましょう!(with smile)

 

この記事についてブログを書く
« 世話のできるS先輩に敬意と感... | トップ | いこいの村はりま(加西市)宿泊 »
最近の画像もっと見る

地方創生」カテゴリの最新記事