麻績(おみ)村長ブログ ~ 麻績暮し万歳! ~ 美しい麻績村の風景や行事、公務などを、写真と共につづります。

皆様とのくつろいだ会話から、村政が身近になって欲しいと願っております。どうぞ、お気軽にご訪問下さい。

窪田孟恒展/信濃観月苑ギャラリー

2014-08-23 16:50:35 | 日々の公務
▲着物・帯・タピスリー・マフラー・額絵などが展示

『いつの頃からだろう。私の心の中に一人の少女が棲みついている。
 春、倉科の里が霞のような淡い杏の花に染め上げられるころになると、少女はふっと訪れて、風のような音楽を奏でていくのだ。
 イメージのなかの「少女」と「音楽」を杏の絵絣に織りこんでみたい。そう思ったら子どもの頃が恋しくなった。・・・』
   (「杏の花に誘われて」 窪田孟恒 著 より)

 窪田先生との親交はもう15年以上になるだろうか。もの静かで優しいお人柄、創作に対する情熱はもの凄い。
 そんな先生から戴く手紙は正に芸術作品、私の宝物になって保存されている。
 この絵手紙によく描かれているのが、髪を風になびかせ音楽を奏でる少女である。
 
 今年も信濃観月苑で『窪田孟恒の仕事 あんずの命を絣に織る』が開催されています。
 絵絣の型紙を作り、絵台に張られた種糸に絵刷りをし、図柄となる部分が染まらないように細かな括り作業をする。
 そして、杏の木を煮出して作られた染液で糸を染め、製織の段階を経て作品の完成となる。
 こうした気が遠くなるような長い時間を掛けられた作品には、髪を風になびかせている少女や小鳥、川魚、落ち葉の精が登場しています。
 着物・帯・タピスリー・マフラー・額絵など、展示作品を見るだけでも楽しく、窪田先生の絵絣の世界に引き込まれいきます。
 8月22日(金)から8月28日(木)まで開催中、皆様のご来苑をお待ちしております。

▼少女の絵柄の絵絣


▼窪田先生ご夫妻と研修生の永岡さん


▼先生から戴く手紙は芸術作品


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新成人を祝う/村成人式と2... | トップ | 麦茶づくり/おみっこ元気くらぶ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の公務」カテゴリの最新記事