高の杜へ、ようこそ。

 高神社の自然観察と社務のお話を中心にお話をしてゆきます。が、時々お話が脱線するやもしれません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小学校の地域学習

2018年03月18日 | 日記
過日、小学校よりtelあり。3年生の地域学習で「昔から続いている行事を調べる」のに先生をしてほしいと。

去年は資料を渡してお茶を濁していたのだが、今年は「しゃべれ」と!
落研あがりだから、しゃべること自体は苦手ではない。しかし、小学校3年生にどこから何を、どう説明するんだ?

歴史習っていないぞ。しかし神社から歴史をとるわけにいかない?!

さて、どうしょう??
そこで、せっかくだからお宮に来てもらおう。
普段見慣れているけれど、突っ込んで観ていない「石造物」をよく見てもらおう。

なんせ神社名の表記も「高神社」「多賀神社」「大梵天王」の三種類がバラバラに彫られているし、狛犬や鳥居、灯籠など奉納されているもの、奉納者の名前にお爺ちゃんお婆ちゃんがいるかもしれない。他にも昭和28年の山城水害碑、日露戦争碑、大東亜戦争の碑などなど、見落としている石造物は数多くある。

境内の建物の名前も知って欲しいし、絵馬は「馬の絵」が書かれている訳じゃないのになんで「絵馬」って言うの?

他、御本殿の屋根修復事業の寄付者の名前とか、イロイロ境内の文字にツッコミを入れてもらって。

社務所で子供たちの質問(事前にもらいました:笑)に答えて、大梵天王の神額とか木製の狛犬とか、舞殿の棟札(写真)など観てもらいたいモノたくさん用意して。

帰路は裏参道から古墳を探してもらって、明治の廃仏毀釈で廃寺された毘沙門寺跡地を説明して……

あっ「高神社の歌」聴いてもらえなかった!
などなど、打ち合わせ+資料作成(歴史を習っていない小学生にわかりやすい年表)などに2日、そして当日1日。

計4日稼ぎを休んで奉仕させて頂きました。

子供の笑顔はプライスレスですから、まぁ良いとする。
コメント

映画「神様の轍」明日公開

2018年02月23日 | 日記

 
ウチの境内でも撮影が行われました映画「神様の轍」が明日から公開されます。

ワタシも撮影に二日ほど立ち会いました。
どさくさに紛れてすみくたに写らないかなぁと思っていたら、注意されて写れなかった。
くそぉ。



https://www.youtube.com/watch?v=5KHM7Ej3UOI

https://www.youtube.com/watch?v=LIr-0Q88MsE

https://www.youtube.com/watch?v=qdqPEo2pwkQ

https://www.youtube.com/watch?v=IlgJM4kDyaM

https://www.youtube.com/watch?v=pyXKZPgVyLk

https://www.youtube.com/watch?v=2jko6nSuyes&t=4s

明日はネイチャーゲームの日なのでワタシはお宮におります。
この映画を観るのにサイクルジャージ着て行こう。有志の方はそのあとロケ地ポタリングなんぞでウチの境内もこられるそうで…………

あまりお構いはできませんが、幾らか撤饌用意しておきます。
コメント

節分祭無事終了

2018年02月04日 | 日記
 節分祭、無事終了しました。

 これが有名神社なら事前にPRして氏子地域以外からも参拝客に来て頂くべきなんだろうけれど、田舎神社はちょいと訳あり。

 数年前、偶然ハイキングがてらに参拝に来られた方が十数名おられてね。

 そりゃ「どうぞ~」とあるモノ接待しますわね。

 内の場合は、笹酒、甘酒、豆など。

 運営側は参拝客には同様に接待します。

 しかし、それを快く思わない地元参拝客がおられたのです。

 所謂「フリーライダー」問題で、「よそ者はお金払ってないのに只で接待するのか?」と。

 つまり、氏子地域には総代が足を運んで護摩木を頒布しているわけで、その利益でもって接待するモノを用意している訳で、余所から来る人にもいくらかの負担を頼めということです。

