たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

50年先までの財政見通しは立てれるはず

2013-05-16 22:34:27 | 政策

5月16日(木)、今日は夜にブログを更新しています。本日と明日の2日間、政務調査費を活用し議員研修会に参加、本日は以下2つのテーマで講演を聞いてきました。(日帰りの為、明日は7時前に家を出ます)

   

  ↑会場となった「ピアザ淡海(おうみ)」         ↑会場前の風光明媚な風景

   

   ↑ 国の公共投資金額(平成7年がピーク)

テーマ1:公共事業の拡大を考える(中山徹奈良女子大学大学院教授)

テーマ2:会派制度を廃止、全員が一丸議会へ前進(戸上健 三重・鳥羽市議会議員)

いずれも非常に関心を持って聞くことが出来ましたが、特にテーマ1では、従来から私が拘っている公共施設の老朽化問題に対する基礎自治体のあり方について、殆ど全く私の主張と同じであり、自信を深めました。

中山教授曰く、これからの人口減少社会において、

①従来同様の単なる景気浮揚策の為の公共投資は財政的にもたない。

②政府の正式見解としての人口動向は向こう50年先まではでている。また公共施設(ハコモノ)も寿命は50年位。財政的な視点も50年先まではある程度具体的に出せるはず。

③学校に空きスペースがいっぱいできてきている。これを有効に活用し、各地域毎のあるべき姿を作るべき。

④今後100年で日本の人口は、現在の1億2千万人から4千万人台になる。人口が突然に増えることはありえない。これを見据えた高齢者施策(高齢者宅の住宅改造に大胆な補助金を使う等)を実施し、明るい未来を造らなければならない。(決して人口減少=衰退ではない、とのこと)

等々、私が今回後援会会報(no.11)で記載させて頂いている内容とかなり類似したお話でした。

最後に、ある議員(研修参加者)より質問で「行政当局と有力議員に公共施設の老朽化問題や中長期的視点での財政運営に対する危機感が薄い。この危機感を高めるポイントは何か!?」とまさに私も聞きたかった疑問が質問として出た。

応えは「、、、、、う~ん。分からない。分かっている人が場面場面で言い続けるしかないのでは、、、」となってしまいました。

全てに答えがある訳ではありませんので、自分の信じることをよりはっきりと発信していきたいと思います。

それからテーマ2については、三重県鳥羽市議会では会派制度を廃止し、議員間討論も実施、行政当局に対する市民代表団体(議会)としてのまとまりを一つの力にすることで、当局に対し強い機能を果たそうとの意図で実施されているとのこと。

私も会派という仕組みには疑問をもっています。このことについては、別途紙面をとって書かせて頂きたいと思います。

まだまだ勉強だらけで知らないことだらけですが、ワクワクすることも多々あります。

明日も頑張って聞いてきます。

 


定年退職の方々に感謝

2013-05-16 07:42:16 | 日記

5月15日(水)通常通り出社。昨日は私が勤める会社の年2回の定年退職の日。私も退職者式典のお手伝いをさせて頂きました。

37名の方々、本当にお勤めお疲れ様でした。多くの方々が約42年前、故郷を離れ高砂の地を踏み、仕事をはじめ、家族をもち、家をもち、それぞれ一人一人の方々が歴史を刻んでこられました。

式典後の会食では、37名全ての方に、出身地順に南(鹿児島県)から思いで、今の思いを語って頂き、良い時間を過ごすことが出来ました。

42年間の間には公私にわたり上り坂、下り坂、そして”まさか”があったことと思いますが、こうやって無事式典に参加し、定年を迎えられる方々の姿を拝見していると、全てのことが肥やしとなって、一人一人の体に浸透し、顔に表れているのだろうな、と思いました。

42年前(=昭和46年頃)と言えば、昭和24年に創業した会社もまだまだ”若造”、この”若造”をそれなりの”大人”に育てて頂いたのが、一人一人の従業員であり、先輩の方々です。自分が食っていく為に精一杯働くことが社会の為になっており、会社を強くし、未来の雇用をも生み、人の為にもなっている。本当に仕事をすることは大切なことの様になっていると思います。

現在は雇用形態が変わり、多くの方が今後も会社勤めを継続されます。しかし、一旦はここで一区切り、仕事という人生の軸となる事業を完遂されたことに敬意と感謝を示したいと思います。本当にありがとうございました。

本日(16日)明日(17日)は滋賀県(於:滋賀県立県民交流センター ピアザ淡海)にて市町村議員研修会に参加してきます。研修では講演を聞くことになるのですが、テーマは以下の4つです。

①公共事業の拡大を考える(中山徹奈良女子大学大学院教授)

②会派制度を廃止、全員が一丸議会へ前進(戸上健 三重・鳥羽市議会議員)

③住民に議会が見える広報活動を(芳野政明 広報コンサルタント・社団法人埼玉県コミニュケーションセンター理事長)

④長浜・まちづくり役場の面白さ(山崎弘子NPO法人まちづくり役場事務局長)

さて、本日も元気でやっていきましょうwith smile.