敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表、と言ってもたった一人。敏腕演劇プロデューサー目指し、観劇評や日々の生活で気になったことを綴ります。

オトカのまんなか

2017年11月10日 | 制作公演関連
京王線に乗り馴れない人間は
特急から各駅までの「種類」が
やたら多いのに難儀する。

一年に一度くらいの頻度・・・
去年のピタパタ公演で通って
以来なので、ほぼほぼ忘却。
読書やメール返信に当てるのが
僕の車内の日常なのだが、
放送に耳を傾けねばならない。
路線表が近くにない場合は
余計にハラハラしながらのライド。
そして
なんとか乗換駅で降りると、
乗ってはいけない電車の見送りと
通過電車が当たり前に三~四台。

速い電車を降りたら遅いのが
概ね目の前に停まっている
「小田急育ち」にはストレスだ。

まぁ京王は線路が少ないから
仕方がないのだけれど……。

通うのに悪戦苦闘しながらの、
せんがわ劇場でのピタパタvol.7
『オトカ』(作演出/今井一隆)



昨日の初日はお陰様で大入り。
一時はほんと惨憺たる売行で
京王乗車以上にナーバスだった。
けれど今は。
下北沢からノンストップで
新百合まで走る「快速急行」で
車窓からの見慣れた風景を眺める。
それくらいリラックスできている。

あ。
小田急も快速急行に多摩急行等
最近は少々解りにくくなってるか?

電車の運行はこれくらいにして。

そうそう、初日は風が強かった。
群馬を舞台にした芝居だけに、
からっ風を北関東から東京都下まで
神様が運んでくれたのだろうか……。

お稲荷を「オトカ」と読み、
悪さをするとオトカがさらいに来る
と子供を脅すくらい根付いている
作者の故郷の物語だけに、
神道筋が見守ってくれているはず。

で。一転、今日は最高の秋晴れ。
さて、早くも公演は半分終わり、
残すは土日の二回こっくり……
あ、間違えた(#^.^#)
二回こっきりになりました。

こっくり様こっくり様、芝居が
最後まで無事に、かつ盛況で
終わりますように……。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オトカのはじまり | トップ | オトカのおしまい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事