 理屈はそれで良いかもしれない。しかし、氏子総代を含め、裏方全員が氏子地域の人の顔を全部覚えている訳ではない。特に今回は土曜日ということもあって、比較的若い人の顔もあった。
 その顔が、何処の顔なのかわかるわけがない。仮に氏子地域外の人でも孫子が遊びに来ているのかもしれないし、顔だけで線引きするなんぞとてもじゃないけれどできやしない。

 で、上記のような氏子地域の方からのクレームをなくすべく、ネットなどでのPRは控えた次第。

 でもね、田舎神社は年寄りは死んでいく、若者は出て行くで支えてくれる氏子人口が減ってゆくなら、外部からの参拝客を増加させる施策は必要。

 しかし宮司、総代、氏子さんの間で「匙加減と落としどころの温度差」が問題な訳です。

 まがいなりにも「自転車神社」と称して氏子地域からの参拝客の取り込みは軌道に乗った。
 地元の小学生中心にネイチャーゲームの会を開催して、公表も得ている。
 林間学校の先生までさせて頂けるようにもなった。

 次は、氏子地域内外の方々を上手に混ぜることを考えることにする。

 
コメント

正月風景

2018年01月15日 | 日記


と、言うわけで遅まきながら謹賀新年でございます。

今年のお正月は例年に比べて参拝に来られた方が、何となく少なく感じましたが実際はどうだったんだろう?

しかし、三ヶ日は天候にも恵まれまして、のどかなお正月ではありました。

当社では、大晦日から三ヶ日境内を中心に献灯を奉納しておりますが、夜の参拝がかなり減りました。

一言で言えば寒いからなんでしょうけどね。

いつもこの時期には同じことを言うのですが……三ヶ日は田舎の社寺に参拝して有名な社寺は一月中に参拝するのがよろしいと。田舎神社はお正月体制は基本大晦日〜三ヶ日と対応期間が短い。そして有名社寺のように混雑しない。ウチのお宮では羽子板、独楽、竹馬などを用意して遊んで帰ってもらっています。
ウチより境内が広いお宮でもなかなかこれはやっていない。
こっちに本家があって、お子さん宅が帰省して来られてお宮に来たら家族で遊べる物がある。しかも、最近の子供が遊ばないおもちゃだ。
結構たのしんで帰って頂けるし、三ヶ日に複数回参拝に来られたお宅も見かけました。
こういうのが有難い訳でしてね。

有名社寺の正月はこうはいかない。押しくら饅頭で参拝して行列作って休憩して……正月ぐらいのんびりしなきゃと思うのだけれどそれじゃあせわしないでしょう。有名な社寺は初詣の波が終わってからでも一月末まで初詣体制とってますから、そのほうがゆっくのんびり参拝できます。
嘘だと思うなら来年試してみてください。

と、いきなり鬼に笑われるような話を書いてみた。

本年もよろしくお願い致します。
コメント

大絵馬「多賀笑栄」

2017年12月24日 | 日記


 自転車仲間のりきゅーさんに大絵馬の奉納をお願いするようになって、6年目。

 平成30年の大絵馬は「多賀笑栄」としました。

 大絵馬も当初は神道の教化育成を念頭においての創作四字熟語を作って奉納して頂いていたのですが、今ひとつウケが悪い(笑)

 なので、三年前から地名の「多賀」を「賀」=喜び事が「多」=多いとして、「多賀」の文字は固定して
 ウチの地名はめでたい地名でしょ!
 やっぱり町おこし、まちづくりは地元を讃えることからでしょう。地元の良いところを再発見しましょう!
 との思いを込めて、そして後半は祝詞用語で、褒め称える意味の二文字を用意しましょう。と、言うことで、
 今年は「笑栄」で「えみさかゆ」と読みます。

