大和から爆音をなくそう!国際交流の平和都市大和を!

日本共産党 たかく良美(大和市議)です。

暑くならないけど夏がきました。

2016年07月25日 10時24分03秒 | 日記
 この時期は「夏祭り準備」「子供会のキックベース練習」と忙しくなる。足腰の油がだいぶ切れ来ていて土日の朝8時から10時までの練習が結構きつい。西鶴間地区の夏祭りは慰霊塔公園自治会でスタートするが、駅に近いせいだろうか慰霊塔公園のまつには中高生がたくさん集まっているのに驚いた。介護施設サンホームのまつりでは久しぶりに前施設長の天野さんに会うことができた。今は座間市での施設運営に活躍しているとのこと、介護保険制度はどんどん制度が変わり経営者も大変である。ポケモンGOがスタートして、深夜でも街角、公園など数人でスマホを見ながら行動している人たちを見かける。懸念されている事故の危険を感じるが、モラルや安全より商売が優先されるのが今の社会なのか。東京都知事選でもマスコミは野党統一候補鳥越さんに攻撃を集中している。
コメント

夜中にオスプレイ飛来

2016年07月20日 19時00分25秒 | 日記
 早めに寝るかと床についたが、ヘリのような爆音がつづいた、ベランダ越しで判断できなかったが2機のオスプレイのような機体が基地に向かっていった。20日までの富士演習場の訓練が通告されていると思いつつ、メールを開くと相模原の元県議河野さんからのメールがあり、6基のオスプレイが21時過ぎに厚木基地に飛来したことが確認できた。16日に飛来したオスプレイ1機は1時間ほどで飛び立ち岩国基地に戻ったとのこと。今回も通告された富士での訓練はせずに岩国に戻っている。1機はまだ厚木基地に残っている。オスプレイは天候に左右されやすく操縦が難しいのか、諸島防衛と災害救援に活用できるというが、富士での訓練は悪天候を理由にたびたび中止されているのが実際だ。オートローション機能が無いなど構造的な欠陥が指摘され墜落事故が繰り返されているオスプレイを自衛隊が17基も購入する計画は改めることが必要
コメント

密告の推奨自民党が目指す社会は

2016年07月19日 13時05分37秒 | 日記
 自民党がホームページで「政治的中立を逸脱していないか」と学校での授業に監視の目を強め情報提供を求めている。こんどの参議院選挙から18歳選挙権が施行されたが、こんな監視が奨励されたら学校での授業を進める先生も委縮してしまうことになる。今回の参議院選挙ではテレビでの政策討論番組が大幅に減少した伝えられているが、「電波を止める」との高市総務大臣の発言からもマスコミの警戒心が働いたものと感じる。6月議会の「大和市の後援名義」への政治的中立性を求めた決議の背景にはこのような自民党の意思が働いている。監視される社会は誰もが望まないと思うが,国民は国に奉仕するのが当然として、国民より国家が優先すると、立憲主義も否定する日本会議が自民党を支配している。自民党の目指す社会は戦前のような日本に戻すことなのか。
コメント

憲法改正、自衛隊を海外の戦場に送るのかが問われる

2016年07月05日 09時02分48秒 | 日記
 安保関連法(戦争法)を強行した安倍首相は、憲法改正を参議員戦の争点にしたくなかったが、自衛隊を海外での戦闘地域に派遣するのか、「殺し、殺される」ことに道を開くのかが大きな争点になってきた。
 南スーダンなど海外に派遣されている北海道の自衛隊員の派遣された留守家族を支援する協定を自治体が結ぶとのことだが、綾瀬市、大和市でも情報提供などで海上自衛隊との協定をすすめるとのこと。市からの情報で協定書の表題は大規模災害時となっているが自衛隊員が海外で死亡することなども想定した取り組みが着々と進められていると感じる。「海外で戦争する国、自衛隊を戦闘地域にも派遣することを許すのかどうか」その選択も問われる選挙になっている
コメント