雕刻時光 movie cafe

たかにゃんの気になる
アジアの映画&芸能
あれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

《黄金甲》 動画メイキング

2006-08-01 15:11:55 | 王妃の紋章 新聞
ぐりさんのブログ
教えてもらった動画のメイキングはコチラ

☆やはり發仔の北京語はやはり微妙~(苦笑)
 吹き替えになっちゃうかな?

コメント

《瘋狂的石頭》 アジアで争奪戦

2006-08-01 14:27:40 | 中国電影
中国のニン・ハオ(寧浩)監督の《瘋狂的石頭》は上映から既に1400万人民
元を稼ぎ出し、06年上半期における中国映画の最高興業成績をあげている。
《瘋》はアンディ・ラウ(劉徳華)が投資する<FFC:アジア新星流>の
1作品。アンディはこの快挙を喜び、香港公開のプロモーションで監督が
香港に訪れた際に祝賀パーティをしようと今から準備を進めている。

《瘋狂的石頭》は中国での大ヒットで注目され、現在アンディの会社には
アジア中の配給会社から問い合わせが続き、バイヤーは熾烈な争奪戦が繰
り広げている。アジア新星流で製作された作品は、ニン・ハオ監督だけで
なく、《靴に恋する人魚》が台湾金馬獎の最佳美術獎を獲得、《得飲茶》
や《太陽花》が海外の映画祭に参加など、それぞれの新人監督は成功を収め
ている。「アジア新星流」の第2弾の計画は?アンディは今回の6本全て
の第2弾を検討し、さらに新しい才能にもいい台本や企画があれば、来年
開始する第2弾に採用されるチャンスがあるとしている。(明報 2006/8/1)

☆”アジアで争奪戦”とはいえ、日本で<FFC:アジア新星流>の6本は
 IMXで持っている。と思っていたら、星島日報には”アジア”ではなく
 ”韓国”となっていた。《得飲茶》が参加したのはイタリアのウディネ
 映画祭、《太陽花》は今回のヴェネチア国際映画祭。
 またニン・ハオ監督の次回作は《紅色賽車》、投資額は二千万人民元。
コメント