 喜び事が多く、笑って栄える。

 来年はこうありたいですね。

 この絵馬は年末29日から約一年間、舞殿に飾ります。

 
コメント

ハート感字の絵馬準備中です。

2017年12月17日 | 日記


 当社は自転車の交通安全祈願を行ってから「自転車神社」の異名があります。数年前から自転車友達の芸術家リキューさんにお願いして大絵馬の奉納と、手書き絵馬の制作を依頼しています。

大絵馬の話は次回のネタにしまして、今回は手書き絵馬のお話。

 当初は通常の五角形の文字にハート感字をあしらって頂いていましたが、三年前からハート型の絵馬にハート感字を描いて頂いております。一枚ずつ封入して授与いたしますので、何という感字が当たるのかは引いてのお楽しみ。縁起の良い漢字を選んでおりますので「おみくじ」の感覚もあります。

当初は「何それ?」感が満載でかなり在庫も出たのですが、今年は50枚用意して元日の2日には在庫がなくなりました(笑)。

一枚ずつ手書きということもありまして、数量は限定。来年は80枚用意して頂く予定です。

授与期間は大晦日から三が日(在庫なくなり次第終了)間です。

写真は昨年のもの。

こうして、徐々に正月体制が整ってゆくのです。



コメント

御朱印を用意しようと思った件

2017年12月08日 | 日記
御朱印を授与頂くことが、密かなブームになったのか?

ウチのお宮でも5年程前から問い合わせがありまして、重たい腰をあげて、ンじゃあ用意してみるか? と、相成りました。

で、お隣町で以前お願いした文具店は却下。ここは以前、判子をお願いして見積7千円と聞いて作ったら1万4千円とられた経緯がある。
外注さんに出すのはわかっていたし,頼んだもの引き取らないのも何だし、見積書まで用意してもらわず口頭のみで、証拠もないので、
ちょいと憤りながらモノを預かった。

で、ネットで検索して見つけたのが大宮七条のはんこ屋さん。
ここなら、いざという時に稼ぎ業の流れで訪問できそうだし、京都駅からも徒歩圏。
結局、稼ぎを休んで三回脚を運んで駄目だしした。

1回目:A5サイズにラフデザインを用意して、受付で店番していた年配のお姉さんに、見積依頼。

 翌日、2万2千円の見積が届くが、お宮の名前を大間違いで連呼されてうんざりする。←カチンその一


 事例としてよくあるのは「河野」と書いて「こうの」もしくは「かわの」だろ?
 そういう「読み」の確認しないのか?

 蛇足だが、現在社務所の電話はワタシの携帯に転送されている。ちょいちょいセールス電話を受けるが、読めないのか? 
 「はい」としか返事しないワタシ(ワタシ個人に用事なのか、お宮に用事なのかは受けた時点ではわからないから、どちらかを名乗って「間違えました」ではご祈祷を取りこぼすかもしれないので、そうしている)
 で、ここから神社名も確認せずにマシンガントークしてくる業者には、「どちらにお電話おかけですか?」と訪ねると何故か9割は間違える。
 間違えた神社名を言われると「そちらのお宮とよく間違えられるんです~ お間違えのようなので、改めてください」で、着信拒否設定。

 わからなきゃ尋ねたらいいんだよ「~と、お読みしてよろしいのでしょうか?」と。単純な漢字でも違う読みをするなんぞ、この業界は当たり前。
 尋ねることは恥じゃない。わからないのにそのままマシンガントークで話をつなげてたたみ掛けようなんてする業者は相手にしない。

 ほんの半年ほどだが、ワタシもテレアポ営業経験してる。某社じゃあ入社してほぼすぐに完璧なテレアポトークを作って、偉い人から「かしこいかしこい」って言われて頭なででもろた事もあります。
 元落研のトーク力を舐めるな。

