大和から爆音をなくそう!国際交流の平和都市大和を!

日本共産党 たかく良美(大和市議)です。

「多数派になる」柳沢協二元防衛官僚

2018年07月08日 11時02分59秒 | 日記

 元内閣官房副長官補の柳沢さんの講演会が保険福祉センターで行われ参加した。3年前に行われたの講演会は同時に行われた制服向上委員会の歌詞に「自民党批判がある」などで市の後援名義の事後取り消しが行われています。このことは、憲法順守の立場にある自治体の対応の在り方としてテレビなどで全国に伝えられています。

 憲法9条改正論議は、いよいよ国民投票に移されようとしている。おりしも米国と北朝鮮両トップによる平和協定、非核化などでの合意がされ、実施に向けた会談が進められている。北朝鮮の脅威を最大の理由に総選挙を行い、9条改憲を狙う安部首相も対話は無用とは言えなくなって、拉致問題の解決など擬態的に交渉をせざるを得なくなっている。

 柳沢さんは米朝の合意を歓迎し、国民の多くは海外に出ていく自衛隊では無く、災害対策や防衛の自衛隊を求めているのではないかとした。中国については、平和締結をした40年前の中国と現在の中国は大きく変わり、GDPは日本の3倍、防衛費も2倍、世界の大国になっている。尖閣問題で戦争をすることはできない。日本人は中国を感情的に認めたくない部分が多いのではないかと答えた。他の質問にも「武力で相手を抑えることではなく、外交交渉による平和」との立場と答えた。現実的な方と感じた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 十七回忌の元同僚Y | トップ | 熱中症に要注意 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事