大和から爆音をなくそう!国際交流の平和都市大和を!

日本共産党 たかく良美(大和市議)です。

やまとでも市民発電所を

2018年11月19日 20時52分29秒 | 日記

 農地に太陽光パネルを設置した発電と農作物の栽培を両立する市民発電所を大和市内でも取り組もうとする講演会が大和駅近くの「生長の家」会館であり参加した。講師は小田原市で市民発電所作りに取り組んでいる小山田大和さん、大和の農家のTさんと有志の方たち、講演の後に生長の家会館の屋根に設置されてソーラーパネルと電気自動車の充電器を視察させてもらいました。

 電気などエネルギーは食料と同じく地産地消が求められています。脱原発、北海道でのブラックアウトの経験からも大型ではなく、小分けで発電し、地元で消費することで経済の地域循環が出来ます。大和の生長の家会館では電気の90%まで自家発電でまかなっているとのことです。私も屋根に発電パネルを設置していますが使用量の50%程度です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 国政交渉防衛省、外務省に参加 | トップ | 赤旗ゆっくり読んで、なるほど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事