 閑話休題



2回目:仕事の進め方に関して話を尋ねに行ったら、上記のお姉さん。
 どうやら、仕事の進め方が理解できていないらしい。 ←カチンその二

 前回の見積にはデザイン代が入っていないので、デザインからお願いしようと思ったんだが、どうやら自社でデザインする前提はないらしい。

3回目:他社にお願いしたデザインデータを持参する。お姉さんには、データと出力紙を出して、連絡するようにお願いする。サイズはA6程度の朱印帳原寸。
 
 営業?さんから再見積したい旨あり。サイズ変わっているからそれは有り。
 再見積届く サイズが小さくなっているにのに1万円高くなっている。
 ワタシ元は印刷屋なので、今日日手作業で判子彫らないだろ? 普通面積狭まったらその分、気持ち安くなるハズなんだが……←カチンその三 
 しかし、これは事情を説明してもら…………
 ありゃ? 見積書の計算枠の中に消費税が記入されているけれど、その外枠に「消費税は別途徴収させて……」なんて書かれている。←カチン四


 これじゃ頼りにならない。
 お値段以前のお話。
 「うっかりしてました~」は良いけれど、そんなうっかり仕事でビル建つのか?
 うっかり八兵衛もそんなうっかりはしないと思うぞ。

 はんこ屋さん。とは、そんな甘い仕事なのか?
 そんな訳ねぇだろ?

 電話で「御社は消費税を二重取りしゃはるんですか?」と諫めて、データー引き上げてデザイン作ってくれた会社に事情説明して、そこから外注してもらうことにしました。

 この「カチン」が一つ二つなら我慢もしたけれど、四つも出てきたらお願いできないわ。


 見積はまた変わるだろうけど、いくら何でも消費税の二重取りはされないしね。
 ワタシの時給が仮に千円として、この会社には片道約一時間かけて電車で移動したのよね。100円P使っても同じぐらいの金になるだろうし、普段運転仕事だから、休日はなるべく運転したくないというのもあるし、帰路に一杯外呑みしたいといふ思いもある。(王将だが)電車賃片道500円だから、一回の訪問に3千円×3回=9千円の見えない損失を出してしまった。

 


 と、言うわけで、年内になんとか御朱印用意します。
 ウチは字が書ける人がいないので「全部判子です」ので、その点よろしくお願いいたします。


 

 
コメント

昨日のネイチャーゲーム

2017年12月03日 | 日記


昨日は年に4回開催しているネイチャーゲームの会。

1)ノーズからモス・バット
2)葉っぱ買おうか
3)葉っぱ窓
4)お正月の遊び


写真は葉っぱ窓。

って…………神社でクリスマスのイメージとは…………

まぁええか…………
コメント

境内のかえで

2017年12月01日 | 日記



12月の声をきいて、山の色づきはこんな感じ。
昔は今時分には落ち葉は全部落ちて、なくなっていたし、もっと一気に色づいていた。

温暖化のせいか?

ここ数年は一枚の葉でも、グラデーションができる。

なんだかなぁ…………

コメント

一難去ってまた一難

2017年11月20日 | 日記
 台風21号で倒れた木はまだ他にもありました。

が、鎮守の杜の中なのでまだ不幸中の幸い。来年3月に伐採をする際にその当たりを整備する予定。

で、今回はそういう話では無くて…………

また別に水道管が破裂しておりました。

そのため、先日の七五三のご祈祷は水道使えず。
水器用の水他、祭器の洗浄にはコンビニで買った水。

トイレで水が使えない、手水の水は抜きっぱなし。

正月にはなんとかするけれど…………

はぁ。また余分に金が出て行く…………
コメント

表参道倒木撤去完了しました。

2017年11月07日 | 日記


地元の業者さんに依頼して、倒木の撤去無事終了しました。
気になるのはキャタピラが壊れたユンボが残ってること。
しかし、まぁこれで表参道から、参拝に上がって頂けます。
が、今朝新たに絵馬堂の裏に大きな倒木発見。

