たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

現在の2回目接種率(約53%)

2021-09-14 21:19:57 | コロナ禍

 9月14日(火)、午前9時半から資料確認を行い、10時から本会議場にて一般質問が行われました。

 本日は6人の議員が一般質問。コロナ対策の事もありましたが、ふるさと納税や福祉政策、学校における児童の“香害“(トイレの消毒の臭い等にアレルギー反応を起こす)対策、竜山橋の改善など本日も項目は多岐に渡りました。

今回就任した副議長の役割の中での最大の仕事である(と思っている)一般質問時の議長役を何とか終え、ホッとしています。これからはこの経験を活かし、より広い視野で議会運営を俯瞰し、より良い議事運営に貢献したいと思います。

その後、全員協議会を行い新型コロナワクチン接種に関する現状、今後の予定などについて情報共有を行いました。

その時に示された資料の一部が(⬇️)。接種率を年齢別に示しているのですが、結論は下記の通り。

接種率=1回目:62.41%(兵庫県54.89%) 2回目:53.04%(同43.64%)

(高砂市の率は9月9日現在の接種可能人口(80,989人)に対する市民の摂取率)

兵庫県の自治体の摂取率は⬇️(隣町加古川市と高砂市にラインを引いています)

着実に接種率は上がってきています。油断をする訳にはいきませんが、希望を持って日々、やるべき事をやりながら明るく生活したいものですね(with smile)

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 議長役(初体験)に思う | トップ | キャッシュレス化推進を »
最新の画像もっと見る

コロナ禍」カテゴリの最新記事