直ぐの問題は無いと思うけれど……

困ったもんだ。
コメント

表参道通行止

2017年10月31日 | 日記
台風21号が悪いのです。
こいつが吹き荒れた翌朝、仕事に出るまえに境内に上がって被害がないか確認したのです。基本は車移動ですから、裏参道を上がって「おぉ木の枝たくさん落ちてるね」程度で境内を確認。表参道は下から見て、上から見て大丈夫に思えてそのまま下山しょうとしたら、教育委員会の職員さんが裏参道を上がってきた。で、顔をあわせて開口一番「表参道えらいことなってますなぁ〜」と言われてピンとこない。カクカクジカジカで、表参道を見てみるとシイノキが倒れて表参道を塞いでいた。
周辺にある石燈籠の類を破壊しなかったのがせめてもの救いで……
即、筆頭総代に連絡、午後から集まれる総代が集まっ現場を確認。まぁ、人に当たらなかったとか、石燈籠に当たらなかったとかが不幸中の幸い。
これから七五三や新嘗祭、年末年始を控えるのに……困ったもんだ。しかし自然には勝てません。はい。


と、言うわけで。訳あってこれから目標、二週間に一回で改めてブログ更新して行きたい所存です。

まぁ、その改心した(笑)ごちゃごちやは、じわじわ書いてゆこうと思ひます。


と、いうわけで

めでたし
めでたし











全然めでたくないやん ❗️
コメント

放置プレイからの再開

2017年03月20日 | 日記
長いことブログ書けませんでした。
ネタはそれなりにあるけれど、多忙でね。
しかし、多忙を理由にサボっていられない状況になってきて、ここで頑張らないとって。

ホームページを再構築したいとも思ってね。

京都府が「お茶の京都」なんて言い出して、

ご当地「井手町」を舞台にした映画「神様の轍」が撮影されて今年の5~6月に府下先行上映なんだそうで……
ウチの境内もロケ地となったので、検索数が増えるかな?

なんせ、10年以上前から「自転車の交通安全祈願」をしていた神社で自転車の映画が撮影されたので、自転車乗りの検索数は増えるでしょう(多分)

監督さんは「自転車の交通安全祈願」を開催していることをご存じなかったそうで、これはそれこそ神様が呼ばはったんやろなぁ。
と、思う次第です。

しかし、映画撮影時から境内は少し変わったよ。

ご本殿の後方の鎮守の森を大胆に伐採、間伐いたしました。
個人的には鬱蒼とした森が好きなのですが、檜皮葺きの屋根を傷めるとあっては、背に腹は代えられません。
五年後をメドに葺き替えを考えて見積もりをとったところ約三千万円…………檜皮の相場は上がることはあっても、下がることはないので、
実際はもっと上がるでしょう。

しかし、台風等で枯れ木が屋根に倒れて…………となったら、三千万ではおぼつかない。
まさに、苦渋の選択です。

手持ちの資金じゃ当然、おぼつかないし、地元の企業の寄付を募っても怪しい数字。
グランドファンディングという手法も検討せにゃならん。

映画の公開記念イベントもなんか考えたいけれど……
裏方の人手と経費が問題。

ネイチャーゲームは今年で5年目に突入。
シェアリングネイチャーの事例報告として会報にレポートを掲載頂きました。
これもまだまだこれからしっかり勉強したいもの。
これは、地味だけれど確実に田舎神社の集客に使える。

そのためにもホームページぐらいは作って情報発信しないとね。
なもんで、ブログぐらいは再開しなきゃって、
なかなか回転しない頭をえいこらしょと、再起動させた次第。

このブログを将来ホームページにリンクします。




コメント

春のネイチャーゲーム

2014年05月12日 | 日記
気がつけば正月以前からブログ更新できてないや。
二足の草鞋の損な部分でね。
ネタはあるけれど書く暇がない。なかなか作れない状態が続いたのよ。

2月の節分、3月の総代選挙(前回の選挙のあり方があまり良いものではなかったので、総代選挙に関する申し合わせ事項と、神社規則の変更までした。当然、総代各位の思いやらお宮運営の在り方云々のすり合わせでもある。長期戦だとずるずるべったりしそうなので、短期決戦で打合せをしたのは正解だったとおもう。)

そして、過日のネイチャーゲームの開催に至る。

昨年から開催していたものですが、今年の第一弾。
今回の参加者は井手小生徒ばかりとその親御さん数名の計20名弱。

昨年は10名満たなかったのでほぼ倍増。これは嬉しい。
親御さんの参加も嬉しい。自宅で親子で楽しんでもらう機会もできるやもしれんし、なによりご両親の理解があって参加者も増えるってーもんです。

さて今回の内容。
まずはお隣の公園で
1:動物交差点。
・本人が内容が解らないように背中に「動物」のカードを付けます。
・二人一組になって、相手に背中を見せて質問します・
 「私は何を食べますか?」「私はどこに住んでいますか?」
 そして答え=ヒントを貰って自分は何なのかを当てるゲーム。

 これ、説明が悪かったのか? 低学年は理解できないのか? いきなり答えを言う子続出(苦笑)



2:カムフラージュ
は、表参道で一部エリアをロープで示す。その線から約1mあたりに人工の物(蛇や蛙のゴム人形、文房具etc)を並べてその数を当てるというもの。
なかなか正解が出ないのはいつものこと。数が足りない傾向が多いのですが3回させたら中には数を多く間違える子供もあり。というのも、今回はこのエリア内に本物のカタツムリがいたので、それを人工物と勘違いしてカウントしたりしていたのが、面白かった。


3:宝探し
・カードに書かれたもの「とげとげの物」「いいにおいがする物」「抜けがら」etcをグループで探すもの。
これは、普段見逃している自然の中で色んなものを探すことで「発見」を楽しむ事が出来て楽しい。
実際、このゲームで始めてウチの境内に「ケムリタケ?」という触ったら頭から胞子を煙のように噴き出すキノコを発見! ちょっと感動した。


4:ウラジロ飛ばし
これはネイチャーゲームのアクティビティにはありません。
要はウラジロを取って風に乗せて紙飛行機のように飛ばしてみる。
葉が大きくて左右対称なので、上手に風に乗せたらそこそこ飛びます

地元、多賀小の生徒が一人も来なかったのが残念でしたが、京都人が京都を観光しないのと同じなのかなぁ???

なんか考えないとなぁ。

次回は6月開催。
コメント

高神社のお正月

2013年12月31日 | 日記
坊主が二人で
和尚がツー




これは性格上、かならず言わないといけない。


ボチボチお宮にあがらにゃならん時間なのに、お宮のPRがさっぱりできていない。

困ったもんだ。

 当社は大晦日から三ケ日、社務所にて御神酒、撤饌(数に限りあり)を用意しております。



 そして三年前からはアーティストの利休さんによる「大絵馬」の奉納と手書き絵馬(一枚づつ手書きなので、数量限定)と自転車神社としての威信をかけて制作した「自転車交通安全宣言絵馬」

 が目玉授与品。利休さんの手書き絵馬は三種類。

 ハートアーティストということで、「ハート」大絵馬と同じ感字(漢字)「自心即神」そして一文字一枚縁起の良い漢字を描いて頂いた絵馬、これはお御籤感覚で封入したまま授与させて頂きます。

 1点1000円と絵馬としては高額ですが、絵馬の半分くらいに来年一年の抱負や目標を書いて部屋等に飾って頂いて、年末に抱負、目標がどうなったかを神様に報告すべく、当社絵馬堂へ奉納してもらいたい。
 つまり、来年一年、自分の志を忘れぬよう、生活に張りを持たせるものであります。

 一年で1000円だと安いでしょ。この絵馬は三箇日終了後、在庫があれば通販させていただきます。その場合は+300円です。


 では皆さまのお越しをお待ち致しております。
コメント